FC2ブログ
NHK・小さな旅(2013年10月20日放映)<その1>
日曜の朝8時、可能な限り必ず欠かさず見るTV番組がある。

それは、NHKの‘小さな旅’という番組である。この番組の紹介には、‘首都圏’を付けなければならないらしい!
何故って? それは、全国版ではないから、らしいのだ。

そう言えば、多少の例外を除いて、訪ねるところは首都圏が多い。

でも今回(2013年10月20日)の訪問地は瀬戸内海である!例外なのだろうか?

私は、数年前に四国・愛媛県新居浜市に勤務したことがあり、その時の資材の仕入れ先が岡山県だったこともあって、今回の‘小さな旅’の‘主人公’(??)である‘宇高連絡船’には何度も載せて貰った経験がある。

それだけに、何だか‘親戚の伯父さん’に出会ったような気がした!

昔は、‘宇高連絡船’という呼び名だったために、そう書かせて貰ったが、現在は、「四国フェリー・瀬戸内‘宇高航路’」というのが正式な呼び名のようである。

今回の取材は、下の地図に示された瀬戸内海の一帯である。

map_20131021235701b76.jpg
http://www.nhk.or.jp/kotabi/

瀬戸内海、岡山県宇野と香川県高松を結ぶ宇高航路。
瀬戸大橋の開通により、連絡船は廃止されたが、今も1日44便のフェリーが運航、地元の大切な足となっています。 1日に500艘(そう)の船が横切り、海上交通の要衝として知られるフェリー航路では、ベテラン船長の元で20代の船員が技術を学びます。また連絡船の元船長は、思い出を切り絵で残します。航路周辺の海にはタイやエビの漁を営む漁師がいます。航路の風景とともに生きる人を訪ねる旅です。


今回の旅での取材は上記の通り、次の3つから成り立っている。

① 四国フェリーの乗務員の日常とそれを支える組織と人達

② そのフェリーの元船長さんが、切絵でその思い出を・・・

③ この海峡で世界一の鯛やたこを獲る漁師

先ずは、

① 四国フェリーの乗務員の日常とそれを支える組織と人達

‘宇高連絡船’が廃止になって、もう岡山県・宇野と香川県・高松との連絡船は無くなったと思っている人が多い。勿論、地元の人達は知っているから、そうではないが、普段それに関わりの無い人達は、フェリーがあることに驚く。

実は私自身も四国・新居浜へ行くまではそう思っていた。

画像ー183 042-2
2013年10月20日08:00 さあ、いよいよ始まり始まり! でも、一体‘夢の航跡’の‘夢’って誰の夢?

画像ー183 044-2
このテーマ音楽がいい!もう何十年も聞き慣れているから・・。

画像ー183 046-2
背景は、岡山県!

画像ー183 049-2
正に、航路銀座! 行き交う船の多い事。上記の通り、一日500艘の船が通ると言うから・・・。

画像ー183 051-2
一度のシャッターで、何隻もの船を捕えることが出来る!

画像ー183 052-2
そんな訳で、ここの海上交通センターで‘交通整理’がなされているという。知らなかった!

画像ー183 055-2
何人もで確認しながらの‘指示’なのだろうか?

画像ー183 056-2
‘工事区域’とは何かは知らないが、この情報を‘管制官’が忘れると、それはもう大変な被害が双方に出るに違いない。やはり、極めて重要なお仕事である。この航路の船には何度も乗ったことがあるが、甲板に出て‘いい空気!’ってなことを言っていたが、その裏には安全を守って戴いている人々が大勢居る、ということだ。

画像ー183 057-2
航行中の船がどこにいるかが、一目瞭然だが、船と海上交通センターとの通信が途絶えたら、これも大事故に繋がりかねない! 無線システムの重要さが今更ながら・・・。

画像ー183 058-2
相互の通信だけでなく、監視カメラも重要な任務!

画像ー183 059-2
こちらは、岡山県の‘宇野港’。

画像ー183 062-2
乗りこみが始まった。

画像ー183 063-2
さあ、出発!

画像ー183 064-2
高松までは、凡そ一時間!この間に瀬戸内海の美しい島々が観れる!

画像ー183 065-2
いつもこの船に乗っている人達にとっては、外の景色はもう見飽きてしまっているのだろう!休息の時間という訳だ。

画像ー183 066-2
高松の学校へ通っている学生さん達にとっては、いい勉強時間でもあると言う。

画像ー183 069-2
デッキには、自動販売機も当然あるし、椅子もある。眺めは最高である。船内では‘うどん’などの軽食も販売されている。このうどんは‘讃岐うどん’だから、美味しい!(今回の放映では紹介されなかったが・・・)

画像ー183 070-2
そして、この船だけにしかない(と思われる)無料の銭湯!その名も‘土佐の湯’!何でェ~??

