夢の計画!
2014年も明けて、もうそろそろ一ヶ月が過ぎようとしている!

落語風に言うなら、

「つい先日‘明けましておめでとう!’と言っておりましたのに、今年ももう余すところ‘11ヶ月と一寸’でして、みなさん、ご機嫌は如何でしょうか?」

ということになる。やはり、月日の経つのは、速いものである!

さて、さて、まだ 今年の‘夢’については、御披露していなかったが、以下に述べることは、今年考えたというより、もう20年以上も前からの夢だったのである。それが、ひょっとしたら具体的に‘動き始める’かもしれない、ということで・・・・。

私は、某会社に新入社員として仕事を始めて以来、そう、45年以上も‘走査型電子顕微鏡(SEM:Scannnig Electron Microscope )を道具として使ってきた。

仕事そのものをご披露する積りもないし、そうしたとしても余り面白くもない。ただし、‘教材用’として、或いは職場のSEMを使わないでの‘趣味’としての画像から、ここで一端を紹介する‘夢’を持つようになった!

それは、「植物と昆虫のミクロの世界」をSEMを使って‘集大成が出来ないか? という畏れ多い計画である!

例えば、

学生版原色植物図鑑・牧野富太郎
http://fukuhen.lammfromm.jp/?p=495
『學生版原色植物圖鑑(園芸植物篇)』(牧野富太郎博士が監修した学生向けの図鑑)

これに掲載されている‘植物’の‘花粉’を始め、‘花弁’のミクロ組織、葉っぱの‘表裏’のミクロ組織や‘種’のミクロ組織まで、一つの植物で、‘数十枚’のミクロ画像を、勿論、植物全体のデジタル画像と共に編集しようという目論見である。

花菖蒲の‘SEM’像をWEBで探してみたが、現時点では見つからない!

花菖蒲
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-517.html

花菖蒲ー2
http://kamohanashobuen.blog61.fc2.com/blog-entry-517.html

現時点ではWEBではこの程度の画像が得られるだけである! (でも、この画像は素晴しい!!)

そして、それが、植物だけに止まらず、動物、魚類、特に‘昆虫’を対象に始めたいと思っている。そうなれば、地球上・地球中に存在するあらゆる物質の‘ミクロの世界’を画像として残す事業を展開せねばならないことになる。

勿論一人では、100年掛かっても不可能であるが、100人で掛かれば10年で成し遂げられるかもしれない!

費用は、年間に15億円、10年でざっと150億円の‘大事業’になるだろう! さて、その費用は???

その‘走り’の一端を・・・・。

page1-5.jpg
http://animalch.web.fc2.com/page1-5.html

これが、蟻である。蟻にも種類が沢山あるから、蟻の種類全部を網羅するとなったら、それはそれは大変な仕事量になってしまうに違いないが・・・。

この種類かどうかは‘定か’ではないが、私が昔(2008年)、‘SEM’で撮影した画像が以下である!

以下の画像の一つ一つが、蟻のどの部分に当たるかは、想像してみて戴きたい!

たかが、数10倍~1,000倍で、こんなにハッキリ細部が観察出来るのである!

20080818_083624.jpg

20080818_083803.jpg

20080818_083841.jpg

20080818_084149.jpg

20080818_084319.jpg

20080818_084355.jpg

20080818_090211.jpg

20080818_090249.jpg

20080818_090617.jpg

20080806_160443.jpg

20080806_160641.jpg

20080806_160747.jpg

20080818_095701.jpg

20080818_100007.jpg

20080818_100121.jpg

20080818_100440.jpg

20080818_100553.jpg

20080818_100655.jpg

20080818_100828.jpg

人間の‘裸眼’には、蟻の‘鎧(よろい)姿’なんて、想像もつかないが、‘ミクロの世界’では、こんなに蟻でも‘防御態勢’を整えているのである!

多分、蟻同士では、相手がこんな風な鎧姿であることは認識し合っているに違いない!知らぬは人間ばかりない、と言う事なのだろう。

そんな想像もつかないような世界を明らかにすることを今後の自分の仕事にし、世界中に発信する、これが私の老後の夢である!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/01/25 18:55] | 学習と文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<新春の太平洋・九十九里海岸!(その1) | ホーム | 年始のお墓掃除!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/778-e01efa28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2