夜の芸術作品!
2013年05月24日は、満月に近かった。月の写真を撮ってみようと思って、カメラを持って23時半過ぎに外に出てみた。

月は、ほぼ真ん丸で、煌々と辺りを照らしている!

画像ー134 363-1-2
2013年05月24日23:41

画像ー134 391-2
2013年05月24日23:46
月だけを望遠で撮ってみると、ほぼ満月に近い。

画像ー134 390-2
2013年05月24日23:45
これは、月そのものに‘焦点’を合わせて・・・。ちょっとピンボケ!

さ~て、ここからが、‘夜の芸術作品’作製の‘カラクリ’である!

画像ー134 382-2
2013年05月24日23:44
月明かりだけで、‘オオキンケイギク’(遂に、名前を覚えてしまった!??)を撮ってみたのがこの画像である。これでは、写真としての価値もないから、ましてや‘芸術作品’にはなり得ない!ところが、ところがである!!

画像ー134 382-1-2-2
2013年05月24日23:44
PCで無理やり処理して見ると、面白い画面が出て来た!

画像ー134 384-2
2013年05月24日23:44
同じ被写体を、今度はフラッシュ撮影すると、ピントもぴったり! しかし、こんな‘ふつー’の写真なんてダ~レも見向きもして呉れないに違いないが、一つ上の画像なら「何?これ?」と立ち止まって呉れる(に違いない!?)。

画像ー134 365-3
2013年05月24日23:41
これは、ふつーのフラッシュ写真であるが、フラッシュなしの画像をPC処理すると、・・・

画像ー134 364-3
2013年05月24日23:41
こんな風にまるで‘ルノアール’が‘オオキンケイギク’を描いたら、こんな風になる!と思わせるではないか!? 因みに、ルノアールの「ばら」は、以下の画像。

ap0021.jpg
http://gallerysai.com/SHOP/aps1021.html
印象派最大の巨匠の一人ピエール=オーギュスト・ルノアールの作品。ルノアールは人物を描く練習に花を描いたという。モデルが居る緊張感なく色々と試みることが出来るからだと。

画像ー134 385-3
2013年05月24日23:45
同じように、我が家の玄関前の深夜の様子を月明かりだけで撮影すると、こんな風に‘真っ暗闇’としか写らないが・・・

画像ー134 385-2
2013年05月24日23:45
PCで処理すると、やはり‘誰かさん’が描いた‘芸術絵画’(?)に見えてくるから不思議である!

画像ー134 386-2-2
2013年05月24日23:45
フラッシュで撮影すると‘ポイ捨て’写真になり下がってしまうのである。

つまり、同じ‘風景’なり‘静物’や‘花’を描いた場合、その‘処理の仕方’で、一方は‘芸術的’価値ありと判断されるが、そうでない場合は‘ポイ捨て’となってしまうという皮肉な結果となってしまう。

そしてまた、その作品自体を盛り上げる効果は、‘額縁’にもある!
これは、人間の場合‘服装’や‘衣装’に当たる。

それぞれのPC処理写真を‘額縁入り’芸術作品にしてみた!

先ずは、上の‘ルノアール’の花の作品の額縁から、ど~ぞ!

aps1021.jpg
http://gallerysai.com/SHOP/aps1021.html
ピエール=オーギュスト・ルノアールの作品「ばら」

続いて、PC処理の‘額縁’入り作品。

額縁絵画ー30001-2
PC処理・<額縁作品No.1>「夜のオオキンケイギク」
額縁:http://blog.goo.ne.jp/poodle_001/e/b6a145abe936284b54cce23e07b88172

額縁絵画-50001-2
PC処理・<額縁作品No.2>「夜のオオキンケイギク作品2」
額縁:http://torilogy.exblog.jp/7035536

額縁絵画ー20001-2
PC処理・<額縁作品No.3>「千沢、5月の満月煌々」
額縁:http://torilogy.exblog.jp/7035536

額縁絵画ー40001-2
PC処理・<額縁作品No.4>「満月」
額縁:http://torilogy.exblog.jp/7035536

額縁絵画-10001
PC処理・<額縁作品No.5>「夜の静寂(しじま)」
額縁:http://www.art-ogaki.jp/archives/tag/o-da-fure-mu

これからも機会があったら、こんな‘お遊び’もやってみたら案外新発見があるかもしれないから面白い!

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/05/25 14:14] | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<13戦全勝同士の対決の意義 | ホーム | 第24回 Techno-bridge商品開発・材料総合研究会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/538-93105c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2