‘分骨’について
私も母を亡くした時、‘分骨’について悩んだ覚えがある。そう、もう40数年も前のことである。

自分の親なんだから、そんなことって許される、という非常識な考えであった。もっと言えば、御釈迦様だって‘仏舎利塔’に‘分骨’しておられるのに、宗教的に何が不都合なのだろうか?とさえ思っていたようだった。

img230_P1000034_convert_20130521145405-2.jpg
http://www.fujistardust.jp/blog/log/eid396.html
御殿場プレミアムアウトレットに向かう途中に箱根側の山に見える謎の白い塔が仏舎利塔です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8F%E8%88%8E%E5%88%A9%E5%A1%94
仏舎利塔(ぶっしゃりとう)とは、仏舎利(釈迦の遺骨)を納めるとされる仏塔。一般に仏塔の原型であるインドの「ストゥーパ」[1]の様式をそのまま模して建てられた仏教建築物である。
ドーム状の構造物の上に相輪をもつ。日本では近代になって建てられたものも多い。また本来の舎利を祀るだけでなく、太平洋戦争でなくなった英霊を祀る仏舎利塔もある。


そろそろ、自分自身の問題として‘分骨’ということが現実的になって来ると知識不足が不安になって来る。本当に老後(今でも既にそうなのだが・・)は、どうする?ということが現実のものとなりつつある。でも、まだ現役の積りであるから、これから新しい会社の創設に参加させて貰って、あのプロジェクトもこのプロジェクトもやりたいと思っている。事と次第によっては、海外へ単身赴任でも、という気さえある!

でも結構足にも負担をかけると若い時と同じにはいかない。先日も慣れない皮靴で都内を2時間以上歩いたら少々足の調子がおかしくなって、回復するのに3日も掛かってしまった!

さて、‘分骨’について調べてみると次のような文献が見つかった。

http://ohaka.nomaki.jp/ohakaotherhbunnkotu.html
分骨とは

一.分骨とは

  分骨とは、何らかの理由により遺骨の一部を分けること(分ける理由は後述)を言います。
 分骨する際には、以下の三つの場合が考えられます。

A.お墓に既に納骨されている遺骨を分骨する場合
 
 お墓に既に納骨されている遺骨を分骨するには、お墓を建ててある墓地,霊園の管理者(又は会社)に分骨の意思があることを伝えます。墓地,霊園の管理者からの同意を得て、手続きを済ませます。お墓のある墓地,霊園が公営または民営だった場合は寺院のご住職にお布施を包みます。
 この場合の手続きは基本的には改葬と同じ手順です。

B.火葬後、すぐに遺骨を分骨する場合

 火葬後、すぐに遺骨を分骨する場合には、前もって火葬場にその意思を伝えておきます。そして、葬儀社に分骨用の骨壷の用意を依頼しておき、骨上げの際にその分骨用の骨壷に遺骨を移すように致します。
C.お墓に納骨する際に遺骨を分骨する場合
 お墓に納骨する前に分骨を行う場合は前もって墓地,霊園の管理者にその意思を伝えておく必要があります。それは納骨の際にお墓を建立した墓石・石材店が遺骨をお墓に移す場合があり(素人ではちょっと無理なことがある)、そのことを墓石・石材店にも伝えるからです。分骨用の骨壷を墓石・石材店へお願いするように墓地,霊園の管理者に伝えておいた方がよいと思います。
 納骨法要の読経が終わった際に遺骨を分けるようにして、分骨を行います。

二.分骨が必要なとき

 分骨が必要なときというのは実際にどういうときでしょうか。少し考えてみましょう。
 
A.お墓が遠くにあり、改葬を考えているが……
 
 お墓が遠くにあり、お墓の面倒をみるのが難しいから改葬をかんがえている。しかし、そのお墓の近くにも一応面倒を見てくれる親類がいて、その方は改葬に反対している場合があります。
 反対する親類からすると遺骨が故郷から離れるというのはかわいそう というところでしょうか。その際に分骨を相談してみるといいと思います。しかし、分骨した後に新たにお墓を建立するとなると経済的な負担もあるので、よく考えて、ご家族や親戚と相談なさる必要があると思います。
 
