‘アベノミクス’の滑り出し(その1)
‘アベノミクス’の滑り出しは、一見順調のように見える。

2013年08日の朝‘国会中継’をNHK/TVで一寸だけ拝見した。

画像ー88 020-2
2013年02月08日 09:31 (NHK・TV映像をデジカメで撮影。以下同様)

先ず安倍総理の顔が、これだけ多忙なのに‘やつれていない’ところがいい。これは、円安と株価高のお蔭だろう。ガソリン代は10円/L高値になったが、まあ、これ位は一般庶民は我慢出来る範囲内である。ただし、もうこれが限界かもしれない!何故なら、物価上昇率の目標値が2%であるのに、ガソリン代の上昇率は、この2,3日の時点で、

 (10円 ÷ 135円)×100 = 7.4%

の上昇率である。これは、円が、83円/$ → 93円/$ と 

 (10円 ÷ 83円)×100 = 12% の上昇に敏感に反応しているからである。

画像ー88 021-2
09:32 NHK・TV
維新の会の中田氏が、補正予算の‘膨大さ’について質問をする。

画像ー88 022-2
09:32 NHK・TV
麻生財務大臣が答える。「今回の大型補正予算は、あくまでも今回限りである」と。

今国会のやり取りには、民主党時代の国民無視の足の引っ張り合いや言い訳ばかりの国会ではない雰囲気が感じられて、‘アベノミクス’の出発はまずまずである。

それに直ぐに反応したのは、‘ローソン’の社長である。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130207-OYT1T01066.htm?from=ylist
ローソン、「働き盛り」社員の年収3%アップ

ローソンは7日、2013年度から賞与の計算の仕方を見直し、20代後半~40代の社員の年収を、平均3%(約15万円)引き上げると発表した。

デフレ経済からの脱却に向けて賃上げを求める安倍政権の企業への要望に応えた形だ。

引き上げ対象は、ローソンと主要子会社2社で、計5120人の社員の約65%が対象になる。年2回の賞与の支給額を算定する際、年齢や子供の人数に応じて上乗せする。中学生の子供が3人いる社員なら、年収が6%増える場合もあるという。

年間の支出が4億円程度増える見通しだが、ローソンは「消費拡大と少子化対策に貢献したい。会社としても、働き盛り世代の社員の意欲向上が期待できる」としている。

(2013年2月8日14時34分 読売新聞)


この反応は国民を‘ホッと’させた。なかなかのもんである。何故なら、ローソンがやるならきっとセブンイレブンもそれに続くに違いない!そして楽天だって恐らく近日中に、更に他の企業もうちもうちもという、一種の‘雪崩現象’を惹き起こすに違いないからである。

閣僚からも歓迎の声が上がっている。

http://www.asahi.com/politics/update/0208/TKY201302080056.html
ローソン賃上げ「いい傾向」 閣僚から歓迎の声

 ローソンが、大手企業の先陣をきって若手社員の賃金を増やす方針を打ち出したことについて、8日、閣僚から歓迎する声が相次いだ。

 麻生太郎副総理兼財務相は8日の閣議後会見で、ローソンの賃上げについて「1社でもこういった形が出てくるのはいい傾向」と評価。企業が利益を蓄える「内部留保」についてふれ、「たいして金利もつかない内部留保が、賃金、配当、設備投資に回らずにじーっとしている、という意味がよく分からない」と、企業が賃上げなどにお金を使うよう促した。

 甘利明・経済再生相は同日の会見で、所管する産業競争力会議の民間議員であるローソンの新浪剛史社長から「安倍内閣の要請を受けて、我が社から実施する」と連絡があったことを明らかにした。

 甘利氏は「大変ありがたいことだ。業績のあがった企業から、可能な範囲で還元措置を考えていただくことは、日本経済の先行きを明るくするとてもいい材料だ」と手放しで喜んだ。

 安倍政権の経済政策「アベノミクス」実現には、消費を盛り上げるため働き手の賃金の上昇が欠かせない。閣僚として賃上げムードを盛り上げたい思惑がにじむ。
(2013年2月8日18時27分 朝日新聞)



17時になったら、最新のニュースが入ってきた。テレビ朝日では次のようなニュースを流した。

<1> 笹子トンネル全面開通

画像ー88 023-2
2013年02月08日 17:02 (テレビ朝日の映像をデジカメで撮影。以下同様)
対面通行で仮復旧していたが、2月8日に全面開通となったという。これは、2月9日からの3連休に‘無理やり’合わせたのではないかと一部懸念が囁かれているという。

画像ー88 024-2
工事の内容は、画面の通りであるが、この費用がいくらだったのかも報道して欲しかった。何故なら、まだ点検・補修が必要かもしれない‘トンネル’が、6,000カ所以上もあると言うから、その2~30%に補修する必要があると仮定すると大体の総費用が計算出来るからである。

