FC2ブログ
夜の歌舞伎座、外から拝見!
歌舞伎座で、歌舞伎を見たことがない!

外人はみんな不思議がる。日本人ならみんな誰でも一年に一度くらいは歌舞伎を見ていると思っているからだ。

昔は、日本人ならみんな‘柔道’や‘空手’の達人と思っていたことと同じである。

歌舞伎は、一つの外題を通しで見たことなどない。
名場面だけをTVで見るだけである。
或いは、梨園の稽古の苦しさ・素晴しさを‘ドキュメンタリー’等で見るだけである。

でも一度くらいは、‘本物’を見てみたいという‘願望’は持っている!

2013年12月12日、忘年会が銀座であると言うので参加することとなった。
忘年会なんて、ここ2,3年やったことがない!

18:00からというのに、ここ千葉県茂原市に住んでいると、どうしても電車の遅延やその他のことを考慮して1時間以上のゆとりを持って家を出る習慣が見に付いてしまっている。これは勿論‘歳の所為’でもあるのだろう。

そん訳で、新装なった歌舞伎座を見てみようと思い立ったのである。

歌舞伎座に到着したのは、17:20頃であった。30分は十分見れる!

DSC_0898-2.jpg
2013年12月12日17:24
空はスッキリと晴れ、上弦過ぎの月が懸かっていた!

DSC_0898-3.jpg
拡大してみた。

DSC_0898-4.jpg
更に・・・。

DSC_0899-2_201312182326304be.jpg
‘歌舞伎座’の大垂れ幕。此の垂れ幕の色はこの色に決まっているのだろうか?

DSC_0900-2.jpg

DSC_0902-2.jpg

DSC_0901-2.jpg
歌舞伎座の色を見てみると、上の大垂れ幕の色は別として、‘白’、‘赤’、‘黒’の3色である。これは役者さんの色の3色と同じなのだろう!

o0314045011766512989.jpg
http://ameblo.jp/koto8888/day-20120201.html
やはり3色で出来ている!

DSC_0903-2.jpg

DSC_0904-2.jpg

DSC_0905-2_20131218232631aac.jpg

DSC_0906-2.jpg

DSC_0907-2.jpg

DSC_0908-2_20131218232628bba.jpg

DSC00002-847a5.jpg
http://ichie-inc.blog.so-net.ne.jp/2013-04-15
これが昼間の歌舞伎座

DSC00005-402b4.jpg
http://ichie-inc.blog.so-net.ne.jp/2013-04-15

DSC00006-a4601.jpg
http://ichie-inc.blog.so-net.ne.jp/2013-04-15

歌舞伎座の紋章は、‘鳳凰丸’

http://www.kabuki-za.co.jp/sya/vol46.html
今回は歌舞伎座の座紋「鳳凰丸(ほうおうまる)」の紹介です。「鳳凰丸」は歌舞伎座の創設者の一人、福地桜痴が、新築した自宅の釘かくしに用いたこの紋をいたく気に入り歌舞伎座の紋に採用したのです。

 「鳳凰丸」の原形となったのは法隆寺の宝物「鳳凰円文螺鈿唐櫃(ほうおうえんもんらでんからひつ)」に使われた紋様です。さて、皆さんが一番よく目にするのは上の写真・正面玄関の紫の幕に白く染め抜かれ、いつもお客様を出迎えているものでしょう。この他歌舞伎座内には提灯・座席・瓦などいたるところに「鳳凰丸」が描かれています。

鳳凰は古来中国では、麟・亀・竜と共に四端として尊ばれた想像上の鳥で、とてもめでたいとされています。この様にたくさんの鳳凰が、この歌舞伎座とお客様をいつも温かく見守ってくれているのですね。


DSC_0911-2.jpg
17:34
今回は、ほんの数十分、夜の歌舞伎座を外から見ただけ。でも何だか純日本風な雰囲気が歌舞伎座の周りには漂っていた! 気が落ち着くと同時に高貴な文化に触れた感じがした!

戻って来た銀座4丁目の交差点は、廻りもリニューアル化され、流石に気品に溢れていた!

さあ、これから何年か振りの‘忘年会’!

(つづく)
スポンサーサイト



[2013/12/17 23:09] | 歌舞伎 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<上野の森から浅草へ(その4:浅草<1>) | ホーム | 赤坂のジャズクラブ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/742-f5f80672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2