NHK・小さな旅(2013年10月20日放映)<その3>
NHK・小さな旅(2013年10月20日放映)<その3>

map_20131021235701b76.jpg

③ この海峡で世界一の鯛やたこを獲る漁師

瀬戸内海の‘鯛’と‘たこ’は、これはもう世界一と誰もが思っているが、その漁師さんの意見。

画像ー183 166-2
この船は、多分、漁師さんのご自分の漁のため船ではない。釣り客を乗せての漁の船である。

画像ー183 168-2
この船が、漁師さんの漁獲目的の船である。

画像ー183 171-2
もう45年もここで鯛を獲っておられると言う。

画像ー183 174-2
潮の流れが速いことが、世界一の鯛を育てるらしい。

画像ー183 175-2
さあ、網入れが始まった!

画像ー183 176-2
お一人の漁だから忙しい!

画像ー183 177-2
この真剣な眼差し・・・

画像ー183 178-2
網は徐々に海中へ・・・

画像ー183 179-2
向うには、フェリー船も見える。

画像ー183 180-2
網の挙げ時機かも?

画像ー183 182-2
さ~て、世界一の鯛は?

画像ー183 185-2
巨大な鯛が・・・!

画像ー183 187-2
これも立派な鯛!

画像ー183 188-2
たこも一緒に・・・。

画像ー183 189-2
「やはり、世界一の鯛だと思う!」

画像ー183 190-2
瀬戸内の島の岸壁では、大勢が釣りに来ている。

画像ー183 193-2
夕日が沈むころには、鯛の漁は終わる。鯛の漁は、一匹でも‘たいりょう’!

画像ー183 194-2
鯛は、夜の間に‘たこ’を食べるのだろうか?

以下は、この番組では取り上げられなかった内容である。

‘鯛とたこ’について、プロの釣り人(?)の随筆がある。

http://www.aozora.gr.jp/cards/001248/files/46791_26797.html
鯛と赤蛸

佐藤垢石

 瀬戸内海の鯛釣り漁師は、蛸の足を餌に使っている。
 これは、甚だ有効であるという話だ。しかし、東京湾口あたりの鯛が、果たして蛸の足の餌に食いつくかどうか疑問であるし、三浦半島の鴨居あたりの鯛釣り漁師に問うてみても、かつて蛸の足を餌に用いたことがないというから、私はかつて蛸の足を鯛釣りの餌に用いなかった。
 しかし、いつかこれを使ってみたいとは思っていた。ところで、数年前の初夏、上総竹岡の沖合へカズラ網の見物に行ったことがある。カズラ網というのは大仕掛けの鯛網のことで二、三百年前、紀州の漁師がこの東京湾へ持ちきたって、漁法を教えたのである。その網の権利が現在上総の湊と竹岡の間にある萩生村に渡っていて、そこの漁師が晩春から初夏へかけ、観音崎水道のあたりで、盛んに鯛を漁とっているのである。
 網の形式について、ここに説く必要はない。とにかく大仕掛けの網であるから、一網曳くと五、六百匁から二貫目近い大鯛が五、六百貫も入ることがある。一漁期に五千貫乃至一万貫もの漁があって、網漁師は福々だが、これを見て一本鈎の鯛釣り漁師は、カズラ網を仇敵のように思うのだ。
 そのはずである。一本鈎の漁師は出来よくて一日に二、三枚の大鯛が釣れるのみだ。それも運に恵まれた日で、多くは空魚籠からびくである。それに引きかえ、カズラ網の方は一曳きに五、六百貫の大鯛が入るのだから、一本鈎の漁師がカズラ網に釣り場を荒らされると思うのは当然だろう。
 私が見物に行ったときも、大鯛が網から溢れるほど入っていた。私は、七、八貫目のものを一尾買い求めた。その鯛は、湾内に居付きの、緋牡丹色した鱗光鮮やかなものではなかった。産卵のために外洋から、この湾内へ乗っ込んできたものらしく、くびと背の鱗に暗紫色の艶がういていた。
 釣った鯛と、カズラ網で捕った鯛と違うところは、尾である。釣った鯛は、くびから尾の先まで、どこにも傷がないけれど、カズラ網で捕った鯛は、尾の先がささらのように割れている。鯛は、網の片木縄に追われて逃げるとき尾端を岩根にすり当てるから、こう割れてしまうのである。こんなわけで、一本鈎で釣った鯛よりも、カズラ網で捕った大鯛の方が、三、四割方は安いのである。
 鯛を買うと、私はすぐ腹を割ってみた。それは、いまの鯛はなにを食っているかを見るためである。胃袋に一杯入っていた餌は、小型の蛸であった。飯蛸いいだこより少し大きなものだ。漁師は、これを赤蛸と称するのだと説明した。
 その後、私は手繰たぐり網で捕った赤蛸を数杯買い求めて、鴨居の鯛舟に乗り、鴨居式の鯛道具で、観音岩の五、六十尋ひろの深さの釣り場で試してみたが、とうとう赤蛸には、大鯛が食いついてこなかった。
 一度や二度の試験では分かるまい。誰か、東京湾内の鯛に、一本鈎につけた赤蛸を食いつかせて貰えまいか。
 瀬戸内海の鳴門付近の職業漁師が餌に用いるのは、足長蛸という蛸の足であるらしい。なんにしても、蛸で鯛を釣るのはむずかしいのかも知れない。自然の生活では、腹が割けるほど、蛸を貪り食うのに……。


‘蛸で鯛を釣るのはむずかしいのかも知れない’とある!

‘自然の生活では、腹が割けるほど、蛸を貪り食うのに……。’とも書かれている。

きっと、鯛は、‘生きた蛸’しか食べないのだろう!

画像ー183 215-2

3つの話題を取材して、今回の‘小さな旅’は終わった!

次回の予定は、

【10月27日(日)放送】滋賀県 沖島
びわ湖の沖合に浮かぶ、周囲6.8㎞ほどの沖島。
国内で唯一、淡水湖の中で人々が暮らす島で、330人の島民のほとんどが漁業に携わっています。
小さな島の支え合う日常をみつめます。

また、次回も楽しそう!

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/10/22 23:13] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<秋の三草? | ホーム | NHK・小さな旅(2013年10月20日放映)<その2>>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/690-20455f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2