FC2ブログ
桜満開(1)千鳥ケ淵:(その2)桜田門から半蔵門
桜満開(1)千鳥ケ淵:(その2)桜田門から半蔵門

前回は、桜満開(1)千鳥ケ淵:(その1)有楽町から警視庁・桜田門まで の春の風景を撮影した写真を基に記事を書いた。

今回は、桜田門から三宅坂を通過して、半蔵門までの桜満開コース!

東京都千代田区霞が関警視庁本部庁舎-60001
‘Google’マップ。
先ずは、桜田門から三宅坂付近の春の景色から・・・。

画像ー115 026-2
2013年03月26日11:32 皇居側の岸の芝生。何だか知らないが、細かい‘白い花’のようである。

画像ー115 027-3
2013年03月26日11:32 望遠で撮影しては見たが、植物に関する知識が皆無に近いため特定することが出来ない。こんなのは見たことが無いが、きっと皇居の管理下に置かれている以上、特別なものかもしれない。此方側の岸には見当たらないから・・。

画像ー115 028-2
2013年03月26日11:33 此方側には少し遅いが‘つくし’が生き残っている。

画像ー115 028-3
2013年03月26日11:33 同上。

画像ー115 032-2
2013年03月26日11:35 半蔵門の方面が段々見えて来た。
画像ー115 033-2
2013年03月26日11:35 望遠で撮ると‘満開’のソメイヨシノが美しいのが良~く判る。

画像ー115 035-2
2013年03月26日11:35 部分拡大で見ると一層美しい。そして、花の下を見て見ると‘花びら’が見えないとことから、まだ散り始めてはいないことも判る。

画像ー115 034-2
2013年03月26日11:35 水鳥の群れも何だか嬉しそうに見える。

画像ー115 037-2
2013年03月26日11:36 国会議事堂正面への道路が見えて来た。

国会議事堂0001
‘Google’マップ。、国会議事堂の航空写真。
この航空写真の説明をして呉れているのが、次のブログである。

http://hitosh.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/index.html
国会前庭

国会議事堂の前の坂道の両側に広大な国会前庭がある。
坂道を挟んで左(南)側が日本庭園で、
街道側の右側が西洋庭園となっている。

日本庭園は元霞ヶ関離宮のあったところで、
江戸時代は摂州三田藩九鬼家の上屋敷のあったところだ。
昔から霞関と呼ばれた景勝地であった。
しかし、昭和40年に住居表示区画整理で永田町に編入されてしまった。

西洋庭園は元陸軍参謀本部、陸軍省のあったところである。
江戸時代初期は加藤清正の屋敷があった
加藤家改易の後は、江州彦根藩井伊家の上屋敷であった。
井伊直弼はここから登城の途中、桜田門前で襲われてしまった

05kohkyo16.jpg

写真はその西洋庭園の一角にある、日本水準原点である。
全国の土地の標高を決める基準になるもので、昭和24年に設置された。
ここの標高が24.4140mである。

05kohkyo17s.jpg

西洋庭園の一番高い所に大きな時計塔が出来ている。
三面塔星型は、立法・行政・司法の三権分立を象徴したものである。
昭和35年、尾崎記念館(現憲政記念館)建設時に、その施設の一環として、
塔の前面にある噴水池、花壇と共に造られたものだ。

時計塔の高さは、諺「百尺竿頭一歩を進む」の、努力の上にさらに努力して
向上するとの意から百尺(30.3m)より高くした31.5mに設定されたという。

時計は、時間を厳守した尾崎行雄を称えて、
スイスから贈られたものであったが、現在は国産品となっている。
なお、尾崎行雄は、第1次帝国議会から63年にわたり衆議院に議席を持ち、
憲政の擁護と発展に尽力し、95歳で亡くなった政党政治家である。


画像ー115 042-2
2013年03月26日11:38 写真中央の丘の桜の向こうに建っているのが、上記引用文献に出て来る‘時計台’である。

画像ー115 044-2
2013年03月26日11:38 国会前庭にもう少し近づいた。

画像ー115 045-2
2013年03月26日11:39 国会議事堂と反対側・皇居側の桜に近づいた。

画像ー115 046-2
2013年03月26日11:39 これぞ、ソメイヨシノの満開!

画像ー115 047-2
2013年03月26日11:39 拡大。開いていない蕾がよ~く見ると0.1%位はあるように見えないこともないが、散った花は一輪もない!?

画像ー115 050-2
2013年03月26日11:40 皇居の中の緑の松に桜が良く似合う。

画像ー115 051-2
2013年03月26日11:41 振り返ってみると警視庁が見える。さっきの満開の桜も・・・。この女性が‘白い日傘’を差しているのではない! 念のため・・・。

画像ー115 054-2
2013年03月26日11:42 日照りはもう‘夏’を想わせる。

画像ー115 055-2
2013年03月26日11:42 憲政記念館の辺りである。もう少しで‘三宅坂’。

画像ー115 058-2
2013年03月26日11:44 画面の一番奥が‘半蔵門’辺りである。

画像ー115 059-2
2013年03月26日11:46 三宅坂の最高裁判所が見えて来た。

画像ー115 060-2
2013年03月26日11:46 最高裁の入り口付近には桜は一本も見当たらない!何か理由でもあるのだろうか?我々は‘サクラ’ではない!という‘駄洒落’!?

画像ー115 061-2
2013年03月26日11:46 東京水道局の下水道のマンホールのふたの絵柄は‘桜と銀杏’。

画像ー115 062-2
2013年03月26日11:48 ここはまだ最高裁の建物のつづき?それなら最高裁にも桜はあることになるのだが・・・。

画像ー115 063-2
2013年03月26日11:49 九段下が近いことを示してくれている? そう、九段下・靖国神社までここからだったら、1.2km位。

画像ー115 065-2
2013年03月26日11:50 国立劇場前である。

画像ー115 066-2
2013年03月26日11:50 3月歌舞伎公演は、やはり桜の季節を反映したもののようである。

画像ー115 067-2
2013年03月26日11:52 振り返ってみれば、警視庁の方面であるが、桜は皇居の方にも此方側にも少ないことが判る。それだけに‘千鳥ケ淵’の桜が待ち遠しい!

画像ー115 068-2
2013年03月26日11:53 遂に見えた!半蔵門の‘千鳥ケ淵’の入り口。

画像ー115 071-2
2013年03月26日11:54 ここから見えるこの奥の通りが‘新宿通り’である。 


次回は、半蔵門~千鳥ケ淵。ここがお目当て!

(つづく)
スポンサーサイト



[2013/03/31 23:59] | 花見 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<桜満開(1)千鳥ケ淵:(その3)半蔵門から千鳥ケ淵 | ホーム | 桜満開(1)千鳥ケ淵:(その1)有楽町から警視庁・桜田門まで>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/479-273c90e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2