B.とても大切な人だったから……離れたくなくて

 分骨する理由としてはこれが多いような気がします。とても大切な人だったために離れたくないということで手元で供養したい。でも、きちんとお墓にも入れてあげたいということで分骨をされる方もいらっしゃるようです。最近では遺骨を入れられるペンダントなどが販売されていたりしますので、分骨すればいつでも、肌身離さずに持ち歩けるという時代になりました。
少し余談ですが、ペットを亡くした場合に、そのペットの遺骨を肌身離さずいれるためにそういったアクセサリーなどを購入する方が増えているようです。
 
C.散骨・樹木葬などをするために
 
 分骨して散骨や樹木葬、または遺骨をダイヤモンドにする供養の仕方を選ぶ方も増えてきています。亡くなった方の希望で散骨や樹木葬をしてほしいといった場合に前述のBの場合と同じくお墓にも入れてあげて、分骨した遺骨を散骨や樹木葬などにすることもあるようです。

三.分骨をするにことにあたって注意したいこと

 分骨する理由はそれぞれの遺族で様々な理由があると思います。そこで分骨の際に注意しておいた方が良い点を記載してみました。
分骨する際は必ず、他の家族や親族とも話をする
既にお墓に納骨を済ませている場合はそのお墓のある墓地,霊園の   管理者に分骨の意思を伝える
火葬後に納骨する際は、事前に火葬場へその旨を伝えておく
納骨の際に分骨をするなら、事前にご住職や墓石・石材店に   その旨伝えておく
墓地,霊園の管理者や寺院から分骨証明書を取得する   (分骨して改葬する場合に必要)
分骨した場合の使用許可証に氏名が記載されない場合があるので、   事前に確認しておく必要がある
 ご遺族間でそれぞれの倫理感や宗教観念があるとおもいますので、よく話し合って、分骨される必要があります。また、分骨した遺骨の改葬や散骨,樹木葬をする場合には許可証などの書類が必要になります ので、事前に業者などに確認をしてください。
 
四.分骨……補足

 分骨をする理由もそれぞれありましたね。本当はもっとあるはずです。その分骨をする際に相談があったことを2例ほどまとめておきました。
 
A.分骨して手元供養にしたけれど
  
   分骨して手元供養を希望された方で時々いらっしゃるようですが……。時が経つにつれて、分骨した遺骨がホコリをかぶるようになった……。または、分骨した遺骨がどこにいったかわからなくなった。

  こういうことはないようにしたいですね。

B.遺骨の所有権
 
  配偶者の遺骨を新しいお墓に移したいが、配偶者の両親に反対されている。この場合はどっちが遺骨の所有者になるのか。
  これも骨肉の争いでしょうか。裁判までいくこともあるようで、最近の判例では配偶者の方に遺骨の所有者である権限があるようです。しかし、配偶者の方に遺骨を所有する権限があるというだけで、倫理感や宗教観によりその遺骨の供養の仕方というのは遺族の気持ちを考えた上で遺骨を供養しなければ、争いごとになってしまうことが多いので注意しましょう。
 分骨の補足に関しては言われないでもわかっているという方が殆どのことでしょう。ただ、実際にこういうこともあるんだなぁっと気をつけようと思っていただけると幸いです。


c-1image.jpg
http://memoria-areca.net/crown_C-2

私の場合もそうであったが、個人が個人として‘分骨’を考える場合、亡き人を永遠にとまではいかずともなるべくなら出来る限りの時間、自分の傍(仏壇)に置いておきたいという‘欲求’から来ている。次の‘Q&A’も正にその通り個人的‘欲求’に対して、次のような回答がある!

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447260554
Q:分骨したお骨は、自宅の仏壇に置いておいてもいいのですか?

納骨時に、遠方にいる妹に分骨して供養してをもらいたいと考えています。自宅にも妹と同様に小さい骨壷に納めたお骨を置いておきたいと思っています。仏壇に置いておいても差し支えないでしょうか?

