新しい食材:新和風ぴざと般若そば
土曜日のTVの楽しみの一つは、お馴染み、日本テレビの「ぶ・ら・り、途中下車の旅」である。

昨日(2012年12月1日)の‘路線’は京成線である。

この番組では、その路線沿線の‘珍しい物’が次々と紹介されて行く。いつも利用して乗っている路線だって、駅毎に降りることは無い。駅毎に用事がある訳ではないからである。

今回も沢山の珍しものが紹介されたが、今度この京成線に乗ったらその駅へ降りて寄ってみようと思ったところを紹介しておきたい。

① 京成船橋駅 薪窯焼きぴざ屋 ぱお

http://www.ntv.co.jp/burari/contents/detail_2681651.html
新感覚!和風ぴざ

昨年12月にオープンしたこちらでは、ピザの生地からソースまですべて自家製。
豚の味噌生姜焼きぴざは、3日間寝かせた生地に、味噌ダレをたっぷりと塗り、
その上にゴボウ、たっぷりのネギをのせ味噌と生姜に漬け込んだ豚肉を加え焼きます。
その他にも、わさび醤油をソースにした和風ピザや、季節の食材を生かしたピザが頂けます。



豚の味噌生姜焼きぴざ

兎に角、普通の昼食や夕食(ディナー)にあるメニューから、売れ筋の物を‘ピザ’にしてしまえ!という発想であるが、かなり腕に覚えのある料理人が作れば、これは‘物’になる。

元来、ピザの職人は、‘豚の味噌生姜焼き’なんぞは作らない。そして、‘豚の味噌生姜焼き’の職人は、‘ピザ’は作らないものだ! それがどちらから歩み寄っても良い。

ここの場合は、豚の味噌生姜焼き職人が、ピザを作ったのだろう。和風だから、‘ピザ’を‘ぴざ’と平仮名に変えて・・・。

寿司職人が‘ピザ’を作れば、???

また、うどん職人が‘ピザ’を作れば、???

画像ー65 004-2
豚の生姜焼は、サラリーマンのお昼の定番である。これがピザで・・・。これはいける!
ハーフサイズで、700円。これも、丁度いいお値段!

画像ー65 011-2
開発者の井上さん。今後この番組で紹介された以上、大丈夫!

画像ー65 010-2
正に、これ‘和風ぴざ’!

画像ー65 005-2
汁が垂れないのもいいのかも・・・。

画像ー65 008-2
かとうかず子さんも、一寸驚かれている様子。

オリジナル和風ぴざ(ブリ)

画像ー65 015-2
今度は、炙りで・・・。‘ブリ’。これもいいかも・・。考えましたね!

画像ー65 014-2
レギュラ―サイズだから、二人で一つの注文で良いから、一人分600円。これならお安くて・・・。

オリジナル和風ぴざ(中トロ)

画像ー65 016-2
これも炙りで、中トロとは、

画像ー65 013-2
中トロが、レギュラーサイズで、1,500円は安いよ!多分これが一番の売れ筋かも?

試作品!(うなぎぴざ)

画像ー65 018-2
‘うなぎ’まで?!

画像ー65 019-2
ぴざの生地とうなぎ、合うかも?!

画像ー65 021-2
試作品? もうこれ大丈夫!と彼女も絶賛!

画像ー65 022-2
ところで、お幾ら?このところ、うなぎは高いんで・・・。


さ~て、お次は???

② 京成佐倉駅 房州屋 本店

http://www.ntv.co.jp/burari/contents/detail_2681653.html
日本酒をかける蕎麦!般若そば

歴史の街、佐倉に店を構えるこちらは、およそ80年続くお蕎麦屋さん。
こちらで頂ける般若そばは、3代目のご主人の代になって登場しました。
般若とは、お坊さんがこっそりお酒を飲む時の隠語として使われていたそうです。
蕎麦に辛口の日本酒をかけることで、蕎麦本来の甘みが増すそうです。



般若そば

画像ー65 024-2
般若は、上記の引用説明とおり、お酒の隠語。でも、これどうやって??

画像ー65 026-2
これが日本酒! 一寸多過ぎかな?

画像ー65 028-2
どうぞ、どうぞたっぷりと、と店主は勧めるが・・・。

画像ー65 025-2
じゃあ、その通りに・・。

画像ー65 029-2
掛けたら・・

画像ー65 030-2
混ぜるんです!

画像ー65 036-2
一口食べると・・・

画像ー65 033-2
いやいや、まろやかで美味しい!

画像ー65 034-2
これで、850円?お酒は、一合は無いにしても‘安い!’

画像ー65 031-2
いやいや、いける!

画像ー65 035-2
二日酔い醒ましにいいかも?

画像ー65 037-2
大満足の、般若そば!


いやはや、驚きました!

新ピザに般若そば。知恵を絞れば、新商品が産まれる!

また、新しい物見つけて来て下さ~い!

(つづく)













スポンサーサイト
[2012/12/02 00:22] | 食材 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<吊るし柿、その後(2):初霜 | ホーム | 弊ブログ2012年11月のランキングとアクセス数>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/354-05d816b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2