FC2ブログ
量子力学の世界(その1)
ここで、‘鉄の話’を一時中断して、今後の理解を更に深めるために、一寸難しそうな‘量子力学’の世界をご紹介したい。

‘量子力学’と聞けば、何を想い起すだろうか?

そう、アインシュタイン、湯川秀樹、朝永振一郎 etc.、そして原子爆弾、そして、そして福島原発!

「‘量子力学’なんて、私関係ない!」と思っておられる方、ご自分の‘考え’の中にその概念は全くなくても、実はご自分の体は全て‘量子力学’に支えられている‘原子’から成り立っているのだから、‘関係者’なのである。

‘関係者以外立ち入り禁止’という看板、誰でも見たことがあるに違いない。

「‘量子力学’って? 私関係ありませんから・・・」といって無関係を装うのは‘違反’です。関係者なんですからどうぞ‘量子力学の世界’へ堂々とお這入りを!

qmlogo2.png
http://www.ryoushi-rikigaku.com/index.html

‘30分でわかる’‘量子力学の世界’とあるが、そう簡単な概念ではない!

ただし、最初から‘波動方程式’を出されれば、もうそれで99%の人は読むのを止めてしまう。この‘状態’も実は‘量子’なのだが・・・。

先ずは前置きと目次から・・・。

量子力学-10001-2
http://www.ryoushi-rikigaku.com/index.html

量子力学-10001-3
http://www.ryoushi-rikigaku.com/index.html

そして、内容の一部、01・原子内部の法則(目次には、仕組みとなっているが・・・)

量子力学入門-1:原子内部の法則-10001
実はこんなやさしい‘量子力学入門書’に出会ったことはなかった!学生時代にこんな素晴らしい入門書があったら、と多少悔やまれる。

(つづく)次回は、目次に従って、2~3項目ずつ掲載の予定。この目次の項目を全て理解すると‘原子の世界’が見えて来る!
スポンサーサイト



[2013/04/20 00:00] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘アインシュタイン橋’が日本にあった! | ホーム | ① すべての生命は鉄を必要としている:<2> 電子殻を構成する軌道>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/500-c6199f03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2