FC2ブログ
2014年01月01日(その3):橘樹神社の佇まいと役割
橘樹神社の佇まいと役割

一年間で一番大勢の人が来てくれる日、それは各神社仏閣にとっては、元旦である!
橘樹神社にとっても、これぞ正しく‘一年のは元旦にあり’って言う事なのだろうか?

DSC_1207-2_20140107023913bd4.jpg
15:04 並び始めて約34分。画面の中央右が、この神社の象徴たる‘橘’の樹である!

http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E5%BC%9F%E6%A9%98%E5%A
A%9B_%E5%BC%9F%E6%A9%98%E5%AA%9B%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

記紀の弟橘媛(弟橘比売命)

『日本書紀』によれば、穂積氏忍山宿禰の女だという。尊との間に稚武彦王を儲ける[1]。

さらに相模においでになって、上総に渡ろうとされた。海を望まれて大言壮語して「こんな小さい海、飛び上ってでも渡ることができよう」と言われた。ところが海の中ほどまで来たとき、突然暴風が起こって御船は漂流して渡ることができなかった。そのとき皇子につき従っておられた妾があり名は弟橘媛という。穂積氏の忍山宿禰の女である。皇子に申されるのに、「いま風が起こり波が荒れて御船は沈みそうです。これはきっと海神のしわざです。賎しい私めが皇子の身代りに海に入りましょう」と。そして、言い終るとすぐ波を押しわけ海におはいりになった。暴風はすぐに止んだ。船は無事岸につけられた。時の人は、その海を名づけて、馳水といった。こうして、日本武尊は上総より転じて陸奥国に入られた。そのとき大きな鏡を船に掲げて、海路をとって葦浦を廻り玉浦を横切って蝦夷の支配地に入られた[2]。

千葉県茂原市本納には、玉浦に渡った日本武尊が、橘の木を媛の墓標としたことを由来としている橘樹神社がある。
この神社は延喜式内社で、上総五社の一つであり、上総国二宮であり、唯一の正史に記された弟橘媛を祀る神社である。この神社の由緒には「弟橘媛が尊に申し上げたことは、君公の佩せ給へる御劔は、むかし素戔嗚尊大蛇の尾より切出したまふ宝劔なれば、悪神龍御船を覆し、宝劔を奪んとして起こる所の暴風ならん、吾宝劔と君とにかわり、海中に入りて悪龍を退治し、君公と宝劔を安泰ならしめ、又天下後世の人をして渡海風波の難を救ひ、永々海中の守護神となるべし」とあり、神社は海上の守護神と仰がれている。東征の軍を率いて房総半島に渡った日本武尊のその後の行軍の道すじは、海路北上したとも、陸路香取海に出たともされるが、陸路伝いに日本武尊の伝説と尊と弟橘媛を祭神とする神社が多い[3]。


DSC_1208-2.jpg
この‘みかん’風のものが‘橘の実’。実は、食べることが出来る。案外美味しい!

DSC_1208-3.jpg
拡大。

DSC_1209-2.jpg
日の丸は、翩翻(へんぽん)と翻(ひるがえ)らなければ、つまらないが、風がなければどうしようもない。

DSC_1210-2.jpg
「ああ、狛犬さん」と教わった、阿吽の呼吸のあの‘阿’の方である。トイメンに‘吽’の狛犬さんが居るのだが、写真には撮らなかった。

DSC_1211-2.jpg
ここが甘酒を出してくれるところ。賽銭は必要!

DSC_1212-2.jpg
15:08 やっと社殿に近づいてきた!

DSC_1214-2.jpg
一つ上の写真の右の部分の拡大

DSC_1215-2.jpg
橘の紋章は、

kabe14a.jpg
http://homepage2.nifty.com/montake/sample90a.htm

DSC_1216-2.jpg

DSC_1217-2.jpg

DSC_1218-2.jpg

DSC_1220-2.jpg

DSC_1222-2.jpg

DSC_1224-2.jpg

実は、この奥に‘橘木神社’と書かれた‘扁額’がある。東郷平八郎元帥の直筆である!

東郷平八郎の扁額
http://nobyama.com/tachibana_album.htm

DSC_1224-3.jpg

DSC_1226-2.jpg

DSC_1227-2.jpg

DSC_1228-2.jpg

DSC_1229-2.jpg

DSC_1237-2.jpg

DSC_1238-2.jpg

DSC_1239-2.jpg

DSC_1240-2.jpg

DSC_1241-2.jpg

DSC_1242-2.jpg

DSC_1243-2.jpg

DSC_1245-2.jpg
巨大な銀杏の木!

DSC_1248-2.jpg
2014年01月01日15:35

一時間強の橘樹神社の参拝だった!

最後に一句。

  日の本の 目を覚まさせる 神社かな   (名句!?)

(つづく)
スポンサーサイト



[2014/01/03 23:11] | 伝統文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<シリーズ・地球統一は無理!(その1):暦の違い | ホーム | 2014年01月01日(その2):橘樹神社参拝!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/759-d2ed202c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2