書道大家の展覧会出品作品!
東京・上野にある東京都美術館で、私の尊敬する書道家の先生が、或る展覧会に出品したので‘どうぞ’という御案内状を昨年暮れに頂戴していた。勿論のことだが、この御案内状が、またまた達筆でこの先生の直筆は私の宝物である!

2014年01月14日は、午後の一部に丁度スケジュールが空いたこともあって‘そそくさ’と(?)上野の森へ出かけた!

DSC_1362-2_2014011912121638d.jpg
2014年01月14日14:24 いつもの上野公園の‘子規記念球場’の大銀杏の木。今や黄色い葉っぱは一つも残っていない!

DSC_1363-2.jpg
これが、ビッグサイトの形とよく似た交番。

DSC_1365-2.jpg
中央の奥の赤レンガが、目指す‘東京都美術館’。

DSC_1370-2.jpg
科学博物館の前では‘陶器市’が開かれていた。

DSC_1371-2.jpg
反対側の‘桜通り’(私が勝手につけた通りの名前)は、もろに逆光で・・・。

DSC_1372-2.jpg
これぞ、東京都美術館!

DSC_1373-2.jpg
上野公園には、大木が多い!

DSC_1374-2_201401191229315bf.jpg
これもその一つ、多分20mくらいはありそう!?

DSC_1375-2.jpg
さてさて、今回は‘発見した’ぞ! この植物の名前・・・。

DSC_1375-3.jpg
聞き慣れないが‘フィリフェラ オ―レア’と読めるが、一体どんな植物? 後日・・・。

DSC_1377-2.jpg
いつもの井上武吉の作品!

DSC_1378-2.jpg
‘名盤’は今回初めて見た! 帝国ホテルのお隣りで、元‘鹿鳴館’の跡地にある作品の兄弟!

DSC_1379-2.jpg
東京都美術館の入り口。

DSC_1380-2.jpg
さて、こんなに沢山の展覧会が・・・

DSC_1380-3.jpg
これ、これ、これですよ!

DSC_1382.jpg
14:33 別の看板があった!

DSC_1383-2.jpg
さあて、会場に到着。「国際書画交流会展」という。先生のお名前は、‘武藤豊翠’先生
これは、仮名文字の作品!素晴しい!

DSC_1384-2_20140119123617595.jpg
私が最も感心した作品! ‘顔真卿’の臨書である! 会場にお出でになっておられた先生にもお会いさせて戴いて感想をお聞きしたが、‘臨書’が難しいと仰る!「こちらで勝手な工夫が出来ないから・・・」だそうである。多分数十枚はお書きになられたのであろう。「半分に紙を切って、2枚にした」のだそうである・・。な~る程! 油絵は、描いた線が失敗だったとしても、その上に描きかえることが出来るのだが、書の場合はそうはいかない。だから何枚も書く。しかし、半分ずつを後の表装で繋ぎ合わせるのなら、凡そ半分の枚数で済む、と言う訳である! お判りかな?

DSC_1386-2_20140119123742dfa.jpg
この字が、武藤先生の‘特徴’が一番出ている作品である!文字は言わずと知れた‘口’を真ん中にした‘吾唯知足’。
京都の石庭で有名な‘龍安寺’にある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E5%AE%89%E5%AF%BA
知足の蹲踞(つくばい) - 茶室蔵六庵の露地にある。蹲踞は茶室に入る前に手や口を清めるための手水を張っておく石のこと。ここの蹲踞には「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る)の4字が刻まれているが、その意味合いから石庭の石が「一度に14個しか見ることができない」ことを「不満に思わず満足する心を持ちなさい」という戒めでもあるといわれる。また水を溜めておくための中央の四角い穴が「吾唯知足」の4つの漢字の「へん」や「つくり」の「口」として共有されているのが見どころであり、そのため一見「五・隹・疋・矢」と読める。水戸光圀の寄進と伝承されているが、一般拝観者が見ることのできるものは複製である。


waretadataruwosiru.jpg
http://rilakorila1223.blog18.fc2.com/blog-entry-168.html

DSC_1385-2_201401191237424cc.jpg

DSC_1387-2_20140119123743870.jpg

DSC_1388-2_20140119124749b2b.jpg
先生が最も時間を掛けられた作品だという。筆にも工夫があったらしい!

DSC_1389-2.jpg

DSC_1391-2_2014011912512822f.jpg

DSC_1392-2.jpg
15:06 

どんな文字も工夫されている!この‘扁額’も素晴しい! 書かれている文字の意味がまた素晴らしい! 世間全体を見るには、大きな視野が必要だという事なのだろう!

DSC_1395-2.jpg
帰りにまた‘Sky Hole’を見た!

DSC_1396-2.jpg
ホール近くを見ると錯覚を起こす! 錆びた鉄球ではないのだが・・・。

DSC_1397-2.jpg
16時を少し廻っただけなのに、も夜のとばり(?)が・・・。

DSC_1398-2.jpg

DSC_1399-2.jpg
交番である・・。

DSC_1400-2.jpg
JR上野駅・公園口の前まで来た!

さあて、これからまた‘都内某所’で打合せが待っている!でも来て良かった!先生の大作にまた出会えたのである!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/01/19 23:45] | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<太陽光の照度 | ホーム | 初雪!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/772-c8ea6ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2