イヤホーンの進化
100円ショップで、‘新しい’イヤホーンを見つけた!

これまでのイヤホーンも随分工夫がされて段々良くなってきたと感じてはいたが、今回‘発見’したイヤホーンは、特に優れているように思える。

何処が優れているかと言うと、これまでのイヤホーンは、長時間、例えば5,6時間も耳に付けておくと‘内耳’の表面が多少‘炎症’を起こして痛くなってしまう傾向にある。

画像ー144 024
左から2番目の白っぽいイヤホーンが今度‘発見’した‘痛くならない’イヤホーンである。あとの3種類は、それぞれ、それ独自の工夫がなされてはいるが、長時間の使用には耐え得ない代物である。

それでは、何処がどう違うのか?、一体どんな工夫がなされているのか?について、写真を使って説明する。

画像ー144 027
耳に入れる部分が、‘柔らかい’そして‘薄い’そして、ここが大事なのだが‘反転出来る’プラスチックが使われているのである!

画像ー144 025-2
右側のそれが‘反転した’場合の画像である。

画像ー144 025-3
反転したところをクローズアップしてみた。反転出来る‘耳あて’の部分は極めて薄くて柔らかい。そして‘弾力性’に富んでいる。

画像ー144 106-2
反転した場合の様子を角度を変えてみるとこのようにおわん形になっている!

画像ー144 101-2
これを装着出来るようにするには、元に戻さねばならない。元に戻す場合、こんな状態になることがあるが、直ぐに正常状態に戻すことが出来る。

画像ー144 104-2
正常状態に戻ったところ。

画像ー144-2
これを横から見てみたのがこの画像で、この状態で耳に装着出来る、と言う訳である。

毎日、私はこのイヤホーンを耳に付けたままラジオを聞きながら眠ってしまうのであるが、寝返りを打っても耳に負担はないし、朝起きて耳の痛みを感じたことはない!

技術の進歩の第1段階は、イヤホーンの場合で言えば、先ず音質がいいという事であろうが、次には人間の耳に負担をかけないという事であろう。この段階の研究を‘人間工学’という範疇に特別に入れて技術の進歩を図ろうとしている。

例えば、神社や仏閣に参ろうとする場合、‘階段’の造りが如何にも悪いところがある。人間が歩く様子を無視している場合である。こんな状態を「この階段は人間工学を無視している」と表現する。

ということで言えば、‘新発見の’イヤホーンは「正に人間工学を極めた」イヤホーンと言うべきなのであろう!

いよいよ‘100円ショップ’にもこんな素晴らしい‘技術’の粋を集めた商品が出始めた!

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/06/09 23:56] | 技術の進歩 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<長寿の心得と100歳以上の高齢者数と平均余命 | ホーム | 我が家にも‘スマホ’が遂にやって来た!<マル秘物語>>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/553-3d44d9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2