FC2ブログ
朝顔
‘朝顔’と聞けば、馬鹿の一つ覚えで、

「朝顔に つるべとられて もらい水」(加賀千代女)

しか、頭に浮かばない!

これも‘朝顔に’が‘朝顔や’という説もあって、‘に’か‘や’か? この深層は知る由もなかった!

今や、インターネットという手段を使えば、ど素人にも‘アッと言う間に’その疑問が或る程度解消される時代となった!

その前に、なぜ、今10月の中旬なのに‘朝顔’なのか?

カミサンが、今日(2013年10月18日)先程(午後3時過ぎ)、何か口走りながら2階から大急ぎで降りて来たのである!

「歳をとると、何か判らない‘独り言’を言うようになったね?!」

と言ったら

「そちらの‘耳’がおかしくなったんじゃぁありませんか?」

という。

まあ、この‘議論’は後日するとして、

「朝顔、あさがお、・・・」

と言っている!

「朝顔が、‘咲いた’のよ!」

ということらしい。

朝顔は種を撒いておけば、そりゃあ‘咲く’に違いないと思いつつも、何でこんな晩秋(?)になって? と不思議だった!

携帯で、一生懸命撮ろうとしている!

何故?

今や、情報は‘ハードコピー’(写真)で見せ合う時代ではない!

‘画面’で見せ合う時代に変わってしまっているのだ!!

そんな訳で、お友達と情報交換するには、どうしても自分の携帯に‘画像’を入れておく必要がある、ということらしい。

画像ー182 213-2
その一生懸命の‘お姿’も記録に残来させて戴こう!

画像ー182 215-2
携帯が、‘にゅ~っと’出ている!

DSC_0300-2.jpg
カミサンは、今咲いている花が‘一番最初’と思っていたらしいが、実は、向かって左に既に咲いて萎んでしまった花が写っている!

DSC_0301-2.jpg
接写!

DSC_0299-2.jpg
更に接写拡大! 実に清々しい‘朝顔’が撮れた! これが、この品種の‘旬’かどうかは知らないが・・・。

明日以後も咲くのだろうか?

さて、加賀千代女の俳句 に戻ると、WEBでの検索の結果、次のようなことであることが判った!

① 最初は‘グー’ではなくて、朝顔‘に’だったが、後に朝顔‘や’に変わった!

② 「起きてみつ寝てみつ蚊帳の広さかな」が千代女の句として広く流布しているが、実は千代女の作ではなく、彼女以前に元禄時代の浮橋という遊女が詠んだ句である。

③ 一茶が引用した「蜻蛉釣り今日は何処まで行ったやら」の句も、生涯1,700余りの句の中になく伝説と見られる。

これらの検証をやる積りはないから、そのまま受け取るべきだろうと思う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%B3
%80%E5%8D%83%E4%BB%A3%E5%A5%B3

加賀千代女(かが の ちよじょ、1703年(元禄16年) - 1775年10月2日(安永4年9月8日))は、俳人。号は草風、法名は素園。千代、千代尼などとも呼ばれる。
朝顔を多く歌っていることから、出身地の松任市(現・白山市)では、市民への推奨花の一つに朝顔を選んでいる。白山市中町の聖興寺に、遺品などを納めた遺芳館がある。

生涯[編集]

加賀国松任(今の白山市)で、表具師福増屋六兵衛の娘として生まれた。一般の庶民にもかかわらず、幼い頃から俳諧をたしなんでいたという。
12歳の頃、岸弥左衛門の弟子となる。
17歳の頃、諸国行脚をしていた各務支考が地元に来ていると聞き、宿に赴き弟子にさせてくださいと頼むと、「さらば一句せよ」と、ホトトギスを題にした俳句を詠む様求められる。千代女は俳句を夜通し言い続け、「ほととぎす郭公(ほととぎす)とて明にけり」という句で遂に支考に才能を認められる。その事から名を一気に全国に広めることになった。

結婚したか否かについては説がわかれている[1]。結婚説では1720年(享保5年)、18歳のとき金沢の福岡某(一説に金沢大衆免大組足軽福岡弥八)に嫁ぐが、20歳の時、夫に死別し松任の実家に帰ったとする。結婚に際して、「しぶかろかしらねど柿の初ちぎり」という句を残したという伝もあるが、しかし「しぶかろか」の句は千代女の句集になく、結婚経験があるかどうかも確証はない[2]。
30歳の時、京都で中川乙由にあう。画を五十嵐浚明に学んだ。52歳には剃髪し、素園と号した。72歳の時、与謝蕪村の『玉藻集』の序文を書く。1775年(安永4年)、73歳で没。辞世の句は、「月も見て我はこの世をかしく哉」。1,700余の句を残したといわれている。

誤説[編集]

「起きてみつ寝てみつ蚊帳の広さかな」が千代女の句として広く流布しているが、実は千代女の作ではなく、彼女以前に元禄時代の浮橋という遊女が詠んだ句である。
一茶が引用した「蜻蛉釣り今日は何処まで行ったやら」の句も、生涯1,700余りの句の中になく伝説と見られる。
句集[編集]

「四季帖」
「千代尼句集」
「松の声」

代表的な句[編集]

朝顔に つるべ取られて もらい水(35歳の時に、朝顔や~ と詠み直される)
月も見て 我はこの世を かしく哉

220px-Caga_no_Chiyo_standing_beside_a_well.jpg
朝顔や つるべ取られて もらい水(歌川国芳画):確かに‘や’になっている!


俳句の場合、‘推敲’が重ねられると変わり得ることがあるそうだから、馬鹿の一つ覚えを主張し過ぎない方が良い!

芭蕉の句だって、

「五月雨を 集めて速し 最上川」は、元々

「五月雨を 集めて涼し 最上川」という‘挨拶句’だったことは有名であるし、

「古池や ・・・・」だって、色々あるらしいから・・・。

(つづく)
スポンサーサイト



[2013/10/18 23:37] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘朝顔’の句への子規の評価 | ホーム | 台風26号(その2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/682-84927bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2