夕日が富士山に懸かった!
とうとう待ちに待った「夕日ダイアモンド富士」の‘前兆’が実現した! ばんざ~い!

万歳!
http://ameblo.jp/charapla/image-11132690437-11779911354.html

今日か明日かとデータも何度か取り直して、昨日’(2013年03月10日)の弊ブログで予測した通り、やっと昨日の17時35~37分に、その‘前兆’を確認出来た!

画像ー105 069-2-2
2013年03月11日 17:36

太陽の大部分が、あるものの向う側にあってそのものを‘影’として映し出している。そう!そのあるものが‘富士山’なのである。次の写真を見て欲しい。昨年の12月の寒い時期、空気の澄み切った状態の時に撮影した‘富士山’の雄々しい姿である。場所としてはほぼ同じ場所(±1m)である。

abc画像ー69 026-6
2012年12月12日 16:58

一つ上の写真と比較して見ると、次の事が判る。

(1) 太陽を隠しているのは富士山である。

(2) 見えている太陽の‘右端’は、丁度富士山の頂上の‘左端’である。

さて、それでは、明日の凡そ17:57頃の太陽の位置の予測は?

それは、

① 3月09日 17:34

② 3月10日 17:35

③ 3月11日 17:36

の写真を比べれば、その‘アナロジー’から予測出来ると思う。 次の写真を見て貰いたい。

画像ー101 033-3
2013年03月09日 17:34

画像ー102 058-3
2013年03月10日 17:35

画像ー105 069-2-2
2013年03月11日 17:36

abc画像ー69 026-6
2012年12月12日 16:58

これらのデータから類推すると、2013年03月12日のこの地(千葉県茂原市千沢・赤目橋)からの「夕日ダイアモンド富士」は、多分、17:36~38の間に‘富士山頂から少し右側(北側)に現れるものと思われる。




さて、そこで今日(3/11)の太陽の日没軌跡を写真で追ってみたい。

実は、この地から富士山が見えることを‘発見されたMさん’も昨日は早めにこの場所においで頂いていたのである。

画像ー105 037-2
17:32 富士山の発見者・Mさんもスタンバイ、OK!

画像ー105 042-2
17:33

さ~て、この時から‘一大スペクタクル’・‘夕日ダイアモンド富士ショー’の開幕である!

画像ー105 052-2
17:34
まだまだ懸っていない!

画像ー105 056-2
17:35
太陽が富士山に懸った瞬間!

画像ー105 061-2
17:35
1/3が富士山に呑み込まれた!

画像ー105 067-2
17:36
もう既にたった1分少々で、太陽の2/3以上が呑み込まれた。

画像ー105 071-2
17:36

画像ー105 074-2
17:37

画像ー105 075-2
17:37
この写真も、‘ダイアモンド富士’と言えば言えないことはないが、富士山の頂上ではないから・・・。
明日はきっと富士山の頂上に‘ダイアモンド’を残して夕日は沈んでいくものと思われる!

画像ー105 076-2
17:37
太陽は、富士山に完全に隠れた。これで、昨日の‘ショ―’は、閉幕となった!

画像ー105 062-2
17:37 
Mさんもカメラに無事収められたご様子である。(拍手!)

明日もこんな良い天気であることを祈りたい!

そして、明日の結果次第で、この地からの‘夕日ダイアモンド富士’の日の一つが決定となる!

(つづく)

スポンサーサイト
[2013/03/12 00:00] | 気象 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘夕日ダイアモンド富士’が見えた! | ホーム | ‘夕日ダイアモンド富士’:計算による予定本命日も見えず!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/459-894d2fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2