イプシロンの‘打ち上げ’失敗!
イプシロンの‘打ち上げ’失敗 は、日本国中をがっかりさせた!

担当者が、開き直っている‘光景’は、北朝鮮以上の‘大バカ者!’のような気がする!

こんな時こそ‘謙虚に’頭を下げるべきである!そして、数日後に成功させたとしても‘威張る’ことなく、お騒がせしたことを謝るのが、本来の日本人の‘道徳・礼儀’というものなのであろう!

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130827-OYT1T01102.htm
イプシロン打ち上げ中止…「向きにずれ」誤検知

20130827-398144-1-L.jpg

新型ロケット「イプシロン」打ち上げ中止で記者会見する文科省の柳孝・宇宙開発利用課長(右)ら(27日午後、文科省で)=清水健司撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)が27日午後に鹿児島県肝付町(きもつきちょう)の内之浦宇宙空間観測所で予定していた新型ロケット「イプシロン」1号機の打ち上げは、カウントダウン中の発射19秒前に異常が検知され、中止された。

 ロケットを管理するコンピューターや回線にトラブルが起きた可能性がある。JAXAは原因究明を急ぎ、早期の打ち上げ再挑戦を目指す。

 イプシロンは、同日午後1時45分に打ち上げの予定だった。ロケットが正しい向きからわずかに横にずれていると地上側のコンピューターが誤検知し、点火前に自動停止した。JAXAは別の方法で確かめたが、ロケットに異常はなく、機体のコンピューターから地上のコンピューターにデータが送られる際に異常があった可能性があるとみて調べている。イプシロン開発責任者の森田泰弘・JAXA教授は、原因究明と対策、検証で最低2日はかかるとの見通しを示した。

(2013年8月27日23時55分 読売新聞)


画像ー173 001-2
こちらも、興奮の余りピンボケになってしまった!後からのニュースなのに・・・・。

画像ー173 002-2

画像ー173 003-2

画像ー173 004-2

画像ー173 009-2

画像ー173 010-2

画像ー173 011-2

画像ー173 012-2

画像ー173 013-2

画像ー173 015-2

画像ー173 019-2

画像ー173 021-2

画像ー173 022-2

画像ー173 026-2

画像ー173 028-2

画像ー173 029-2

画像ー173 031-2

画像ー173 032-2

画像ー173 036-2

画像ー173 037-2

画像ー173 041-2

画像ー173 043-2

画像ー173 047-2

画像ー173 051-2

イプシロンの打ち上げの場所は、‘鹿児島県肝付町(きもつきちょう)の内之浦’なのだが、実は、我々が住んでいる千葉県・茂原市・千沢の‘うちの裏’の田圃に建っている送電線を支える鉄塔が、夕日をエネルギーにしたロケットとなっているように見えるから不思議である!(この発想は、私ではない。私の知り合いの或る優れた‘薬剤師’さんである)

画像ー173 151-2

画像ー173 196-2

これこそ、秒読みが‘10’以下になって、正に‘点火された’状態と言える!

イプシロンは、幸いなことにロケット自身に異常はないという。

リカバリーショットに失敗したら、‘日本経済に大打撃’を与えかねない!

開発者もそんな意識を持って欲しい! 

どうか‘開発バカ’とだけは言われないように!

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/08/27 23:58] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ランキング | ホーム | ‘変態’について(その1):金属の変態>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/638-a63992b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2