定点観測:稲作の場合(その1)
ここ千葉県・茂原市・千沢地区では、4月に田植えをして8月中に刈り取る、というのが‘稲作’の場合の一般的収穫方法のようである。

現時点(2013年8月30日)では、凡そ65%位の稲刈り率のようだ。

稲の発育状況を定点観測 してみようと思い立ったのは、稲作の‘糵’(ひこばえ・孫生え)が、昨年目立ったため今年もその傾向が強いのかも知れないと思ったからである。

昨年のその様子は、弊ブログ

ひこばえ(蘖/孫生え)<2012年09月20日>
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-276.html

9月19日の夕刻、8月の下旬に稲刈りが終わった田圃を見てみた。

予測通り、ひこばえ(蘖/孫生え)現象で、何だか田植えをして3ヶ月以上たった状態のようで、稲穂までちゃんとついていて、中身も、いわゆる‘乳状’ではなく、きちんとした‘実’になりそうな雰囲気である。

画像ー53 026-2

2012年09月19日16:39 の田圃である。ここら一帯は、8月の下旬には稲刈りが終わっていた。

画像ー53 028-2

角度を変えてみていると、ちゃんと田植えをして、3か月が経った頃の様子に似ている。

画像ー53 060-2

更に近づいてみると、稲穂が付いていることが確認出来る。

画像ー53 061-2

稲穂はまだ付いたばかりで、中身が軽いと見えて、垂れ下がるまでには至っていない。上手い具合にここ数日強い夕立が毎日やって来るので‘水田’となっている。

画像ー53 047-2

この付近では、中身が重くなり始めているようだ。

画像ー53 050-2

ここのところまだ例年と違って、日中は30℃を越す日が続いている。それも異常であるが、これなら案外‘立派な米’の収穫が期待出来そうである。

今後どんなに成長するかをカメラで追ってみたい。


とある。

こんなことから、今年、この地点での‘稲作の定点観測’を始めたのである。

<0> 4月8日:まだ空気が澄んでいて、‘富士山’が見えていた!

画像ー120 056-2
2013年04月08日08:54

画像ー120 057-2
2013年04月08日08:54

画像ー120 058-2
2013年04月08日08:54


まず、田植え前の様子から・・。

<0> 4月9日&10日

画像ー121 030-2
2013年04月09日05:36
水は張ってあるが、田植えはまだである。

画像ー121 031-2
2013年04月09日05:36
同上

画像ー121 139-2
2013年04月10日16:46
まだ、耕運機で耕している区画もある。

画像ー121 140-2
2013年04月10日16:48
さあ、これから水の導入・・。

画像ー121 145-2
2013年04月10日16:49
歩いている人の服装から見て、まだ気温はそんなに高くはない。


多分、3日前に田植えが済んだ4月26日が、観測の第一日目である。

<1> 4月26日:田植えから3日後の様子

画像ー126 029-2
2013年04月26日17:08

画像ー126 031-2-2
2013年04月26日17:08

画像ー126 030-2-2
2013年04月26日17:08


<2> 5月21日:田植えから約1ヶ月後

画像ー133 117-2
2013年05月21日18:13

画像ー133 119-2
2013年05月21日18:13

画像ー133 120-2
2013年05月21日18:14

画像ー133 121-2
2013年05月21日18:14

画像ー133 118-2
2013年05月21日18:13

田植えから約一ヶ月で、もうこんなに成長している!

(つづく)

スポンサーサイト
[2013/08/30 23:54] | 農業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<定点観測:稲作の場合(その2) | ホーム | もうすぐ秋!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/641-22076e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2