画像ー183 072-2
大型貨物の運転手さん達が、一時間の間に‘旅の疲れ’を流すという。この存在は知ってはいたが、入ったことはない。

画像ー183 074-2
段々高松港が近づいてきた。

画像ー183 076-2
宇高航路は地図の通り。

画像ー183 077-2
上空からの映像も撮らなくてはいけないから、この取材も大変である。

画像ー183 078-2
島影を縫って船は順調のようである。

画像ー183 079-2
上記の通り、航行する船は、時間通りに通り過ぎる訳ではないから・・・。

画像ー183 080-2
操舵室での‘目視による’航行が必要である。

画像ー183 082-2
甲板員のこの人と・・・

画像ー183 084-2
この船長さん二人が、船の命を預かっている!勿論船事態の管理の人達も必要なのは言うまでもないが・・。

画像ー183 087-2
航路に障害をきたすと判断すれば、直ぐに船を安全な方へ移動!

画像ー183 089-2
舵を元に戻せ!と船長が大声で・・・。

画像ー183 091-2
さあ、高松港に接岸。

画像ー183 092-2
目視で接岸の状況を判断。これも甲板員の彼の仕事。

画像ー183 093-2
その様子を船長に無線で伝える!

画像ー183 094-2
今度は船長の腕の見せ所!

画像ー183 095-2
無事接岸!

画像ー183 097-2
今度は、降りる人や車の交通整理。次から次に仕事が待っている!しかも、気を緩めると事故に繋がる。緊張のしっ放し、だという。

画像ー183 099-2
荷物満載の大型車が降りてゆく。さっきお風呂に入っていた人達だろうか?

画像ー183 100-2
続いて、乗客が降りて行く。

画像ー183 101-2
続いて乗用車・・・。

画像ー183 103-2
ここで船は、15~30分の休憩。

画像ー183 107-2
このお二人、学校が同じの先輩後輩の仲らしい。

画像ー183 108-2
沖には大型船が・・・。

さて、ここで‘宇高連絡船’のご紹介!

画像ー183 109-2
昭和24年に‘宇高連絡船’が、国鉄の管理下で・・・。

画像ー183 110-2
列車ごと船で運ぼうと言う計画。昭和24年と言えば、私は小学校4年生。九州の片田舎にいたのだが、まだTVもなかった時代に、この‘宇高連絡船’の‘開通’のことは知っていた!だから、今でも‘宇高連絡船’と言わないと‘ピッタリ’来ない。

画像ー183 111-2
線路を‘陸と船’でピッタリ合わせないといけないのだから、それは大変だったに違いない!だって、片っ方は‘揺れている’のだから・・。

画像ー183 113-2
上手く乗り移すことが出来るか、国鉄職員が息を飲んで見守っている!

画像ー183 115-2
上手く行けばそれから約一時間は船の旅!‘安楽車’とは、国鉄職員の発想なのだろう!

画像ー183 116-2
これが当時の‘宇高連絡船’! 何回かの悲惨な沈没事故が起こってはいるが、今回の放映では取り上げられなかった!

画像ー183 117-2
そして、四国瀬戸大橋の開通!昭和63年(1988年)

画像ー183 146-2
乗組員は、何回かの交代はあるものの、夜間の仕事もある。

画像ー183 147-2
ほとんどが船内自炊。

画像ー183 148-2
機関長さんは全くの自炊食だが、甲板員の彼は、新婚さんらしく‘おかず’は愛妻おかず持参という!

画像ー183 150-2
やっぱりこっちが美味そう!

画像ー183 152-2
彼の活力は、やはり!  それにしてもNHKさんも気を使って、そこまで取材!この取材で彼はもう一生この会社に尽すこと間違いなし!

画像ー183 154-2
これが彼の母校。

画像ー183 155-2
ここまで宣伝して貰えば言うことなし!間違いなく‘船長’さん候補!

画像ー183 158-2
また、彼の笑顔がいい!

画像ー183 160-2
正に恵まれた職場!

画像ー183 162-2
こんな素晴らしい夕日って、そんなに見られない。

画像ー183 164-2
ここで、次の話題に・・・。(その話題は明日のこのブログで)

画像ー183 195-2
夜の勤務も厳しい! 衝突事故は、やはり夜に多いとか・・。

画像ー183 198-2
無事夜の勤務も終わったようだ。ご苦労様!

画像ー183 205-2
朝日がまた昇って来た!こんな朝日も滅多に他所では見られない!瀬戸内海では、朝日も夕日も拝めるのだ。

画像ー183 206-2
今日も元気で・・・。

画像ー183 208-2
今朝は高松港からの出発!

冒頭に書かせて貰った‘夢’は、やはり甲板員の彼の‘夢’だったのだろう! 彼は、勿論夢に向かって今日も頑張っているに違いない!

(つづく)
スポンサーサイト



[2013/10/20 23:24] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<NHK・小さな旅(2013年10月20日放映)<その2> | ホーム | ‘朝顔’の句への子規の評価>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/688-0a193951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2