千葉県・茂原市・千沢からの‘夕日ダイアモンド富士’(その2)
昨日の弊ブログ「千葉県・茂原市・千沢からの‘夕日ダイアモンド富士’」で、3月9日に千葉県・茂原市千沢から‘夕日ダイアモンド富士’が見れるはずだと今年の1月10日のブログに書いていたが実際にはそうならなかったことについて、次のように‘お詫び’をした。

http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-456.html

画像ー101 042-2
2013年03月09日 17:35

残念ながら、直ぐ下の昨年の12月12日の写真から見てお判りの通り、富士山の位置は、背景にある‘双子の山’の向う側であるので、本日は‘ダイアモンド富士’にはならなかった! 富士山自身も見えなかったが、ダイアモンド富士であったなら、きっと富士山も‘影絵’として見えたに違いない!

結果としては、「3月9日にこの地点から見ると‘ダイアモンド富士になる」という私の見解は間違っていた!
赤面の至りである。申し訳ない!

この原因は何か?

については、近々解明して行きたい。ソフトの不備なのか、この場所からの‘日の出・日の入り方位’を計算しただけでは、結果が得られないのか、今日の時点では不明である。

画像ー69 030-3
2012年12月12日 16:58

「近々ダイアモンド富士になる日は近い! 通り過ぎた訳ではないのだから・・・」といって、発見者のMさんが慰めてくれた。多分、1週間以内には‘ダイアモンド富士’が見られるはずである。

この‘ご恩(?)’に報いるためにも、きちんとした原因究明を行いたい。

(つづく)



そんな訳で、今朝(2013年03月10日)から、3月10日、11日、12日、13日、14日の5日間の‘レイライン’についてデータを取り直してみた。

結論

千葉県・茂原市千沢の‘赤目橋近辺’から、‘夕日ダイアモンド富士’が見えるのは、

 ① 3月10日(本命)

 ② 3月11日(2番手)


である、という結論に達した!

原因:3月9日と断定したことに多少の‘データ取り’に関する‘甘さ’があった。それは、気象学を学んでいないことによる‘太陽の移動’に関する‘常識不足’だった。一日に夕日が水平線上でどの程度動くかについての見識の甘さだったと思われる。

それともう一つ、地図上での直線が、地図が‘メルカトール’の場合、かなりの距離の場合、どうしても丸い地球の実際との間に‘誤差’が生じてしまう。このことを余り真剣には考慮しなかったために、折角の日にちがずれてしまったものと思われる。

決して、その道のプロが作製した‘ソフト’が悪い訳ではない!

以下にそのデータを示す。

いつも通り、ソフトは、以下のブログから拝借。

「日の出 日の入り 月の出 月の入り 時刻と方位の計算」
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10508/cgi/Srss2.php

画像ー101 072-2
先ず、千葉県茂原市千沢の‘赤目橋’に‘原点’(=時刻と方位の原点)を置く。(下図)

画像ー101 071-3

この原点における知りたい日付けの‘日の出 日の入り etc.’を求める。

この方法で求めた、それぞれの日の‘日の入りの軌跡’が、以下の通りとなっている。同時に写っている‘スケールの上端’が軌跡の延長線である。

画像ー101 100-3
3月9日の軌跡。この軌跡から‘3月9日’が‘夕日ダイアモンド富士’の日という結論を出したのである。
しかし、昨日は実際にはそうはならなかった。今の時点で考えられることは、もう少し慎重に‘軌跡の延長線’を引くべきだったのかも知れないという事のようだ。何故‘延長線’を引かねばならないかというと、上記借用ソフトでは、誤差の範囲で‘了承出来る範囲’までしか軌跡が示されない。それは、何故かと言うと、‘多分’地図が‘メルカトール’であるため、軌跡線を長く引き過ぎると実際に丸い地球では、かなりの誤差が生じてしまうからだと思われる。

画像ー101 102-3
これが、3月10日、今日の軌跡延長線である。これも本命といっていいと思われる。

画像ー101 104-3
そしてこれが、3月11日の軌跡延長線である。この日も大いに可能性がある。

画像ー101 093-3
これは、3月12日の軌跡延長線。これは一寸無理かもしれない。

画像ー101 089-3
3月13日の軌跡延長線。 これは、無理。

画像ー101 090-3
3月14日の軌跡延長線。明らかにこの日は無理。

以上の検討結果から、メルカトール地図上での誤差のお蔭で、1日~2日分だけ‘夕日ダイアモンド富士’の日がずれたのだと思われる。

今日、明日が楽しみである!

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/03/10 13:15] | 気象 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘夕日ダイアモンド富士’:計算による予定本命日も見えず! | ホーム | 千葉県・茂原市・千沢からの‘夕日ダイアモンド富士’>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/457-2d665bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2