東京・四ツ谷駅近辺(その3):迎賓館と公園 ②
東京・四ツ谷駅近辺(その3):迎賓館と公園 ②

2014年01月31日は、「東京は17℃というもう春になったの?」という位の快適な好天気に恵まれた!

時間があったので、四ツ谷駅の付近を散歩しようと思いたった。
迎賓館は、聞くところによると‘国宝’だそうだ。

実は、一度、先般の弊ブログに‘赤坂迎賓館’の中に入ったことがあると書いた。これは調べてみると、もしも迎賓館側に予定がなければ、8月に一般公募により民間人をご招待して戴ける‘制度’(?)があるという。この制度のお蔭だったのだろう。中を見学させて戴いて大変感激した思い出がある。そう、もう十数年も昔の話なのだが・・・。

さて、この赤坂迎賓館の付近は、流石に‘国宝’の周りだけあって‘上品さ’があちこちに見え隠れしている。その内の一つが‘公園’で、その公園に‘噴水’とまでは行かないが、水が‘噴き出して’ている人工の、何と言うか‘水飲み場’的な場所がある。

でもこの‘湧水’状態に仕組まれた水は、飲めるのだろうか? 「飲むな!」という注意書きもなさそうだし、多分‘水道水’に違いないから、飲んでも構わないのだろう。その水の‘滴り落ちる’光景を‘スマホ’に収めてみて後で画像を見て驚いた!

スマホの場合、シャッタースピードが‘何百分の一’なのかどうなのか、素人には判らない。でも、でもである。
見事に「‘水滴’寸前」の状態が、画像として残っているではないか!
‘ミルククラウン’という画像があるがそれを‘彷彿’とさせる!(独りよがり!)

この議論は、後半で!

DSC_1415-6-3_2014020702041686f.jpg
2014年01月31日12:36 赤坂迎賓館正門

DSC_1424-6-2.jpg
2014年01月31日12:39 これが、‘西側の’公園である!

DSC_1424-6-4.jpg
この公園は、迎賓館を中心考えれば‘西側’に当たるのだが‘若葉東公園’というらしい。

DSC_1424-6-5.jpg
12:39と言えば、お昼休みの真っ只中である! そう、そうだからなのだろ!ベンチは埋まっている。この辺は、そう沢山会社は無いのだが・・・。直ぐこの向うが‘学習院初等科’だし・・・

DSC_1425-6-2.jpg
12:40 こちらは、迎賓館を中心すれば、東側の公園。ここに‘湧水’に仕立てた‘セミ(?)噴水’がある!

DSC_1425-6-3.jpg
拡大! 中央に・・・

DSC_1427-6-2.jpg
これ、これ!

DSC_1427-6-3.jpg
ねっ!噴水じゃあないでしょう!?? 本当に‘綺麗な’湧水!

DSC_1426-6-2_20140207141323ea8.jpg
全体像が、これ!

DSC_1426-6-4_201402071422138e3.jpg

そして、そして、そして!

DSC_1426-6-5_20140207145209424.jpg

DSC_1426-6-7_20140207145207b9e.jpg
たった‘一千万画素足らず’のスマホで、これだけの‘ミルククラウン’ならぬ「‘ウオータークラウン’のなりそこない」が撮れたのである!

g4-bu004_b.jpg
http://item.rakuten.co.jp/honakote/g4-bu004/

http://item.rakuten.co.jp/honakote/g4-bu004/
伝統和額が送料無料!和洋額-神奈川沖浪裏(富嶽三十六景)/葛飾 北斎(玄関や洋間にもマッチする伝統和額)

世界的にも著名な北斎の代表作品-掛軸タイプもございます♪
江戸時代に庶民の間でもてはやされ、その後ピカソやゴッホなど海外の著名芸術家らを唸らせ、彼らの作風に大きな影響を与えた日本芸術の粋「浮世絵」。元禄文化の粋の象徴ともいえる北斎・歌麿の世界を心ゆくまでお楽しみください。
「ビッグウェーブ」と呼ばれ、世界的にも著名な北斎の代表作。大胆に誇張された浪の「動」と、その波間から垣間見える美しい富士山の「静」の対比が、実に見事な構成を見せる北斎芸術の極みです。

◆サイズ/48×39cm
◆国産木製額(前面アクリルカバー)

作品は特殊印刷に手彩色仕上げとなっています。
送料無料サービス中♪

商品番号 G4-BU004
価格 7,200円 (税込) 送料込
お買い物の前に3,000ポイントゲット!


という訳で、この極めて有名な「神奈川沖浪裏(富嶽三十六景)/葛飾 北斎」は一体どうして産まれたのか?

(つづく) ‘ミルククラウン’と‘神奈川沖浪裏(富嶽三十六景)/葛飾 北斎’との関係及びその観察力・洞察力について、世界的に著名な‘プロカメラマン’の貴重なご意見をお伺いすることが出来た!
スポンサーサイト
[2014/02/04 23:44] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘ミルククラウン’と‘神奈川沖浪裏(富嶽三十六景)/葛飾 北斎’ | ホーム | 東京・四ツ谷駅近辺(その2):迎賓館と公園 ①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/788-4d2844a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2