会社の有志会とその街の変貌!
今日、2013年11月22日(金)は、会社の‘有志会’を開催するので、‘古巣’へご集合願いたい旨のご案内を約一ヶ月前に頂戴していた。

その時の返事に、
「もしも、まだ寿命があれば、当然参加させて戴きたい。その時死亡していれば‘化けて’でも参加したい!云々」
と書いて返送していた。

最近は、明日何が起こるか判らない!自分自身の所為だけではなく他人様から或いは何らかの‘不可抗力’のために死亡するなんてことは日常茶飯事というところまで来ているから、油断が出来ない!

幸い今日まで生き延びているから、是非参加しようと、古巣の職場へ向かった。

入社したのは、昭和42年(1967年)4月だから、46年が経過している。入社後直ぐに‘新入社員教育’で東京・調布市の訓練施設に、多分2ヶ月ばかり入れられたから、職場に配属になったのは、6月の始めだった。
場所は、武蔵野市である。当時、住宅事情は当然今より厳しかった!

新入社員は、当然独身寮に入れて呉れるのだが、東京都の一番西で、ちょいと行けば山梨県という青梅市のそれも一番西で、今の‘JR東青梅駅’から歩けば、約40分は掛かろうと言う山奥だった!
夜21時を過ぎるとバスは、もう通わない。新入社員がタクシーという訳にはいかないから、みんな‘テクシー’だと言って夜の真っ暗な道を毎晩歩いたものである。

よくも‘暴動(?)’が起きなかったなあ、と今から思えば‘新入社員’は、従順なものである!
毎朝6時には独身寮を出なければ、武蔵野市の職場には朝8時には着けない!
新入社員が、始業時の8時半にのこのこ到着すると言う訳にはいかないからである。

高度成長時期で、中央線・三鷹駅で下車するのだが、この時の‘超満員’の凄さは、「‘カバン’は手を離しても落ちない!」くらいのぎゅうぎゅう詰めで、これは比喩ではなく本当に落ちないのである!

職場に着けば、20歳代の若者と言えど、それはもう、朝の力仕事を十分こなした後のようで休憩が必要だった。

しかし、素晴しかったのは、土曜の半ドンと日曜日である!
土曜は早く帰れば夕方には、空気の綺麗なところで夕日が拝めるし、日曜日は、そのまま‘山小屋’気分である!
この一日半で、元気は回復した!

そんなこんなの思い出が深い‘三鷹駅’!
ここ数年、いやもっと6~7年は、ご無沙汰をしていたから、やはり三鷹駅周辺の変貌ぶりには驚かされた!

DSC_0585-2.jpg
2013年11月22日16:24 JR三鷹駅北口前
懐かしい場所だから、目的地まで歩くことにした!凡そ30分の道のりである。

DSC_0587-2.jpg
長崎平和記念像を作成された北村西望のブロンズ像がJR三鷹駅北口の前にある!

3月13日-世界連邦平和像-長崎の平和記念像で知られる北村西望氏制作のブロンズ像
http://musashino-cotswolds.jimdo.com/%E3%82%80%E3%81
%95%E3%81%97%E3%81%AE365%E6%99%AF-1/%E3%82%80%E3%81
%95%E3%81%97%E3%81%AE365%E6%99%AF-%E2%85%A1/

世界連邦平和像(長崎の平和記念像で知られる北村西望氏制作のブロンズ像)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%91%E8%A5%BF%E6%9C%9B
北村 西望(きたむら せいぼう、1884年(明治17年)12月16日 - 1987年(昭和62年)3月4日)は、日本の彫刻家。本名は、北村西望(きたむら にしも)。

kitamuraseibo102.jpg
http://www.j-reimei.com/seibokanzeon.htm

日本を代表する美術家の1人であり、特に代表作である大作「長崎平和祈念像」は有名。文化勲章、文化功労者顕彰、紺綬褒章受章。日本彫刻会では彼の功績を称え、同会展覧会における最優秀作品に「北村西望賞(単に『西望賞』とも)」の名を冠している。

1953年(昭和28年) - 東京都内の井の頭公園の土地を借用して個人のアトリエを建設


DSC_0586-2_2013112422462425d.jpg
こんな高層ビルは、6~7年前にはなかった!

DSC_0588-2.jpg
この通りは、三鷹駅北口から真っ直ぐに北に向かっていて、バスの数が‘メッチャ’多いことで知られていたが、今でもその傾向は変わらない!

DSC_0589-3.jpg
DSC_0589-2.jpg
警視庁・武蔵野警察署。この玄関(入口)は、ずいぶん立派になった!

DSC_0593-2_2013112422484455e.jpg
武蔵野市役所。ここへ到着したのが、16:47だから、三鷹駅を出発して、ここまで‘23分’掛かったことになる。

DSC_0594-2.jpg
奥に見えるのが、目指す元職場!

DSC_0597-2_201311242251087c8.jpg
16:54 到着!ジャスト‘30分’である。途中の道々、あれは確か000に違いない等とその‘変貌ぶり’に感心しながら歩いてきた!我々が務めていた時代には、こんな立派な建物はなかったのだが・・・。

‘有志会’の模様は、割愛!

DSC_0611-2.jpg
20:32 三鷹駅北口へ戻って来た!帰りはみんなでバスに乗って・・・。 何と、もうクリスマス気分である!

(つづく)
スポンサーサイト
[2013/11/22 23:31] | 仰天! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<文化の日(その2) | ホーム | 私の文化の日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/720-0a627d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2