民主党は政権時代もその後も‘バラマキ’と称して公共事業の予算削減を党の基本方針としたが、他人任せの政党の本質が、このトンネル事故で明らかになった。相当の犠牲者が出たが、‘犠牲者’が出て初めて気付くのである。ただし、このトンネルの場合は、事前に気付いていたのかもしれないというから、それならそれできちんとした対策を打つべきだったのだろう。これも‘人災’である。

画像ー88 029-2
死亡された方々(一部)。この5人は、今流行りの‘シェア―ハウス’の人達だそうだ。

画像ー88 031-2
その内の一人が、この石川さん。

画像ー88 036-2
やはり‘自分の娘がこんな風になっていたら’と皆が思うべきでありこの感想には共感出来る。何とも切ない事故であった。

画像ー88 037-2
今更訴えてもという気にもなる人は多いが、‘憎しみ’ではなく、今後このような事故を未然に防ぐためにもこれは大事な善後策の一つである。

画像ー88 040-2
危険性認識か、の文字がやはり‘痛々しい’!

画像ー88 042-2
8日の午後4時ごろの画像だそうだが、もう待ちきれない車が沢山走っている。運転している人達は一体どう思っているのだろうか?

画像ー88 044-2
事故の前に補修が行われていたという事なのだろうか?

画像ー88 045-2
危険性を認識していたに違いないが、その補修が万全ではなかった?という事なのだろうか?

画像ー88 046-2
それだけの‘大仕事’をしておきながら、‘記録が無い’等と、よくも平気で言えるもんだ!民主党の政権時代の原発事故に関する会議に首相自らが出席している会議なのに‘会議の記録が無い’という報道には全国民が怒ったが、どうして日本の指導者たるべき人達にそんな認識しか無いのだろうか?

画像ー88 049-2
キャスターも解説者も‘風化させてはならない’と言っている。この話題は、安倍政権にとっては大きな柱の一つであり、この一連の‘事件’の処理如何では‘アベノミクス’の本質を揺るがすことにもなりかねない。是非このチャンスを逃さず雇用問題の解決策の一つにも取り上げ善処してもらいたい。

次の話題は、

<2> 円安の影響

画像ー88 053-2
2013年02月8日 画面に表示されている通り、円安が具体的なものとなって現れて来た。これぞ‘アベノミクス’の‘本丸’である。しかし、一つ間違えば、低所得者の反発を買う事にもなり、参議院議員選挙で大敗する要素を含んでいる。

画像ー88 057-2
もう2割もその影響がある。

画像ー88 059-2
海外から日本への旅行者が、もの凄い勢いで増えているのだから、日本の活性化に繋がる事業も沢山考えられるという訳なのであろう。

画像ー88 060-2
首相を‘大統領’と思っているのでだろう!

画像ー88 062-2
1,628円/18L から 1,803円/18L に値上がりしたのだから、10.7%の値上がりである。

画像ー88 064-2
きのこ栽培の業者さんである。なかなか難しいという。

画像ー88 065-2
100円ショップで、160円となっているから、‘ヒロシ’が言う「100円ショップで、これいくら?と聞いてしまいました!ヒロシです。」がギャグにならなくなってしまった。ヒロシ氏も困っているに違いない!こんなのを‘苦笑’という。‘ち苦笑’かも?

画像ー88 068-2
100円ショップの商品も様変わりするかもしれないが、これはそんなに庶民生活に衝撃を与える訳でもないだろう。その代わりの商品が直ぐに出て来る。100円ショップの商品とはそんなものだそうだ。何せ、100円ショップの商品のコストは、売値価格の約30%というから・・・。

画像ー88 069-2
無くなるのも一時のものだろう。

画像ー88 072-2
一方、牛牧場では・・・、

画像ー88 073-2
餌の大半が輸入品というから、コストが当然上がってしまうという。

画像ー88 074-2
この方の表情は、暗くない。色々の条件で、却って利益が上がる場合だってあり得ることを予測されておられるのだろう。

画像ー88 075-2
これは、円安の影響%そのままである。

画像ー88 077-2
海外向けの製品が多ければ、黒字に転換する。パナソニックだって、トヨタ、ホンダ、日産等々皆そうらしい。

画像ー88 078-2
タクシー業者さんには、反応が直に判ると言うが、どうやらそのようである。


<3> 中国の反応
中国は、政権交代を揺るぎがないものとして国内外に‘威力’を見せつけるために‘必死’の様子である。それを客観的に見られていることに気付かなければ、とんだ‘茶番劇’というものだ!

この項目は、明日のブログで・・・。

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/02/09 18:09] | 政治と社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘アベノミクス’の滑り出し(その2) | ホーム | 「ヒロシです」というタレント>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/426-1a29fe49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2