FC2ブログ
これまでにない富士山の写真
昨日(2012年02月19日)或る用件があって新幹線・こだま号に乗って東京から静岡県・掛川まで行くことになった。今年の冷え込みもあって富士山はきっと裾野一杯に雪を被っているに違いないと思いながら、馬鹿チョンカメラに近い安物カメラで富士山を狙うことにした。東京からだからわざわざ進行方向に向かって右端の窓側のE席に座ったという訳である。

ところが、そろそろ富士山が見えてくる三島駅少し手前で見た富士山は、裾野一杯になんか雪もなく、おまけに雪が積もっているであろう所から頂上まで運悪く雲が掛かっている。でもこれはチャンスかもしれないと思った。

富士山を写真に収めるにはみんな誰でも思惑通りの富士山、つまり頂上がくっきりと見え出来るだけ雲が少なく、雲があったとしても裾野に少し懸っている程度か頂上だけに懸っている笠雲富士山。そして太陽の当たり方については、富士山に直接日光がまともに当たっての爽快感のある富士山。或いは朝焼け・夕焼けの富士山。又は、上空からの富士山等々である。代表的な写真を他人様のブログから拝借して以下にご紹介。こんな立派な写真を撮られる方に一度お会いしてみたい。

富士山
http://shurifujiko.ti-da.net/e2552109.html

つまり、富士山を題材にするする以上、日本一の山であるから、‘日本一美しい富士山’を俺が、私が撮ったぞ!と言いたいのである。きっと皆さん同じ気持ちであろうし、またそうでないと富士山に失礼である。

だがだがである。本日の気象状況、撮影時間帯の限定、動く新幹線の中から、そしてカメラの質と撮影者の技量等々どれ一つとってみても‘美しい富士山’を撮るにしては最悪の条件ばかりである。それじゃあ開き直って富士山には申し訳ないが、‘最も不出来な富士山の写真’を撮ってやろうと思った次第である。これは‘天の邪鬼’の言うより、もう‘ひがみ’である。

狙った場所は、新幹線の中から富士山が一番きれいに見えると言う場所、そう富士川の鉄橋である。鉄橋であるから‘鉄骨’が見えて‘当たり前だのクラッカー’と言う訳である。この鉄骨を潜り抜けての一瞬を!いやいや一瞬の‘鉄骨!を一緒にと二つの画像を狙ってみた。

画像-2 233
画像-2 233 posted by (C)mobaradesu

これは富士川鉄橋にさしかかる前の写真である。船村興産倉庫(株)の看板が見えるから、調べてみたところ、田子の浦港に注ぐ潤井川の鉄橋の上辺りで新富士駅の約1km手前である。上記の通り、昨日の富士山は残念ながらこんな富士山だった。これでは著名な富士山撮影家が撮ってもいい富士山には写りまい。丸で富士山が‘手前なんかに撮られたくない!’と言っているように見える。

さてさて、肝心の目論見である富士川の鉄橋上からの写真が以下である。

画像-2 235
画像-2 235 posted by (C)mobaradesu

目論見の一つ、‘鉄骨を写す’という狙いは見事成功したが、‘鉄骨なし’は、情けないほどピンボケでとても公開出来ない。でもでも、素晴らしいと思いませんか?富士山と鉄骨がまともに重なっている。この確率はどうやって計算するかは知らないけれど、そんじょそこらの素人には絶対に撮影出来ない写真だと思って思わず小さな叫び声を上げた。
タイトルの‘これまでにない富士山の写真’と言う訳である。多分富士山の写真で公開されたものの中には‘絶対にあり得ない’と思われる。それだけに‘貴重’な作品だと思う。でも、この写真に‘何の価値’があるか?と問われれば‘何の価値もありません!と言わざるを得ない。こんなことを合成写真で見せて喜ぶ馬鹿もいないだろうからこれは合成写真ではない。

自分がこだま号に乗って自分が写した証拠(?)写真を以下に貼りつけた。

画像-2 236
画像-2 236 posted by (C)mobaradesu

何の縁起を担いだか、7号車に乗っている。自由席だ。

画像-2 237
画像-2 237 posted by (C)mobaradesu

これは‘心霊写真’ではない。丁度トンネルに入った際に窓ガラスに映った映像である。カメラを持っているのが私である。二重に見えるのはお判りのように、ガラスの‘表・表面’と‘裏・表面’とから反射してきた‘虚像’である。
日曜日だったが、こだま号はやはり満員ではなかった。

これだけでは話題がつまらないので、ここら辺りの新幹線にまつわる話を一つ。もうご存じの方も多いと思われるが・・。それは、上りの新幹線車窓から右手に富士山が見える場所のこと。東海道本線の「阿部川駅」辺りらしい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311564823

残念ながら、この話を思い出したのは掛川駅に着く直前だった。

それでは、他人様の写真をご紹介。

11.12.17s07-08新幹線上りで富士山が右に見える場所
http://furukawa1961.hamazo.tv/c512739.html

他人様のブログからの地図をどうぞ!

上り新幹線で右側に富士山が見える場所の地図
http://tarouroom.blog89.fc2.com/blog-entry-781.html

貴重な資料、勝手に拝借しました。有難うございました。





















スポンサーサイト



[2012/02/20 12:28] | 趣味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<錦織圭選手頑張れ!・応援ブログ: ‘勝つと思うな!’(その3) | ホーム | 直方(のおがた)隕石:世界最古の隕石が福岡県・直方市の須賀神社にある!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/66-e1ebcd41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2