富士山・東京スカイツリー‘レイライン’の検証
富士山・東京スカイツリー‘レイライン’の検証

この検証に当たっては、‘WEB’でその方法を調査したところ、正に‘ドンピシャ’のブログを発見!
それが以下のブログである。鹿島神宮が、下津海岸北に変わっているだけである。

実に見事な‘作品’であるので、そのまま転載させて戴くことにした。原本は、URLをクリックのこと。

http://chizuz.com/map/map78187.html
ナビゲーション
距離188.315km

① 富士山

② 明治神宮

③ 皇居北の丸公園

④ 東京スカイツリー

⑤ 茨城県鹿嶋市下津海岸北側(鹿島神宮付近の海岸)





powered by 地図Z

http://chizuz.com/map/iframe/iframe_h.php?id=78187&w=475&h=475

http://chizuz.com/map/map78187.html
富士山と東京スカイツリーを結ぶ‘レイライン’です

富士山・山中湖畔・宮ケ瀬湖畔・横浜線矢部駅・小田急多摩線栗平駅・京王井の頭線新代田駅・小田急線東北沢駅・明治神宮・国立競技場・皇居北の丸公園・秋葉原駅・都営大江戸線蔵前駅・都営浅草線本所吾妻橋駅・東京スカイツリー・総武線小岩駅・京成線江戸川駅・武蔵野線市川大野駅・新京成線初富駅・成田線小林駅・鹿島線延方駅・鹿島神宮境内北端 の付近を通ります。




画面の‘航空写真’と‘縮尺’を操作して、スクロールすれば、‘レイライン’が何処を通過しているかが静止画で確認出来る。ついでにスクロールして‘自宅’の映像を見てみるのも一興。



冬至のレイラインの検証について

只今、計算中であるが、途中経過を言えば、富士山と東京スカイツリーが日没時に直線上に乗る‘レイライン’は、冬至の12月22日ではなく、11月13日(16:33)である。

<データ>

データについては、

日の出・日の入り、月の出・月の入り、時刻と方位の計算 
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10508/Srss2.html
のソフトに入力して、データとした。

2013年12月22日(冬至)の場合

2013010918020000-2.jpg

東京スカイツリーでの日没時刻は、16:29である。しかし、夕日は富士山を外れ‘愛鷹山’の方に沈んで、富士山との‘レイライン’を作らない。


2013年11月13日の場合

2013010914210000-2.jpg

東京スカイツリーでの日没時刻は、16:33である。富士山ときちんと‘レイライン’で結ばれてい
因みに、我が家と富士山が‘レイライン’で結ばれるのは、3月9日の日没時(17:38)である。

2013年03月09日の場合:

2013010915190000 (1)-2


(つづく)
スポンサーサイト
[2013/01/10 00:00] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘レイライン’の延長と疑問 | ホーム | お年玉の‘額’に異変あり!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/394-743d84fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2