2013年2月16日に接近した小惑星と同年2月15日の隕石騒ぎ
自然科学研究機構 国立天文台 (http://www.nao.ac.jp/faq/a0509.html )の記事によれば、地球に接近した‘小惑星’は、次のようなものである。

Q:2013年2月16日に接近した小惑星‘2012 DA14’とは?

A:小惑星‘2012 DA14’は近地球型小惑星のひとつです。2012年2月23日、スペインのラ・サグラ天文台で発見されました。この小惑星の直径は45メートル、質量は13万トンと推定され、地球と似た軌道で太陽を回っています。


flash-2012da14-s.jpg
http://www.nao.ac.jp/faq/a0509.html
[速報] 小惑星2012 DA14。2013年2月16日午前4時59分撮影

地球への接近

地球へ最も近づくのは2013年2月16日午前4時24分頃(日本時間)で、スマトラ島近傍の西インド洋上空、約27700キロメートルになります。

小惑星 2012 DA14の軌道は精度よく求められています。軌道の誤差を考えても、地表から27650キロメートルより地球には近くなることはありません。

見え方

2013年2月16日(日本時間)に地球に最接近し、最大7等級まで明るくなると考えられています。

日本では2013年2月16日午前3時30分から午前4時前後に南西の空に見え始め、北へ移動します。およそ1分間に満月2個分ほどの速度で、ゆっくりと移動する様子を観察できるでしょう。その後、午前5時前後に薄明がはじまって空が明るくなり、次第に見えなります。

なお、各地の日の出日の入り時刻については、暦計算室のサイトで調べることができます。

img0509.png

最も明るいときで7等級という予想のため、暗すぎて肉眼で観察するのは不可能です。双眼鏡や視野の広い望遠鏡を使うと観察しやすいでしょう。それでも、都市部などの空の明るいところでは観察できないかもしれません。


さて、一方2月15日にロシアに落下した‘隕石’とこの小惑星との関係については、NASAの発表は次の通り、無関係という。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0217&f=it_0217_002.shtml
NASA、ロシアの隕石は地球近傍小惑星「2012 DA14」と関係ない
【ITニュース】 2013/02/17(日) 00:21

  アメリカ航空宇宙局(NASA)は2月15日、ロシアに落下した隕石について、同日に接近した地球近傍小惑星「2012DA14」との関係はなく、単なる偶然だと発表した。

  発表によると、2月15日にロシアに落下した隕石は地球近傍小惑星「2012DA14」の軌道とは正反対で、全くの関連性がないという。

  また、ロシアに落下した隕石は1908年に起きた「ツングースカ大爆発」以降で最大で、秒速約18キロメートルの速度で大気圏に突入した。大気圏突入する前の大きさは約15メートル、重さ約7000トンと推定しているが、今後のデータで修正する可能性もあると説明している。


このニュースをCNNは次のように伝えている。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35028318.html

小惑星が地球の近くを無事通過、ロシアの隕石とは「関係ない」
2013.02.16 Sat posted at 10:10 JST


asteroid-earth-graphic01 (1)
小惑星「2012DA14」は日本時間16日未明に地球に最接近=NASA/JPL-CALTECH提供

http://www.cnn.co.jp/fringe/35028318.html
(CNN) 米東部時間15日午後2時24分頃(日本時間16日午前4時25分頃)、小惑星が地球の近くを無事通過した。
同日、この小惑星が通過する数時間前に、隕石(いんせき)がロシア上空で大気圏に突入し、爆発した。この影響でビルなどのガラスが割れるなどして、約1000人が負傷したが、科学者らによると小惑星の通過と隕石の爆発は関係ないという。
今回、地球に接近したのは「2012 DA14」と呼ばれる小惑星で、地上から約2万7500キロ上空を通過した。この小惑星の長さは45メートルほどと見られる。一方、ロシア上空で爆発した隕石(大気圏突入前は小型の小惑星だった)は幅が推定15メートルほどしかなかったため、発見が困難だった。
オーストラリア、アジア、東欧では、今回地球の近くを無事通過した小惑星を望遠鏡や双眼鏡で観察できた。米航空宇宙局(NASA)のビデオ映像を見ると、オーストラリアのジンジン天文台からは、明るい白い光の筋に見える。
NASAの地球近傍天体(NEO)チームのポール・チョーダス氏によると、科学者らはこの小惑星に関する広範な研究を行っており、今後の進路はかなり先まで予測できているという。


asteroid-2012-da14-graphic02.jpg
2012DA14の軌道予想図。米東部時間の15日午後2時24分(日本時間16日午前4時24分)、通信衛星よりも近い地球から2万7700キロの距離を通過する=NASA/JPL-CALTECH提供

しかし、地球に接近する可能性のある小惑星は数千個あり、今回の小惑星はその1つにすぎない。
この点について、NASA・ジェット推進研究所のNEOプログラム・オフィスのマネジャー、ドン・イエオマンズ氏は「我々が監視している小惑星の中で、地球衝突の可能性を否定できていない小惑星は多数存在するが、どれも衝突の可能性は極めて低い」としている。
イエオマンズ氏によると、2012 DA14ほどの大きさの物体が地球に衝突する確率は1200年に1度程度だという。


朝日新聞デジタルも次のような記事を載せている。

http://www.asahi.com/international/update/0216/TKY201302160020.html
隕石「直径17メートル、質量1万トン」 NASA推定

 【ボストン=行方史郎】ロシアに落下した隕石(いんせき)の大きさについて、米航空宇宙局(NASA)は15日、大気圏突入前の段階で直径17メートル、質量1万トンだったと推定される、と発表した。1908年にシベリアで起きた宇宙からの落下物による「ツングースカ大爆発」以降で最大という。ロシア科学アカデミーは15日、「大きさ数メートル、重さ約10トン」との推定値を示していた。

 NASAによると、大気圏突入時の推定速度は秒速18キロ。突入後30秒間にわたって肉眼で見え、太陽より明るかったとみられる。また、16日早朝に地球に最接近した小惑星「2012 DA14」とは関係ないとの見解も示した。小惑星が南から北に向けて地球の横を通過したのに対し、隕石は反対に北から南に向かっていたとみられ、「互いの関係はなく、全くの偶然」とした。


以上の記事から、今回の小惑星の接近は、前以て計算されていた通りであったが、ロシアへ落下した隕石については予測出来なかったし、小惑星2012DA14とは無関係である。という結論である。この隕石騒ぎについては次回詳細を・・・。

(つづく)

スポンサーサイト
[2013/02/17 11:00] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<隕石落下の教訓:隕石が‘北朝鮮’に落ちていたら? | ホーム | 春の息吹>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/436-8da06805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2