FC2ブログ
散歩の楽しみ(その3):白鷺
2013年05月08日の散歩の続き。

その前に・・・・、

昨年の秋に、我が家の玄関から直ぐの‘借景’の敷地内の‘杉の木のてっぺん’に止まっていたのは‘青鷺’だった。

画像ー132 116-3
我が家の玄関前。‘借景’の杉の木

画像ー51 137-0
2012年09月11日05:57

画像ー51 137-1
同上

さて、散歩の時に見たのは‘白鷺’だったのだが、‘鷺’と言えば、余りにも昨年の秋に見た‘青鷺’が印象に残っており、どうしても比較したくなったという訳である。

そこで、先ず‘青鷺’とは?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%B5%E3%82%AE
アオサギ蒼鷺、Ardea cinerea) は、動物界脊索動物門鳥綱コウノトリ目サギ科アオサギ属に分類される鳥類

分布

繁殖地:黄緑、青:越冬地、緑:周年生息地
アオサギは、アフリカ大陸、ユーラシア大陸、イギリス、インドネシア西部、日本、フィリピン北部、マダガスカルに分布している。
夏季にユーラシア大陸中緯度地方で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸中部、東南アジアなどへ南下し越冬する。アフリカ大陸南部やユーラシア大陸南部などでは周年生息する。日本では亜種アオサギが夏季に北海道で繁殖し(夏鳥)、冬季に九州以南に越冬のため飛来する(冬鳥)。本州、四国では周年生息する(留鳥)。

形態 [編集]

全長88-98cm。翼開張150-170cm。体重1.2-1.8kg。上面は青みがかった灰色の羽毛で被われ、和名の由来(漢字表記の蒼はくすんだ青色のことも指し、中国語名と同一)になっている。種小名cinereaは「灰色の」の意で、英名(grey)と同義。また淡灰色の長い羽毛(飾羽)が混じる。下面は白い羽毛で被われ、胸部の羽毛は伸長(飾羽)する。頸部から胸部にかけて黒い縦縞が入る。頭部は白い羽毛で覆われ、眼上部から後頭にかけて眉状の黒い筋模様(眉斑)が入る。後頭は眉斑と繋がるように黒い羽毛が伸長(冠羽)する。雨覆の色彩は灰色で、初列雨覆や風切羽上面の色彩は黒い。人間でいう手首(翼角)の周辺には2つの白い斑紋が入る。雌は雄に比べるとやや小型で、冠羽と飾羽が短い。
虹彩は黄色。

若鳥 [編集]

若鳥は上面が灰褐色、頭部が灰色の羽毛で被われる。また若鳥や冬羽は上嘴が黒ずむ。眉斑は不明瞭で、後頭に冠羽が伸長しない。繁殖期は眼先がピンク色で、嘴や後肢の色彩もピンク色。非繁殖期は眼先が黄緑色で、嘴や後肢の色彩が黄色。

生態 [編集]

河川、湖、池沼、湿原、干潟、水田などに生息する。非繁殖期には単独で生活するが、小さな群を作ることもある。
食性は動物食で、魚類、両生類、小型哺乳類、甲殻類、昆虫などを食べる。水辺で待ち伏せたり、水辺や浅瀬を徘徊しながら獲物を探す。獲物を発見すると、素早く頸部を伸ばし捕食する。水深の深い場所では、体を水に浮かべて泳いでいることがある。
優雅な姿をしているが、意外にも攻撃的で神経質な鳥で、餌場では羽毛や飾り羽を逆立てて他の鳥を威嚇して追い出すことがよくある。特に獲物が共通するダイサギなどのサギ類には容赦なく攻撃をしかけて執拗に追い立てる。 また、獲物に対する執着も強く、他の鳥から獲物(主に魚類)を奪って捕食することが見られる。ミサゴなどの猛禽類や、時にはツルやコウノトリなどの自分よりもはるかに強大な相手でも付け回して隙があれば横取りする。
繁殖形態は卵生。同科他種を含めた集団繁殖地(コロニー)を形成する。雄が巣材を集め、雌が樹上に木の枝を組み合わせた皿状の巣を作り、日本では4-5月に1回に3-5個の卵を産む。巣は同じ巣を使いつづける。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は23-28日。育雛は雌雄共同で行う。雛は孵化してから50-55日で巣立つ。生後2年で性成熟する。アシの生えた地上での営巣記録もある。

