吊るし柿、その後(1)
今朝方の弊ブログに認(したた)めた‘物くるる友、K.Tさん’からの贈り物、45個の‘渋柿’を昨夜中に全部皮を剥いて我が家の2階のベランダに吊るした。

画像ー64 022-2

吊るすのも素人だから、プロが吊るしたのとは違って‘バラバラ’である。数えてみると、チャ~ンと45個ある!

皮を剥くのに、二人で約1時間。時給1,000円/h・人とすると、これで‘コスト’は2,000円増しという事になる。

一個当たりに直すと

2,000円 ÷ 45個 ≒ 44円/個

となるから、やはり‘吊るし柿’となった場合、全部人出で加工工程を行なえば、250円/個 くらいの売値になってしまうのは当たり前だという事になってしまう。

デフレの世の中では、こんなに高くては誰も買わない。もしも‘吉永小百合’さんが、「自分の素手で剥いたんですよ!本当に!」と言ってくれれば、多分、一個3,000円~5,000円の値段は軽~く付くと思われるが・・・。

yoshinagasayiri.jpg
http://www.nikkansports.com/entertainment/ci
nema/f-et-tp1-20071211-294235.html


こちとらの田舎の年寄り夫婦が剥いたのが‘ばればれ’であるから、そんなことを宣伝文句には出来ない!

ここ千葉県・茂原市は気候温暖の地である。

実は、昨年もさる御仁から少~しだけ‘渋柿’を分けて貰って、同じように2階のベランダに吊るした経験がある。ところが、上述の通り、この地は温かい。またその時期が10月の中旬だったので、気温も下がらなかった。そのため、1週間後には‘青カビ’が発生して全部だめにしてしまった経験がある。

昨夜は、晩秋11月27日である。

画像ー64 020-3
昨夕、つまり2012年11月27日16:26の茂原市の夕月である。満月に近い。

これは、今から説明する‘吊るし柿’を吊るす‘紐’を購入しに行った帰り道、信号で停車した際に車の中から撮った月の風景である。このところの気温は、この写真にあるように雲ひとつない好天気に恵まれており、‘放射冷却’も手伝って真夜中の気温はぐんぐん下がりとうとう‘0℃’付近にまで下がってしまったようである。

毎回言及しているように、気象庁なり、気象専門家が言う‘気温’とは、地上1.5mの‘百葉箱の中の温度’であって、‘地表面の温度’とは、3、4℃高いと言われている。因みに、気温が4℃以下になると‘霜注意報’が出るのを御存知だろう。

そんな訳で、最初の写真は、昨夜2012年11月27日の23:15頃に吊るしたもので、一夜明けて、28日09:06の写真である。したがって、‘極寒の一夜’を通り過ごしたものである。

画像ー64 023-2

一夜分の‘渋’はもう抜けているような‘風体’である!

画像ー64 024-2

‘吊るす’には、工夫がいる。我が家の吊るし方は、100円ショップで購入した‘荷造り用の太い紐’の二本の基紐の‘絡み’を少し‘こじ開けて’その部分にへたの上の小枝の部分を‘挿入’する方法である。
次の写真の方が判り易いかも知れない。

画像ー64 026-2

こうすれば、‘落ちる’心配はないし、‘絡まる’心配もない。全体として、もう少~し‘等間隔’に挿入すれば見栄えも良かったのだが・・・。

それよりも心配なのは、<‘いつまで’45個、或いは30個が残っているか?>という問題である。

勿論、自宅で‘吊るし柿’を作ることの最大の喜びは、‘途中での味見’にある。

最高の味は、少~しだけ‘渋み’が残っていて、甘味が全体に広がったその時点での味である。この時点では、まだ十分に水分が残っていて‘ジューシー’なのである。

我が家では、その時点で‘熟成’を‘凍結’させる。その時点で‘冷凍庫’で凍らせるのである。

解凍は、自然解凍、これで全く‘ジューシー’な‘美味い吊るし柿’が堪能できるというもんだ!

さ~て、その時期は・・・??

(つづく)












スポンサーサイト
[2012/11/28 09:30] | 趣味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<心臓の位置と大きさ | ホーム | 徒然草第117段:物くるる友>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/351-daeb224e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2