講談(その2):千沢川における蟹力士のその後
<口上>:担当 二流齋田舎周(にりゅうさい・どさまわり)<講談界の大御所:二流齋停能(にりゅうさい・ていのう)の一番弟子(自称)>

では、田舎周師匠、口上をど~ぞ!

講談(その1)では、二匹の蟹相撲の関取の決闘!の経緯(いきさつ)を縷々述べて参ったのでございます!パシッ!パシッ!

その二匹とは、決闘を演じ切った役力士!その‘決闘シーン’をもう一度!パシッ!パシッ!

画像ー132 005-3

① ご自分の住居穴を‘温泉付き宿泊券’と交換で返して貰った関脇・‘蟹の川’関 (画面上)

② ‘温泉付き宿泊券’を見事ゲットした小結・‘蟹の里’関 (画面下)

この、‘蟹の里’関の背中が凄~い!

画像ー132 008-4
トリミング・アップで、強調すると・・・

画像ー132 008-5
‘笑うパンダ’、だ! でも、口元は笑っているように見えはするが、‘眼’は、笑っていない! 温泉でこの顔がどんな風に変貌するのか!?

前回の予告通り、彼ら二匹のその後を、ど~ぞ!

<小結・‘蟹の里’関のその後>

画像ー132 035-2
2013年05月13日09:26:52
決闘をしていたほんの数分前には、背中は‘汚れまくっていた’のに、温泉につかる前にもうこんなに綺麗になってる! 何故??

画像ー132 045-2
2013年05月13日09:28:38
いやぁ~、もう潜っている! お酒はもう飲んだの? 飲んで潜るのは、身体に良くないゾ~!

画像ー132 056-2
2013年05月13日09:29:54
蟹の里「あ~、さっぱりした! この温(ぬる)めの温泉、最高でごんす!」

画像ー132 057-2
2013年05月13日09:29:58
蟹の里「いやぁ~、もうすっかり出来上った、でごんす!」

K「気持ち良さそうじゃん!ところでサ、関取、自慢の‘パンダ甲羅’どうしちゃったのさ?」

蟹の里「あれっ! 見てました、でごんすか?温泉はいる時だけ、脱ぐんでごんすよ!大事なもんなもんで・・・。 あれが、人間の力士の‘廻し’ということで、蟹力士の‘命’なんでごんす!」

K「へえ~!そうなの?!こりゃあ、いいこと聞いた! それでサ、何処で脱いだのよ?」

蟹の里「な・い・しょ!もうひと潜りしてくるでごんす!ごっつあんで~す!」

画像ー132 082-2
2013年05月13日09:43:46
それから彼は15分近く潜りっぱなし・・。もう目まで泳いでいる!焦点が定まらないようだもの!

そして、一夜が明けて、そう彼が蟹の川関から貰ったクーポン券は、宿泊付きだったから、その辺まだうろうろしているに違いない。15時過ぎに‘千沢川’を覗いてみた。 いた、いた!千沢川の向こう岸!

画像ー132 108-2
2013年05月14日15:03:50
K「おーい、蟹の里さ~ん!聞こえるか~い?元気~?」

蟹の里「十~分、聞こえとりま~す!」

画像ー132 115-3
2013年05月14日15:05:10
蟹の里「木のベッドって、よかですよっ~!」あれっ?彼、九州出身??

画像ー132 115-2
2013年05月14日15:05:10
K「関取サ、今日の取り組み大丈夫なの?」

蟹の里「あっ!いい忘れておりました! 今日の相手は、昨日の‘蟹の川’関でごんす。彼は、昨日の自分との決闘で、アキレス腱切断で今日休場届を出した筈でごんす!ツウことは、自分は今日は‘不戦勝’!ツウこってす。だから、今日は土俵に上がるだけ、っていうこってすナ! まだ、まだ時間がありますでごんす!」

こんないい加減な力士は見たことない!こんなことでは来場所は小結という役力士からきっと滑り落ちているに違いない!

さて、それで、アキレス腱切断の‘関脇・‘蟹の川’関’の方は・・・

<関脇・‘蟹の川’関のその後>

一方、穴に残った関脇・‘蟹の川’関は、

画像ー132 012-2
2013年05月13日09:24:24
蟹の里関の情報から判ったのだが、この蟹の川関は、アキレス腱切断をしてしまっていた由。

画像ー132 061-2
2013年05月13日09:30:26
それでそれで、早く自分の‘竪穴住居’で休みたかったのだ!

画像ー132 062-2
2013年05月13日09:30:32
了解、了解! 何か食べなくたって平気? 蟹の川「・・・・・」無言!

画像ー132 072-2
2013年05月13日09:31:54
さいなら!

画像ー132 073-2
2013年05月13日09:32:00
さいなら!さいなら!さいなら! ちっとも進んでないじゃん、大丈夫? 蟹の川「・・・・・」無言!

画像ー132 077-2
2013年05月13日09:32:48
やっと潜り込んだ様子、一安心!

画像ー132 095-2
2013年05月13日09:46:10
あれから、15分弱経つが、動きが無い!余程疲れているのだろう。大丈夫だろうか?

画像ー132 113-2
2013年05月14日15:04:52
心配になって、一夜明けた今日午後3時過ぎに見に行ったが、全く動きが無い!まさかアキレス腱切断で死んでしまうこともあるまい! 足は何本もあるのだから・・・。



講釈師の二流齋田舎周の奴まで、寝てしまっている!

だから、だから、二流と言われるんだぜ! このバカめが!

それでは、私がなり替わって、次回の予告編を!

画像ー132 051-3

この次は、年寄りの力士の話は終わりにして、若手‘蟹サーファー’のはなし、など。ご期待あれ!

(つづく)

スポンサーサイト
[2013/05/14 22:08] | 講談 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<散歩の楽しみ(その3):白鷺 | ホーム | 講談(その1):千沢川における蟹力士の決闘!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/528-6793993f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2