人間との関係 [編集]

養殖魚を食害する害鳥とみなされることもある。
害鳥としての駆除などにより生息数が減少している地域もある。例としてイングランドとウェールズでは1970年代に毎年4,600羽以上が駆除され、1979年における生息数は5,400ペアまで激減した。逆に日本のように生息数が増加している地域もある。

夕風や水青鷺の脛(はぎ)をうつ  与謝蕪村


上記文献では、‘アオサギ’の漢字表記に‘蒼鷺’の文字を当てていて、中国でもこの‘蒼’と表記するという。

青(蒼)鷺の素晴しい写真が見つかった!

58821570.jpg
http://plaza.rakuten.co.jp/cooloo/diary/201011300000/

58821532.jpg
http://plaza.rakuten.co.jp/cooloo/diary/201011300000/

58821495.jpg
http://plaza.rakuten.co.jp/cooloo/diary/201011300000/

青鷺もこのように‘高画質’で、絶好のチャンスを見逃さなければ、やはり美しい!



では、‘白鷺’は?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%B7%BA
白鷺(しらさぎ)とは、コウノトリ目サギ科のうちほぼ全身が白いサギ類の総称で、日本ではダイサギ・チュウサギ・コサギ・カラシラサギを指す。沖縄ではクロサギの白色型がこれに加わる。アマサギも入れられることがある。音読してはくろとも言う。
シラサギという名前のサギがいるわけではない。大きさや足指の色、冠羽の有無などで識別することとなる。
徳島県では1965年(昭和40年)10月より、白いサギ科の鳥の総称としての「しらさぎ」を県の鳥に制定している[1]。
サギ類は他の種類のサギたちと同じ個所に集まって営巣し繁殖する(サギ山)。サギ山で集団営巣することから、糞に伴う臭いや鳴き声により、人にとっては公害となることがある。
利用 [編集]

コサギは後頭に冠羽があり、日本画のモチーフとして多用されてきた。
繁殖期の背の飾羽はとても美しく、婦人用の帽子の飾りに多用されたが、現在は多くの国で規制の対象となっている。
これらの多くは渓流など清冽な水域には生息せず、富栄養化が進んだ水域に見られる。



田植えの済んだ田圃に‘白鷺’がいた!(2013年05月08日午後) 

画像ー130 060-2

こんなに10m以内に近づいてもこの‘白鷺’( ダイサギ・チュウサギ・コサギ・カラシラサギ、のうちのどれ?)は逃げない!

画像ー130 053-2

では、この‘白鷺’の‘百態’をど~ぞ!

画像ー130 053-3 画像ー130 054-3

画像ー130 055-3 画像ー130 057-3

画像ー130 059-3 画像ー130 061-3

画像ー130 063-3 画像ー130 064-3

画像ー130 065-3 画像ー130 066-3

画像ー130 073-3 画像ー130 074-3

では、‘白鷺’の美しい写真を‘WEB’から・・・。

20090806195948d8e.jpg
http://viewoflovely.blog91.fc2.com/blog-entry-426.html
ダイサギ

20090806200801c60.jpg
http://viewoflovely.blog91.fc2.com/blog-entry-426.html
ダイサギ

20090806204725e32.jpg
http://viewoflovely.blog91.fc2.com/blog-entry-426.html
(左)チュウサギ   (右)コサギ

‘アオサギ’も‘シラサギ’も大きさ体重など、そんなには違いはない、と思われる。

この田圃にいた‘シラサギ’の体重は、どのくらいだろうと思って考えてみた!私の‘予測’では、‘背の高さ’はおよそ‘1m弱’だから、そう4~5kgかな?と思った。カミサンは‘3kg’という。

驚くことに、上記引用資料によれば、

  全長88-98cm。翼開張150-170cm。体重1.2-1.8kg


だそうである!  

体重が‘2kg’未満なら、食べ物の量もそんなに多くは要らないのだろう!

都会では、アオサギもシラサギも、そう簡単には見られないが、ここ‘上総の国 茂原の里 字千沢’では、身近に素晴らしい鳥に毎日会える!

(つづく)
スポンサーサイト



[2013/05/15 14:48] | 学習と文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<水月湖の‘年縞(ねんこう)’ | ホーム | 講談(その2):千沢川における蟹力士のその後>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/524-a69aa588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2