論理性に欠ける国会議員!
‘国会議員なんだから、もう少し論理的な発言を!’と思った人は大勢いるのではないかと思われる。

11月16日のニュースである。

田中美絵子議員

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4864.html
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5183825.html
民主、止まらぬ「離党ドミノ」
2012年11月16日17:27、TBSニュース

 解散の日の16日も民主党からの離党者が相次いでいます。離党届を持ってきた議員の前に女性議員が立ちはだかり、残ってほしいと、涙ながらに懇願する光景まで展開されました。

 民主党の離党ドミノは16日も止まりません。16日午前、初鹿明博議員が離党届を提出するため幹事長室へ。そこで待っていたのは・・・

 「民主党に初鹿さんは必要です」(田中美絵子 議員)
 「ありがとうございます」(初鹿明博 議員)

 「初鹿さんみたいに優秀な人はいません。民主党に残って頑張ってください」(田中美絵子 議員)
 「気持ちは分かるけど決めたので・・・」(初鹿明博 議員)

 田中美絵子議員の必死の説得もむなしく初鹿議員は離党届を提出。

 「突然、離党届を出したように思われるかもしれないが、私の中で1年以上前から次の選挙は民主党では戦わないと決めていた」(離党届を提出した初鹿明博 議員)



「初鹿さんみたいに優秀な人はいません。」というのなら、論理的に言えば「初鹿さん、私も一緒に連れてって!」というのが普通である。
このニュースを私は見ていて、「おや?この人‘アホ’と違うか?」と思ったのである。

「00さんみたいに優秀な人はいません」という事は、「00さんが一番優秀だ」ということと同じ意味を持つ。となれば、その「‘00さん’の判断が一番正しい 」という事になる。

それに彼女は‘反対している’のである。

この辺のところをよ~く考えてみたい。

① 「一番優秀だ」はベンチャラで‘騙し’である。

② 私の方が、初鹿、お前より優秀だから、私の言う事を聞け!

③ 口から出まかせのいい加減な発言で、極めて論理性に欠ける。

この3つ位の解釈が出来る。

いずれも可能性としてはあるが、まあ、③ というところでしょう。

よくもこんな人が国会議員になったもんだ。選挙民は何をしていたのだろうか? と、言う事になって、この人は選挙民を‘愚弄’したことになる。

当選したことは事実だから、その時はその時で‘調子のいいこと’を言って‘選挙人を騙した’に違いない。やはり‘詐欺集団・民主党’と言われるだけのことはある。

こんないい加減な議員は要らないから、衆議院議員の数は大幅に減らして貰いたい。半分以下でいいのだと思われる。
480の半分は240。これでも多過ぎる。

半分以下になれば、数百億円の歳出が減る!

‘正確なやり取り’を期すために、このニュースを探そうと思って‘WEB’検索をしてみて吃驚した!

何だか‘不穏な’記事が満載である。

1)不倫騒ぎ

2)選挙区の鞍替え

3)前歴

等々、これって、やはり‘非常識’な人のようで、国会議員は、‘年齢制限’だけがあるのみでその他の規制は無い。
‘自由だとか平等にだとか’叫ばれるが、国民の命と財産を守る議員である。

非常識な人はやはり困る! 議員になるための‘常識テスト’はやって欲しい、と思うのは我々国民の主張であってもおかしくは無い筈だ。

田中美絵子衆院議員  - Google 検索0001
田中美絵子衆院議員  - Google 検索0002

これは、‘Google’で検索した結果の‘第一ページ’のみである。

こんなにも馬鹿げた記事ばかりが‘勢揃い’している。

中には、「登頂禁止のピラミッドに侵入し拘束」「河村たかし衆議院議員秘書を経て、第45回衆議院議員総選挙に出馬し、比例代表当選。」( http://matome.naver.jp/odai/2133964389924365101
という記事まであって、吃驚するより‘呆れ返る’内容である。

色々物議を醸している‘河村たかし’さんも‘苦戦中’なのに・・・。

やはり、一国の首相であっても、国会議員であっても‘リコール’を容易に掛けれる仕組みがないと‘のさばられる’危険性は高い!

正に‘税金泥棒’の有力な候補である。

この‘風景’は‘ナニコレ、珍百景’に応募してもいいような内容だった。













スポンサーサイト
[2012/11/23 02:45] | 政治と社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<フルーツカッティングの世界と‘ドーパミン’ | ホーム | 厚顔無恥な!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/344-9932d267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2