日本では、田植えが始まった!そして、ボストンでは、爆弾テロが・・・。
今日2013年04月16日(火)現在、日本列島は最高気温の乱高下を繰り返しながらも平均気温は徐々に上がりつつある。

① 田植えが始まった!

いつも通り夕刻散歩に出かけた。この弊ブログでの‘上下シンメトリー’でお馴染みの田圃で、この千葉県・茂原市千沢地区でも‘トップを切って’田植えが始まったのである。

一寸撮影角度は違うのだが、田植え前後の写真の比較をしてみると・・・、

画像ー118 070-2
2013年04月05日18:01 田植え前

2013041617460000-2.jpg
2013年04月16日17:46 今日の田植え後

画像ー118 074-2
2013年04月08日18:02 田植え前

2013041617250000-2.jpg
2013年04月16日17:25 今日の田植え後

2013041617250001-2.jpg
2013年04月16日17:25 今日の田植え後

‘孫生え’(ひこばえ)については、弊ブログの2012年09月20日付けに次のような記事を載せている。

http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-276.html
2012年09月19日16:39 の田圃である。ここら一帯は、8月の下旬には稲刈りが終わっていた。

画像ー53 028-2

角度を変えてみていると、ちゃんと田植えをして、3か月が経った頃の様子に似ている。

画像ー53 060-2

更に近づいてみると、稲穂が付いていることが確認出来る。

画像ー53 061-2

稲穂はまだ付いたばかりで、中身が軽いと見えて、垂れ下がるまでには至っていない。上手い具合にここ数日強い夕立が毎日やって来るので‘水田’となっている。

画像ー53 047-2

この付近では、中身が重くなり始めているようだ。

画像ー53 050-2

ここのところまだ例年と違って、日中は30℃を越す日が続いている。それも異常であるが、これなら案外‘立派な米’の収穫が期待出来そうである。

今後どんなに成長するかをカメラで追ってみたい。


‘定点での観測’は予想だにしない結果を齎すことがある。
今後の‘稲の生長’をこの定点で見守ってみたい。今年も‘孫生え’現象が見られるだろうか?


② 爆弾テロが・・・

あの日本人にもお馴染みの伝統のある‘ボストンマラソン’のゴール近辺で、日本時間で、4月16日03:50頃爆発があった!

Boston_Marathon_Blast.jpg
http://www.news-us.jp/article/355647847.html

ボストンマラソン爆破テロ
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130416-OYT1T00236.htm
15日、ボストンマラソンで爆発の煙が上がる中、ゴールへと走る参加者(Dan Lampariello氏撮影、ロイター)

628x471-628x350.jpg
http://www.news-us.jp/article/355647847.html

130415160314-boston-marathon-explosion-04-story-top.jpg
http://www.news-us.jp/article/355647847.html

boston-marathon-explosions.jpg
http://www.news-us.jp/article/355647847.html

http://www.news-us.jp/article/355647847.html
ボストンマラソンで爆発 2人死亡

アメリカのボストンで、15日、開催されていたボストンマラソンのゴール付近で爆発があり、アメリカの複数のメディアによりますと、少なくとも2人が死亡し、20人以上がけがをしました。

アメリカ東部、ボストンの市街地で15日、爆発がありました。現地では、ボストンマラソンが開催されていて、ゴールをしようとしていた参加者や観客らが巻き込まれました。現場では爆発音が2回聞こえたという情報があります。 アメリカの複数のメディアによりますと、この爆発で少なくとも2人が死亡し、20人以上がけがをしました。

現場からの映像によりますと、現場には多数の救急車が駆けつけて、けがをした人の救助活動を行っていて、頭から血を流して車いすで運ばれる人の姿も映し出されています。また、爆発の瞬間に撮影された写真として、建物の1階部分から赤い炎とともに、白い煙が広がる様子も伝えています。

当時、ゴールライン付近には、観客や大会運営者など多くの人が集まっている様子が分かります。ABCテレビは、爆発が起きた当時の状況について、現場近くにいたリポーターが「突然、大きな爆発音が聞こえた。何が起きたから分からず、周囲にいた人たちはあちこちに逃げまどっていた」と伝えています。このマラソン大会には、およそ2万6000人が参加していたということです。

ボストンの日本総領事館は「ボストンマラソンには、毎年大勢の日本人が参加しており、今回の事件でけが人などが出ていないか現在確認を行っている」と話しています。



ボストンマラソンと言えば、私の記憶に鮮やかに残っているのは、1953年(昭和28年)‘山田敬蔵’選手世界記録での優勝である。私が中学2年生の頃であった。このニュースに大興奮した記憶がある。それをきっかけに‘マラソンブーム’が起こった。

