東京・四ツ谷駅近辺(その1):ユリの樹
東京・四ツ谷駅近辺(その1):ユリの樹

2014年01月31日、東京・四谷3丁目での打合せに出席した。

その帰り道、その日は東京には全く春が来た?と思わせる程の暖かさだった。国道20号線、所謂‘新宿通り’にはお昼時のこともあって大勢の人が歩いている。

コートを着ている人を見つけるのが難しいくらいの気温である。17℃!

私もコートを脱いで四谷3丁目から‘JR四ツ谷駅’まで歩いてきた。

‘四谷3町目’の場合の表示には‘四’と‘谷’の間に‘ツ’は入らないのに、‘四ツ谷駅’の場合には何故‘ツ’が入るのだろうか? これについては、また後日、調査の結果をこのブログで・・・。

さて、JR四ツ谷駅に着いたのは12時30分丁度であった。次の打合せは、13:30からで場所はJR上野駅構内。JR四ツ谷駅からJR上野駅まで、30分も掛からない。

それじゃあ、ここJR四ツ谷駅付近で、30分は散歩が出来る! 四谷3丁目から歩いてきた時間とを足せば、そう、小一時間は散歩したことになる。

歳を取って来るに従って、健康維持には、‘散歩’が特にいいらしい。 ここ数日中々散歩が出来なかった‘穴埋め’に‘迎賓館’へ行ってみようかと思った!

実は‘迎賓館’の中に入れて貰った経験がある! もう10年も昔のことだが・・・。
今まだ、そんなことが続けられているかどうかは知らないが、当時は年に何回か‘迎賓館へのご招待’という粋な計らいがあった。

一般公募だから、色々な制約は余り無いが、ただ少々倍率が高かった! それに‘当たった’のである!
この‘迎賓館ご招待’の話は、今日はここまでとし、続きは後日に・・・。

さて、肝心なのは、四谷駅に来る度に、駅から迎賓館へ行く途中の‘大木’の名前が気になっていたのであるが、それをどうしてもその日に知りたい、と思ったのである。

DSC_1413-6-2.jpg
2014年01月31日12:34 正面が‘迎賓館’である。

DSC_1407-6-2.jpg
このごつごつした‘樹の幹’と

DSC_1411-6-2.jpg
しなやかな枝ぶり、それに‘花’→‘種’!

DSC_1406-6-2.jpg
名盤には、ハッキリと‘ユリノキ’とある! やっと名前が判明した!

DSC_1406-6-3.jpg
それにしても、この幹の表面のごつごつは、一体? 予測としては、多分「木の成長が速いために、木の表皮の部分の成長が付いて行かない」為だろうと思われる。我々ど素人には・・・。人間の皮膚も、実は似たような現象が起こるのである!これについては後日このブログで・・・。

DSC_1409-6-2_201402040237446e3.jpg
やっぱり、そんな予感がする! ‘生長量調査木’とは、きっとそうなのだろう!

DSC_1411-6-3.jpg
これが、この‘ユリノキ’の‘花’→‘種’だろうが、何せ望遠が利かない‘スマホ’での画像なのでピントが今一・・・。

キチンとピントの合った画像を探してみると・・・

3404068.jpg
http://albireo190.blog.so-net.ne.jp/2006-05-16

では、では、一体‘ユリノキ’とは?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%82%AD
ユリノキ(百合の木、学名: Liriodendron tulipifera[1])は、モクレン科ユリノキ属の落葉高木である。
種小名 tulipifera は「チューリップ(のような花)をつける」の意。
別名にハンテンボク(半纏木; 葉の形が半纏に似ることから)、レンゲボク(蓮華木; 花が蓮の花を思わせることから)、チューリップツリー(同じく花がチューリップを思わせることから。種小名と同じ発想)などとも呼ぶ。

特徴[編集]

葉は薄くて硬く淡緑色平滑で、浅く掌状に2~4裂。Tシャツに見立てられるような特徴的な葉形で、簡単にユリノキであると知れる。秋の黄葉が見事。
花期は5~6月頃。鐘形で、枝先に直径6cmくらいでチューリップに似た形の、付け根近くにオレンジ色の斑紋のある淡い黄緑色の花を咲かせるが、高く茂った葉の間に咲いていて目立たない。がく片は3枚。雌蕊が円錐形に集合したものの周囲を、多数の雄蕊が取り囲んでいる。
果実はローソクの炎のような形状をした集合果で、個々の果実は細長い「へら型」の翼果で、晩秋から冬にかけて散布される。



psenblqd631g8kqtenrte7jpsuf7310.jpg
http://smcb.jp/digiphoto/498341
この写真を見せられれば、今では誰でも「あっ、チューリップだ!」と言うに違いないが、このユリノキが日本に入って来た明治の初期には、日本人はまだ‘チューリップを知らなかった’のだそうである。だから、‘半纏(ハンテン)’に似ているからと・・・。

imgc6a248c0zikbzj.jpeg

img47f8a53dzik0zj.jpeg

img3e00fa9bzik9zj.jpeg

imge6b4e4f6zik0zj.jpeg

135531522859213227295_yurinokihapuro411.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%82%AD
この葉っぱも何処かで見たような??

135531536387413129906_yurinokimipuro151_20121212212923.jpg
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%82%AD
これが、先程の画像と同じように‘実’。

DSC_1412-6-2.jpg
この画像は、迎賓館側から四ツ谷駅方面を見た写真である!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/02/02 23:37] | 学習と文化 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<東京・四ツ谷駅近辺(その2):迎賓館と公園 ① | ホーム | 街頭演説>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/786-91b828ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2