FC2ブログ
「今日で5月も終わり」=「明日から夏の始まり」
今日で、5月が終わる。ということは、今年の春が終わり、明日から夏という事である!

‘収穫の秋’とは言うが、‘収穫の初夏’だとか‘収穫の晩春’という表現は、余り聞かない。

しかし、実際には今の季節に‘旬’なものがある。特に野菜は、ほとんどと言っていい程‘ハウスもの’が出回るから野菜で季節を感じることは無くなったが、ハウスで作らない野菜もある!

その代表が‘玉ねぎ’である! ‘玉ねぎのハウス物’はない。何故か?ペイしないからである。何故ペイしないのか?
答えは簡単である。それはハウスの面積に対して玉ねぎの収穫量が少な過ぎるからである。ハウスの地面の単位面積に対して収穫量を上げるには、空間に実る野菜・果物が基本になる。

ハウス物の代表格である‘トマト’、‘キュウリ’、‘ナス’皆根っこは地中にあるが‘収穫物’は空間に在って、根っこの面積の何十倍もの量を収穫出来るのである。

しかし、‘玉ねぎ’は根っこの部分面積以上の量の収穫はない!

従って、ハウス内の面積以上の量の収穫が無いから‘ハウス’の維持に掛かる‘燃料代’を考えると経済的に効率が悪い。従って、玉ねぎは、全て‘露地物’と決まっている。

従って、野菜の中で季節を感じるのは、‘根っこ野菜’のみである。玉ねぎの他には、ねぎや大根やレンコンやゴボウなどであるが・・・。

さてさて、いつものように前置きが長くなったが、春の終わりの‘玉ねぎ’が手に入った! カミサンが今日お友達から貰って来たのである。

画像ー139 208-2
2013年05月31日 ウサギは多分‘玉ねぎ’は好物では無い筈(?)だが、そばに置き物があったからご一緒して戴いたというだけである。

画像ー139 211-2
実にいい姿をしているではないか! 自然からの春の贈り物の王様である! 瑞々しくて、ハチ切れそう!

そして、私の玉ねぎレシピの最高位は、‘かつぶしサラダ’なのである!

0514saradata.jpg
http://www.akazake.com/recipe/1425.html
何とかして、‘市場を通さない’玉ねぎを手に入れたいと願っていたが、それがカミサンの‘ご友人様’が下さったのである!‘ラッキー’とはこのことである。思った通り、美味さ‘抜群!’こんな素晴らしい春の贈り物はない!

第2位は、輪切りの天ぷら第3位は、麩と同時投入される味噌汁。ここまでが上位ベストスリー!

玉ねぎ 輪切りの天ぷら
http://rokko.at.webry.info/201009/article_19.html
玉ねぎの輪切り天ぷら ‘垂れ(?)’は、レモンに‘塩’、これがいい!

玉ねぎの天ぷらには、もう一つ‘リング揚げ’があるが、私は‘絶対に’輪切り派である!リング揚げの場合、‘揚げに使った油’分が多過ぎる。そのことから言えば、輪切りの場合玉ねぎの持つ水分量と油分の比率が丁度良くなるのである。

従って、‘輪切り天ぷら’の場合、玉ねぎから出て来る玉ねぎ本来の‘玉ねぎの汁’、お判りですか?‘玉ねぎの汁’ですゾ!この甘ったるい玉ねぎのジュース、これが適当な油の量と渾然一体となった時の美味さ!これが最高なのである!

玉ねぎと麩の味噌汁
http://fishchips.exblog.jp/m2008-06-01/
玉ねぎと麩の味噌汁

この二つは明日が実行日である! この3つとも、とも思ったが、楽しみは取っておくのもいい。そんな訳で、春の終わりの本日は、この‘かつぶしサラダ’のみで我慢することにしたのだが、‘大満足!’であった。

そして、今年の夏の第一日目の夜の惣菜は、これら‘ベスト3’が全部出揃うという訳である!

‘ご友人様’有難う! 39!(‘Thank you!’の積り)感謝! 謝々!

持つべき‘よき友’として、第一に‘物くるる友’と兼好法師も‘徒然草’第117段にそう書いている。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~mind/knowl
edge/japan/tsuredure035.html

徒然草

[古文]

第117段:友とするに悪き者、七つあり。一つには、高く、やんごとなき人。二つには、若き人。三つには、病なく、身強き人。四つには、酒を好む人。五つには、たけく、勇める兵。六つには、虚言する人。七つには、欲深き人。

よき友、三つあり。一つには、物くるる友。二つには医師。三つには、知恵ある友。

[現代語訳]

友とするのに悪い者には、七つの人がある。一つ目は、身分が高くて高貴過ぎる人。二つ目は、若い人。三つ目は、病気知らずで身体が強い人。四つ目は、酒を好む人。五つ目は、気が荒くて勇敢な兵士。六つ目は、嘘つきな人。七つ目は、欲深い人である。

良き友には、三つの人がある。一つ目は、物をくれる友。二つ目は、医師の友人。三つ目は、知恵のある友である。



あすの夜が待ち遠しい!

(つづく)

スポンサーサイト



[2013/05/31 23:58] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘定点観測’の意義 | ホーム | ‘春の終わり’の風景(その3):‘はせを’の句とその後の早苗の成長は?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/543-64834c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2