1953006.jpg
http://showa.mainichi.jp/news/1953/04/post-c2d1.html
2時間18分51秒の世界最高記録でゴールする山田敬蔵
1953年4月20日 米国・ボストン

1953042101.gif
http://showa.mainichi.jp/news/1953/04/post-c2d1.html
当時の新聞

http://www.47news.jp/CN/200703/CN2007031801000729.html
山田敬蔵さん
18日、台湾中部の雲林県で行われた台湾国際マラソンでゴールした山田敬蔵さん(共同)

月までの距離が目標 マラソンの山田敬蔵さん

 1953年のボストン・マラソンで優勝した山田敬蔵さん(79)が18日、台湾中部の雲林県で行われた第1回台湾国際マラソンで42・195キロを4時間半かけて完走した。  左ひざの痛みから足を引きずるようにゴール。「最後の4キロは遠かったが、何とかゴールを、と頑張った」と話し「来月のボストン・マラソンでも走る」と意欲満々だ。  今も毎日、多摩川沿いを30キロ走る山田さんの通算走行距離は今年1月に35万キロを達成。次の目標を「地球から月までの距離とされる約38万キロに定めた」。(共同)
2007/03/18 12:56 【共同通信】


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%
83%88%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3

ボストンマラソン(Boston Marathon)は、毎年4月にアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンで開催される、マラソン大会。第1回オリンピックの翌年、1897年に開催され、オリンピックに次いで歴史の古い大会で、2010年4月現在開催されているマラソン大会開催数では世界一。
誰でも走れるわけではなく、参加には参加資格タイムをクリアしている必要がある。

由来 [編集]

アメリカ独立戦争が開戦した4月19日を「愛国者の日」とし、それを記念して第一回が開催されている。

記録の扱い [編集]

1927年に42.195kmとされてからは、(のちに距離不足が判明した年度を除いて)レース時点での世界最高記録を上回った優勝者のタイムは世界最高記録として扱われてきた。しかし、2004年1月から国際陸上競技連盟が、マラソン記録の公認のために設定したコース条件(ゴール地点の標高がスタート地点の標高より42.195m以上低くなってはならない、スタートからゴールまでの直線距離は21.0975km以下など)は満たしておらず、同年以降は世界記録を超えても国際陸連公認の「世界記録」とは認められなくなった。2011年の大会で2時間3分台の驚異的なタイムで優勝したジョフリー・ムタイの記録も、世界記録としては扱われない。

日本人参加選手 [編集]

日本人では、瀬古利彦が2回優勝している(1981年・1987年)。このほかの日本人優勝者としては、
田中茂樹(1951年) 2:27:45
山田敬蔵(1953年) 2:18:51
浜村秀雄(1955年) 2:18:22
重松森雄(1965年) 2:16:33
君原健二(1966年) 2:17:11
采谷義秋(1969年) 2:13:49
がいる。このうち、田中・山田・浜村の走ったコースは後に距離不足が判明し、いずれも記録抹消の憂き目を見ている。山田の記録は当時世界最高記録とアナウンスされていた。

女子での日本選手の優勝はまだない(過去最高順位は1992年に出場した山本佳子の2位)。ただし、日本出身で米国籍を取得したゴーマン美智子が1974年と1977年に優勝している。
また、ボストンマラソン優勝者は優勝年から50年後の大会に招待される。田中茂樹は2001年にボストンマラソン前日の交流レースに出場。山田敬蔵は2003年にフルマラソンに出場、山田は4時間10分11秒で70歳以上の部で5位であった。山田は1995年から毎年出場しており、2007年までに17回出場、1998年から2001年まで70歳以上の部を4連覇している。チーム・ホイトも参加した。


この爆弾テロ、北朝鮮との関連は?とニュースを聞いた時、そう思ったが、さて捜査の結果は?
現時点では、犯人の特定は出来ないと言うが・・・。以下の画像は、2013年04月16日のテレ朝・報道特集
のTV画面をカメラで撮影したもの。

画像ー124 049

画像ー124 047
2013年04月16日23:06の放映画面

FBIの特別捜査官の記者会見の模様。「犯人の特定に至らず・・・」

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/04/16 23:22] | ニュース | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
<<鉄が地球の環境を救う! | ホーム | 椿の花は、何故丸ごと落ちる?>>
コメント
地球環境直球勝負
島根大学の客員教授である久保田邦親博士らが境界潤滑(機械工学における摩擦の中心的モード)の原理をついに解明。名称は炭素結晶の競合モデル/CCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象(機械工学における中心的摩擦現象)にかかわる広い説明が可能な本質的理論で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後48Vハイブリッドエンジンのコンパクト化(ピストンピンなど)の開発指針となってゆくことも期待されている。
[2017/07/23 21:31] URL | 低フリクションマルテンサイト #mhQZtlZc [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/497-73346ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2