FC2ブログ
拝啓千葉県知事・森田健作様
1963年というから、年号で言えば、昭和38年である。「拝啓天皇陛下様」という映画が封切られた。松竹の喜劇映画で、主役は、ご存じ今は亡き‘渥美清’。その概略は、昭和12年の支那事変で南京が陥落し、兵隊は皆「これで戦争が終わって皆日本へ帰れる!」と喜んだ。しかし、渥美清演じる‘山田正助’は、読み書きもろくに出来ない為、三度三度の飯も食え風呂にまでタダで入れる軍隊は天国だと思っていたため、この戦争が終わっては食えなくなると心配した。軍隊でやさしい上官から読み書きを多少教わった山田正助が、自分だけは軍隊に残して貰おうと、事もあろうに天皇陛下様に手紙を書いたのだ!「ハイケイ天ノウヘイカサマ・・・」

拝啓天皇陛下様
http://www.sugarcom.co.jp/laser/ldphoto/LSK-0011.html

この映画に出演したのは、正しく‘大物俳優’ばかり。渥美清を筆頭に、長門裕之、左幸子、桂小金治、加藤嘉、西村晃、藤山寛美、多々良純、穂積隆信、森川信、上田吉二郎、高千穂ひずる、清川虹子、中村メイコ、山下清、それに天皇陛下役としてあの浜口庫之助まで、まるで‘キラ星の如く’である。大ヒットとなり、続・拝啓天皇陛下様が翌年封切りとなっている。

その後、畏れ多い人・偉い人・知らない人に‘何かを申し上げる’場合に「拝啓 00様」という言い方をする風潮が生れた。

現状は極めて深刻な‘不況’である。しかし、個人預貯金・タンス預金は十分にあるという。タンス預金なんてどうやって推計するのだろか?

そこで、千葉県知事にブログでは失礼かもしないですが、「千葉県の活性化」について私見を申し上げたいと思っております。( これ以降は、言い方も一寸‘丁寧語’で・・・)

森田健作(2)
 森田健作千葉県知事 http://sunmusic-shop.jp/products/detail16.html

「拝啓千葉県知事・森田健作様」

千葉県を活性化させるための方策の一つは、‘観光’を目玉することです。‘県内外からのお客様’をお迎えして十分にご満足戴ける‘商品’をご提供申し上げることだと存じます。
‘商品’とは、一般的には、‘商売のための品物’のことです。でも‘商品’は広い意味では‘品物’だけではないと思います。綺麗な海岸線、これって立派な‘観光商品’です。

千葉県の活性化のためになる‘千葉県の観光商品’を考えてみました。それは次の3つです。

<1> 千葉県の観光商品

 ① 海水浴場とゴルフ場

 ② 花と食べ物と遊園地

 ③ 海岸線の景色と名所旧跡



実は、こんなことは皆さんは誰でも知っています。では、何故、千葉県の観光収入は増えないのでしょうか?
それには、‘戦略’が必要です。

‘戦略’の基本は‘情報をもっと有効に活用する’ことです。今の状態では、インターネットの活用が十分ではないのです。大口の消費者は、皆パソコンから情報を得ているのです。このことを見逃してはなりません!そして、戦略を実施する場合、各市町村が‘バラバラに’対策を打ってはならないのです。森田健作知事の下でコントロールされた‘戦略’の実施が必要なのです。

各市町村での実施重点項目が年度毎に‘一致’していることが必要です。それには、コントロール&司令塔が必要ですし、それが県のお役目です。ひょっとすると、県は、どの市町村がどんなことをやっているかの調査と分析だけに終わってはいませんか?千葉県一体となった実行戦略が必要なのです。それもインターネット活用の戦略です。お客様を巻き込まなければ戦略とは言えません!

では、具体的な‘実行戦略案’を以下に述べさせて戴きます。

<2> 千葉県の観光戦略

 a) 海岸線の美化と道路整備&道路活用

 b) 受け入れ態勢の充実

 c) コントロールされた宣伝活動・・・ブログ所有者の活用と‘音頭’で盛り上がり


この戦略を 商品①、②、③毎に実行するのです。

多分、これまでになかった戦略は以下の通りです。

<3> 新戦略

 A) 千葉県の観光事業を各自治体に任せず‘県’が情報を完全に収集し、コントロールすること。
   従って、観光事業予算は、各市町村の分の大半を県にプールし、合意の下に最適な使用方法を決定する。

 B) 宣伝活動に、全国の‘ブログ所有者に働きかける。そして、‘千葉県音頭’を知事が唄って・・。


この戦略の新しさには、多分セクト主義の残っている自治体・市町村は反対するに違いありません。しかし、よ~く考えてみましょう。観光客は自治体の境界線を認識はしないはずです。

実行には反対でも、A)の意味するところは理解出来るが、そのB)ちゅうのは‘何やねん?’と思われるかもしれません。

実は、これが本日のご 提案の目玉 なのです。  (つづく)

















スポンサーサイト



[2012/02/29 11:19] | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<垢(あか)の効用? | ホーム | 「わかちた物語」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/74-a1635c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2