台風と避難勧告
今日(2013年10月25日)は、27号と28号のアベック台風の進路に関東地方、特に伊豆諸島に住んでいる人達は‘ハラハラドキドキ’したに違いない!

中でも各自治体の首長さんは、台風26号の際の避難勧告・避難指示の出し方にマスコミ始め国民の批判めいた言動を気にして、一刻も早く‘警報’を出したがっているようにも思われた。

これに関して、一部マスコミは、‘首長批判逃れ’と今度は180度違う‘批判めいた’報道もなされたようだ。

中には、‘雨も降っていないのに避難勧告とは何事だ!’という‘自分は安全の中にいて’避難する人達の味方ぶった発言をするジャーナリストもいたようだが、それは全く当たっていない!

避難せねばならないかもしれないとの予測が立てば、雨が降っていなくても‘避難勧告や避難指示’は出す方がいいに決まっている!

東京都・大島の住民は既に完璧な避難体制の元に行動している。

大島町の悲惨さを教訓とすべきである!

雨が降りそうだと思って傘を持って会社に出かけたが、実際には雨は降らなかった場合、それは良しとすべきだろう!

その‘警戒心’を忘れてはならない!

私が住んでいる千葉県‘茂原市’でも、またそのお隣の‘白子町’でも、今夜の24時近くに多分‘大雨’になるだろうとの予測が立ったと見えて、有難いことに、以下のような‘避難準備情報’を相当早めに出してくれた!

いわゆる‘緊急速報’「エリアメール」ということで、その地域の携帯やスマホが一斉に鳴り出す!

画像ー184 123-2
茂原市の避難準備情報:19:00に発信・受信!

画像ー184 124-2
白子町からの避難準備情報:20:05に発信・受信!

いずれも右肩の標示時刻は、写真撮影をした時刻であって、受信した時刻ではない!

今日明日の気象情報は以下の通りとテレビ朝日が報じている。

画像ー184 133-2
‘あす’というのは、2013年10月26日のことである。

画像ー184 135-2

画像ー184 137-2

画像ー184 138-2

自然の‘力’を決して見くびってはいけない!

台風26号の際に、茂原市は大きな被害を被った!

http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20131024/CK
2013102402000144.html

台風26号 県内最大被害の茂原市 一宮川水系 進まぬ改修

2013年10月24日

台風26号では、一宮川と右側上流から流れ込む豊田川の合流地点を中心に付近一帯で川があふれた=茂原市内で
写真
 房総半島沿岸を通過した台風26号から一週間たち、県内の住宅の浸水や損壊被害は三千九百三十四棟(二十三日時点、県と茂原市まとめ)に達した。中でも茂原市の浸水被害は八百九十六棟に及び、今も二十四世帯、四十五人が二カ所の避難所で暮らす。同市では過去に二度、台風による大きな浸水被害を受け、災害救助法の適用も今回で三回目。被害を繰り返す背景には、進まぬ一宮川水系の改修と想定外という降雨があったようだ。 (佐々木香理)


img_624680_25483799_3.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/moyj0429/25483799.html

img_624680_25483799_6.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/moyj0429/25483799.html

img_624680_25483799_4.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/moyj0429/25483799.html

こんな画像がここのところ連日全国放映されたため、九州や四国からもお見舞いの電話やメールを沢山頂戴した!
有難いことである。

幸い、同じ茂原市でも我々の住んでいる千沢地区では、川の水位は上がったものの被害は皆無に近かった!

このブログを通じてお見舞いを下さった方々に謝意を表したい!

「ご心配戴き誠に有難うございました!厚く御礼申し上げます!」

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/10/25 23:55] | 気象 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<カマキリ:複眼の偽瞳孔と3つの単眼 | ホーム | 秋の三草?の名前が判った!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/693-c447665c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2