FC2ブログ
7月11日は、何の日?
「7月11日は、何の日?」

と聞かれて、咄嗟に出た答えは、

「セブンイレブンの日!」

聞いた方は、‘真珠記念日’という答えを期待していたが、‘セブンイレブン’という答えは考えもしていなかったために聞いた方が‘驚いた’という話を聞いたことを毎年7月11日が廻って来ると想い出す!

以下の引用文献にある通り、セブンイレブンの設立が昭和48年(1973年)だそうだから、今年でナント‘40周年’である!

その当時のキャッチフレーズは、たしか

「セブンイレブンいい気分、開いてて良かった!」

だったと思う。

勿論、今日では24時間営業であるが、当時は

「朝7時から、夜11時まで」

だから、セブンイレブンだったのである!

http://www.sej.co.jp/sej_case/
logo_sej_274x57.gif

会社概要
名称
株式会社セブン-イレブン・ジャパン
住所
〒102-8455東京都千代田区二番町8番地8
電話番号
03-6238-3711 (代表)
代表取締役会長
最高経営責任者(CEO)
鈴木敏文
代表取締役社長
最高執行責任者(COO)
井阪隆一

設立
昭和48年11月20日
資本金
172億円
従業員数
6,070人(平成25年2月末現在)
平成25年2月期実績
(単体)
・チェーン全店売上高
(国内)
3兆5,084億4千4百万円
・営業総収入
6,175億5千9百万円
・営業利益
1,867億6千万円
・経常利益
1,941億4百万円
・当期純利益
1,124億4千6百万円
・店舗数(国内)
15,072店



日本全国に、何と‘15,000以上’ものチェーン店舗がある!

img_1576307_48716426_0.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/tommiejunior1023/48716426.html

そして、セブンイレブンに限らず、コンビニは、進化し続けている。例えば、7-11の場合の次の進展は:

① 病院へのコンビニ 出店
② 学校へのコンビニ 出店
③ 企業へのコンビニ 出店
④ 行政機関(市役所・官公庁など)へのコンビニ 出店
⑤ ビル・複合施設へのコンビニ 出店
⑥ エキナカへのコンビニ店 出店

がどんどん増え続けるという‘進化’である!

我々が住んでいる千葉県茂原市での‘コンビニの特長’は、‘駐車場’の広さが売り上げを決める!と言わんばかりに駐車場が広い!

先般も地元で‘セブンイレブン’が移転してその跡地というより建屋そのものを活かして‘歯医者さん’が開業した。
移転した先は、同じ通り(国道128号線)の駐車場が5倍もあろうかという場所である。

国道は大型輸送車が通るから、駐車場が狭いと大型車は駐車が出来ないから、7-11が引っ越しをしたのである!

都会では、駐車場に広さは、却って経営を圧迫する。土地使用料金が高いからである。

さて、ここまでの知識に間違いがあることはないのだが、‘セブンイレブン’は、‘純日本製’かどうかを確かめるために、やはり‘Wikipedia’を見てみると、‘日本が発祥地’ではなかった!

残念ながら、私の‘認識の甘さ’だった。イト―ヨーカ堂の鈴木敏文氏の発想で出来たものとばかり思っていたが、違っていた!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%96
%E3%83%B3-%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%96%E3%83%B3

セブン-イレブン(英: 7-Eleven)とは、アメリカ合衆国発祥のコンビニエンスストアである。日本におけるコンビニエンスストア最大手であり、チェーンストアとしても世界最大の店舗数を展開している。日本ではセブンアンドアイグループの持株会社である、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの子会社である株式会社セブン-イレブン・ジャパン(英: Seven-Eleven Japan Co., Ltd.、SEJ)が展開している。
コーポレートスローガンは「日本のおいしい食卓へ。近くて便利、セブン-イレブンです。」。

概要[編集]

発祥の地は米国のテキサス州オーク・クリフである。アメリカ南部の氷の小売店から始まった。電気冷蔵庫が普及する前、どこの町にも氷店はあったが、1927年[1]にセブン-イレブンの前身であるサウスランド・アイス社はサービス向上のため週7日/16時間営業を始め、さらにパンや牛乳なども置くようになった。1946年に現在の名称を用いるようになる。1973年(昭和48年)、日本のイトーヨーカ堂がライセンス契約を受け、日本でサービスを開始する。1980年代になって米国セブン-イレブンは経営不振に陥り、1991年(平成3年)に経営破綻したことでイトーヨーカ堂に買収された。

名称はアメリカ本土では当初、朝7:00から夜11:00(23:00)まで営業していたことに由来している。1963年にラスベガスとダラスで24時間営業を開始し[2]、現在では24時間営業が多い。日本でも以前はこの時間帯で営業している店舗も多数あったが、現在は一部を除いてほとんどの店舗が24時間営業となっている。
開業当時から2010年(平成22年)までのコーポレートスローガンは「セブン-イレブン いい気分!」で、以前は「セブン-イレブン いい気分!」の後に「あいててよかった」と続いていたが、1990年代には「あいててよかった」の一言が消滅している。本家アメリカでは「Thank Heaven, Seven Eleven」[3]であり、やはり韻を踏んでいる。
小売店業界の中では、利益率と成長率ともに非常に高い。その利益の源はフランチャイズ店の展開により、加盟店の個人事業主よりロイヤリティを徴収する形で高い利益率を誇っている。

2005年(平成17年)9月1日、イトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパン、デニーズジャパンの3社で持株会社「セブン&アイ・ホールディングス」を株式移転により設立して経営統合を行った。


1893年(明治26年)7月11日、実験中のアコヤ貝の中に半円真珠が付着している貝を発見。肝心の‘真珠記念日’については明日の記事で!

pc_jp_index_ph01.jpg
http://www.mikimoto.com/jp/

(つづく)

スポンサーサイト



[2013/07/12 23:35] | 学習と文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘真珠記念日’について | ホーム | またまた「ナニコレ‘珍百景’」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/590-8554d1d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2