A(1):お釈迦様も各地に分骨していますので仏教上は分骨は問題ありません。

ただ、注意点として、
①法律上は勝手に分骨しますと、どこにも納骨できない遺骨になってしまいますので納骨時に、その墓地の管理者(寺院等)から「分骨証明書」を取得し、その証明書と共に保管する必要があります。
②分骨をいつまでも自宅に置いておくとして、自己も妹さんも歳をとりますのでそのままでは次の代のお子さんたちが困ることになるかもしれませんし、お孫さんの代まで、曾孫さんの代までそのままだったらもう誰のご遺骨だかも、なぜ家に分骨があるのかもわからなくなってしまう可能性があり、子孫に迷惑をかけかねません。したがって、ご自宅仏壇への分骨の安置はある程度の期限を区切るべきでしょう。

A(2):お釈迦様を引き合いに出す回答は的を得ておりません。

お釈迦様と貴方とは全く違います。

お釈迦様亡き後を、お祀りをする目的で10の遺骨を別けて立てたのが『スツーパ』です。

お釈迦様がお骨を別けたのではなくて、残された弟子や国王がお祀りをし供養をする為に祀った仏塔を建てているのです。

であるならば、貴方も仏塔を立てて遺骨を迎えて祀るべきです。

分骨は絶対に行なうべきではありません。

なぜ、兄と妹に分離させる必要が有るのでしょうか?。
妹とは兄妹でありましたが、妹は嫁いで生活が別にスタートをしています。
そこへ貴方の遺骨を置いてどうなるのですか?。
子孫に迷惑を及ぼす始末を作ってはなりません。

遺骨を仏壇と言う器に何時までも曝し続けるのではなくて、一刻も早く土へ還して、溶けて行き無に成る願いこそ、遺恨を残さずに完全に仏の世界へ往生した姿となります。

遺骨を兄妹間で分け合ってはなりません。
誤解をしないで下さい、

分骨とは、
本山へ一部を別けて納める事で、宗祖や開祖様と一緒の御廟へ納まる宗門としての喜び有る教義です。



なるほど、成程。仏壇という‘狭い’器に閉じ込めてはならぬ!一刻も早く土へ還して、溶けて行き無に成る願いこそ往生である!

このご指摘には感服した!

ところで、‘骨壷’に入れた‘焼骨’はその後一体どうなるのだろうか?

IMGP28378.jpg
http://wan-nyan-memory.ocnk.net/product/844

これまで、余り考えたことが無かったので、一寸調べる気になって来た。当然骨はカルシウムが主成分だから保存状態が良ければ、そのまま残る。これは化石が証明している。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3142879.html
Q:お骨が水になるというのは本当ですか?

以前、お墓に埋葬された骨は水になると聞いた事があります。
フと気になって調べてみたのですが、なるという話と、ならないという話の両方があり、いまいち判りません。
恐竜の骨や原始人の骨が残っているあたり、状態にもよると思うのですが、骨というものは放っておいたら最終的に何になるものなのでしょうか。溶けると土になるのでしょうか。
ご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。

A(1):化学的にはなりません。

骨の主成分はアミノ酸やカルシウム化合物です。
アミノ酸部分は、主に、微生物に分解され二酸化炭素やアンモニア、そして、水に分解されます。カルシウム部分も風化により流れてしまったり、微生物などに処理されたりします。
なので、宗派によって違いますが、土に直接、お骨を撒くかたちの、埋葬ですと、何十年もたつと、跡形なく消えてしまいますし、骨壷に入れたお骨は微生物に接触しにくいので、何百年も残っています
骨は、最終的には、二酸化炭素をはじめとするガス、土の中の肥料成分、水になると思われたら良いでしょう。そのなかで、運の良かったものだけが分解されず、カルシウム分などが残留したり、他の成分がしみこんだりして、後々まで残ると思われたら良いかと思います。

A(2):骨が水に変化することはありませんが、中医学(漢方医学)では骨は腎に属します、腎は水に属します。
それから骨壷の中の水の話ですが、骨が変化したのではなく、骨壷の周囲の環境によって、たとえば温度差と湿度の関係で、骨壷内の水滴が溜まって出来たものと思います。
この二つの考え方が一緒になって、水に変化すると考えてしまったものと思いますが。


(つづく)


スポンサーサイト
[2013/05/21 16:14] | 宗教 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘春の終わり’の風景(その1) | ホーム | ‘拝み墓’>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/532-5e4e6d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2