陽子線治療及び重粒子線治療とそれらの設備:(その1)背景
最近の保険は、「先進医療保障付医療保険」というのが普通になって来た。しかも、1,000万円~2,000万円まで保険料を支払ってくれるという‘途方もない巨額’の保障付き保険である!

index01t_h1.jpg
http://direct.metlifealico.co.jp/campaign/cm/index23a.html?
BannerCode=JW1EW2&SemCode=ggl&Page=campaign/cm/index23a
.html&s_kwcid=TC|22430|%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B3%20%E
5%85%88%E9%80%B2%E5%8C%BB%E7%99%82%E4%BF%9D%E9%99%BA||S
|b|15339386626


この広告でもお判りの通り、「先進医療保障付医療保険」を付加するのに、月々わずか‘107円’という安さである!これは一体どういうことなのだろうか?

その前に、最先端医療とはどんな医療のことを指すのだろうか?

最近はTVコメンテイタ―としてご活躍の作詞家・なかにし礼氏が‘陽子線治療’をされて、食道癌から回復され現役に返り咲かれた話題はほとんどの国民が知っている!

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-new
s/news/20120911/enn1209111537009-n1.htm

なかにし礼が受けた“陽子線治療”とは?280万円のがん治療法
2012.09.11

なかにし礼氏
食道がんを克服した なかにし礼さん

 食道がんで今年3月から休養していた作詞家で直木賞作家のなかにし礼さん(74)が、手術を受けずにがんを克服して話題を呼んでいる。放射線治療のひとつである先進医療の陽子線治療を受けてがんが消滅したという。10月には現場復帰できるほどに回復。決め手となった陽子線治療とは何か。最前線の専門医に話を聞いた。

 なかにしさんの食道がんは、「初期から進行した状態」だったという。基本的には手術が適用となる症状だが、27歳と54歳で心筋梗塞を患ったなかにしさんは手術に不安を抱えていた。

 今年7月に刊行した著書『人生の教科書』(ワニブックス)で〈現在の日本における“切らずに治すがん治療”の全知全能にかけてみようと決心した〉と告白。陽子線治療を受けることを決意したという。

 治療は成功。10月1日には、コメンテーターを務めるテレビ朝日系「ワイド!スクランブル」に復帰するという。

 陽子線は放射線の一種だが、普通の放射線治療とどう違うのか。筑波大学陽子線医学利用研究センターの櫻井英幸センター長が説明する。

 「通常のX腺の放射線は、身体を通り抜ける性質を持つが、陽子線は決められた場所にピタリと止まることができるため、がんをくり抜くように治療ができる。つまり、1カ所に固まっているがんに有効なのです。広い範囲や全身にがんが散らばっているような状態は、陽子線治療の有効性を発揮できません」

 固まったがんであれば、たとえば15センチ程度にまで大きくなった肝がんも治療が可能だそうだ。

 同センターで陽子線の対象となっている病気は、肝がん、前立腺がん、肺がん、食道がん、頭頸部がん、脳腫瘍など多様。ただし、胃がんは対象外。胃は不規則な動きをするため放射線で狙いづらく、胃の粘膜を傷つけてしまうそうだ。

 大腸がんはケース・バイ・ケース。いずれにしても、1カ所に留まっているがんが対象だ。

 「体力の問題や何かしらの問題で手術ができない場合などに、ひとつの選択肢として、陽子線治療を検討されてはいかがでしょうか。陽子線治療は『痛くもかゆくもない治療』といわれています。お仕事をしながら治療をされている方も、多数いらっしゃいます」と櫻井センター長はいう。

 ちなみに、1回の照射時間は3~5分程度。位置の確認などを含めて15~40分程度。月曜から金曜日まで週5回連日行われる。病態によって10回で済む人もいれば、30回の人も。なお、治療中に皮膚が日焼けをしたようになる副作用がある。

 陽子線治療は先進医療と認められているが、保険適用ではない。陽子線の技術料は自己負担で約240万~280万円(施設によって異なる)。民間の保険商品の中には、「先進医療特約」でカバーできるものもある。

 治療が受けられる施設は限られていて、全国で7施設しか導入されていないのが現状だ。

 関東では、筑波大学陽子線医学利用研究センターと国立がん研究センター東病院、関西では兵庫県立粒子線医療センター、福井県立病院陽子線がん治療センター。ほかに北海道、静岡、鹿児島に1カ所ずつ。

 「施設によって治療内容や治療方法、対象となる病気が異なることがあります。筑波大学では、個別に患者さんを診察して、陽子線治療の有効性が考えられる場合には、治療をさせていただいています」(櫻井センター長)

 最新がん治療の有効な選択肢のひとつが、なかにしさんの回復で、ますます注目されそうだ。


さて、‘先進医療’とは、どんな技術を指すのだろうか? 厚労省のHP( http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan03.html )によれば、 平成25年6月1日現在で

第2項先進医療 【先進医療A】 (65種類)
第3項先進医療 【先進医療B】 (42種類)


であり、約100種類強の医療技術が先進医療と指定されている。

陽子線治療・限局性固形がん・放射線の一種である粒子線(陽子線)を病巣に照射することにより悪性腫瘍を治療する。

重粒子線治療・限局性固形がん・重粒子線(炭素イオン線)を体外から病巣に対して照射する治療法。

として取り上げられている。

今回は、特に‘がん治療’に焦点を合わせて、この二つの治療方法と効果について調査した。

先ずは、その背景から・・・。

(1)今何故、陽子線・重粒子線治療が脚光を浴びているのか?

それは、その治療回数の実績とその効果が実証されつつあるからである。

Yahoo!保険 - プロがお届け! お役立ちコラム“勘違いが多い先進医療~その2 先進医療の技術料ランキング”0002-2
http://insurance.yahoo.co.jp/column/pro/life/121225_plife.html
(註:上記資料中の‘人口括約筋’→‘人工括約筋’が正しい!)

この引用資料からもお判りの通り、先進医療技術の内、圧倒的な実績を誇っているのが、陽子線と重粒子線治療である。その効果の評価については統計が採りにくいことはご存じの通りである。治療後何年間生き延びられるか?については、そのデータがなかなか集計出来ないからである。でも、高額治療費にも拘らず治療回数がお多いということは、この治療こそ癌治療における‘救世主’として認知されつつあるという裏付けと言えるに違いない!

粒子線治療施設の全景模型
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/blog/nozaki/201001/513143.html
粒子線治療施設の全景模型

陽子線治療施設
http://www.scchr.jp/youshisen/about/souti.html
陽子線治療施設

このように膨大な予算が無ければ、施設の建設は出来ない!

次回は、その建設予算の実態及び治療の進行具合についての調査結果を報告したい!

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/06/22 11:06] | 健康と医療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<陽子線治療及び重粒子線治療とそれらの設備:(その2)実際の施設建設費及び今後の建設予定 | ホーム | 日本物理学会・会長/副会長の選挙方法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/566-4be42bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2