FC2ブログ
「わかちた物語」
「わかちた物語」という話はご存じないと思う。何故なら、未だ公表されていないからだ。この主人公は、昭和1桁生まれの実に真面目な研究者である。ただ欠点と言えば、少々アルコールが過ぎること。

或る晩のこと、その日もアルコールが少し入っていた。彼の住いは中野駅で降りてすぐのところにある。勤務地は武蔵野市の市役所のすぐ近くであるから、中央線・三鷹駅で下車し、バスで会社へ向かう。ご存知の方も多いとは思うが、三鷹駅の前には‘特殊な’飲み屋があって、‘ウミガメの刺身’や‘カンガルーの刺身’、‘ワニのステーキ’など普通ではお目にかかれない‘特殊料理’がメニューの中にあった。 噂によれば、今現在その店はもうないそうだ。
ウミガメの刺身
ウミガメの刺身 http://blogs.yahoo.co.jp/kkkuroyuri/52078656.html

カンガルーの刺身
カンガルーの刺身 http://photozou.jp/photo/show/2026087/107774149

ワニのステーキ
ワニのステーキ http://seiji0.blog.so-net.ne.jp/index/17

その日に彼がそこで飲んだかどうかは定かではないが、兎に角少々酔っていたという。彼はいつも通り三鷹駅で中央線の‘上り’に乗った。中野駅に向かうためだ。それからしばらく経って彼が目を覚ますと駅のホームの‘駅名看板’名が、なんと「わかちた」ではないか!

彼は驚いた。中央線に「わかちた」駅はない!彼は直ぐ跳び降りたそうだ。でも、何でもなかった。中央線の「たちかわ」駅にいたのだ。まだ脳が半分眠っていた。そして眠気眼で、駅のホームの駅名を見たのだ。

たちかわ駅ホームの看板
http://f.hatena.ne.jp/c-frappuccino/20081024231814

昭和1桁生まれの人達がまだ小学生の時には、横読みの場合「右から左へ」読むことになっていた。
アルコールの影響でついつい昔の‘くせ’が出たのであろうか?アルコールは頭脳を昔の状態に戻すのだろうか?彼もその時、「たちかわ」を右から左へ読んだのだ!(駅名の下にある緑帯の矢印?が右から読め!と言っているようにも見える) そう言えば、アルコールの入った人は必ずと言っていい程「昔は良かった!」という。やはり、アルコールは、脳みその状態を現状から過去へ引き戻すのだ!

それでは何故三鷹駅から‘上り’の電車に乗った彼が‘たちかわ’駅で目を覚ましたのか?それは彼が一旦‘上り’で東京駅まで行き、そのまま降りずに眠り込んでいたために、電車が‘下り’に変わって「たちかわ」駅まで行ったとい訳である。それにしても三鷹駅から東京駅まで約35分、再出発待ち時間5分、東京駅から立川駅まで約60分、合計100分、1時間40分彼は眠っていたことになる。いやいや、立川から東京までを2回往復した(計240分・4時間)のだ!という人まで出てきて「わかちた物語」は、未だに飲み会の‘懐かしい話題’の一つとして活きている。

ところで、駅ホームの駅名看板(正式には‘駅名標’という)の‘大きく書いてある駅名’は、昔は平仮名だったが、近年は下の写真にあるように漢字になっている。「わかちた物語」の‘事件’は、昭和50年前後の頃の話である。
その頃‘漢字’になっていたら彼も驚かなかったかもしれない。でも「川立」と読んでやはり同じだったかも?

立川駅看板
http://tirol.moe-nifty.com/blog/2010/05/2010-6d75.html

当駅名の表記は明治期以降、長らく平仮名表記が主だったが、東海道新幹線開業時の新幹線用駅名標や地下鉄の一部で、可読性の高さを理由に漢字を大きく表記するケースが現れた。さらに近年ではJR西日本、JR四国が漢字中心のデザインとしたほか、当初平仮名を主としたデザインを制定したJR東日本でも、首都圏や地方都市圏で、漢字を大きくした新デザイン駅名標への切り替えを進めている。また小田急電鉄・東京急行電鉄・西武鉄道・東京都交通局などでは一部の駅名標に中国語やハングルを併記するケースも現れている。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A7%85%E5%90%8D%E6%A8%99

‘電車事件’は、‘乗り越し’を筆頭に、‘忘れ物’事件等々面白いものが沢山ある。 (つづく)


















スポンサーサイト



[2012/02/28 23:13] | 趣味 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<拝啓千葉県知事・森田健作様 | ホーム | 今年初めての地元での‘つくし’>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/73-e9281609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2