FC2ブログ
君子蘭の花は光(太陽)の方向を向く
ひまわりの花が太陽を追随する言うのは、きちんとした観察からそうでもないとの答えが正しそうである。

i336z1abひまわり
http://www.hagakie.jp/himawari3.htm

ひまわりの「花」は太陽に向かって回転していない
ひまわりは漢字で「向日葵」…つまり、「日を向く花」と名づけられています。
また、英語でもサンフラワー、太陽の花と名づけられています。
このような事からわかるように、ひまわりと言う花は、太陽に向かって回転しているようなイメージを持たれています。
が、実際によく観察してみると、別に太陽に向かって回転するなんてことはありません。
では、何故このように思われてしまったのでしょうか?
実は、ひまわりの「花」は太陽に向かって回転しませんが、つぼみや、茎が若いときには太陽の後を追いかけるようにして動くのです。
つまり、開花する前の若い時期には、太陽の動きに合わせて動き、
夜になるとそっと方向を変えて太陽が出てくるのを待っているのですが、開花後は自由気ままな方向を向くのです。
決して、ひまわりの「花」が太陽の方向を向いて回転することはないのです。

http://freett.com/kiguro/z-seibutu-02.html#himawari

窓辺に寒さ避難をしている我が家の‘君子蘭’は、やはり春を感じて2月の初め前後から蕾が膨らみ始め、花が咲きだした。よ~く観察していると、光(太陽)に向かって花が開いている。

画像-2 081
画像-2 081 posted by (C)mobaradesu

画像-2 089
画像-2 089 posted by (C)mobaradesu

直ぐ上のこの写真は、外に回って太陽の方向から撮ってみた。明らかに太陽(光)の方向を向いている。

画像-2 096
画像-2 096 posted by (C)mobaradesu

直ぐ上のカーテンが下りている夜の写真を見ても花は窓辺を向いたままである。この君子蘭の花が本当に‘花になった後’にでも、太陽(光)の方向を向くかどうかを調べるには‘鉢を180度回転’させてみて、その様子を窺えばよい。

しかし、この君子蘭の花が太陽の方を向いて咲いているには、‘それはそれは深い理由’があるに違いない。この花が必死で咲いている切ない努力を一日でも振り切って己の興味のためだけに180度鉢を回転させることはしてはいけないし、私には出来ない。出来ないもう一つの理由は、この君子蘭を一生懸命に育てているのは私ではなく‘カミサン’だからでもある。

それ程君子蘭は‘可憐な’花である。蘭という名が付いてはいるが、蘭の仲間ではないという。(ヒガンバナ科クンシラン属)


















スポンサーサイト



[2012/02/18 00:27] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<宇宙探査計画(その1):永久影 | ホーム | おろし大根の‘辛さ’の秘密>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/62-2b10fdc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2