羽生結弦の快挙!(その1):ショートプログラム世界歴代最高得点!
羽生結弦の快挙!(その1)

ショートプログラム世界歴代最高得点!

私の普段の就寝時刻は、午前3時~3時半頃である。だから、深夜番組なんて普段は平気である。例えば、NHKのさだまさしの番組である「朝まで生でさだまさし」とか、テレビ朝日の「朝まで生テレビ!」など全く平気なのである。

それが、それが、ここのところの「ソチ・冬季オリンピック」の興奮で、‘寝不足’?になってしまった!

その第一は、19歳の未成年者の大活躍である!
許されないのではなく、こんな興奮は最近滅多に無いから、ずっ~と続いたって自分の身体をそれに合わせれば良い。

まだ、19歳のくせに(失礼!)大いに大人なのである!
定年を迎えて悠々自適の‘おじさん’よりも、もっと人生を経験しているような発言である。
これには、何となく‘天才的’な資質を感じた人が多かったに違いない。

今後きっと‘羽生時代’というか‘結弦時代’がここ10年以上は続くに違いない!
何とも‘日本人離れ’した体格だし、物怖じしない度胸は何から学んだのだろうか?
これには、恐らく‘テレビ業界’のコマーシャル作製チームが放って置かないだろうから、彼も潰されないようにしなければならないだろう、等と他人ごとなのに心配になった!

そう、その19歳が、な、な、何なんと、今年の冬季オリンピックで‘フィギュアスケート・男子シングル・ショートプログラム世界歴代最高得点!’を出したのである!

我々ど素人には、評価なんぞは出来っこないが、何処にも欠点を見出すことは出来なく‘完璧’とは、こんなことをいうのだろうと思った次第! 兎に角、こんな‘完璧な演技’は、今迄見たことは無かった!

<画像は、全て‘NHK・TV’の画面をカメラで撮影したものである>

画像ー138 097-2
2014年02月14日03:30 (ビデオ)

画像ー138 098-2
(ビデオ)

画像ー138 099-2
2014年02月14日03:30 (日本時間) この時刻が、世界記録が出た瞬間の時刻である! そして、世界中が‘息を呑んだ’瞬間なのである!

画像ー138 100-2

画像ー138 102-2

画像ー138 104-2

画像ー138 103-2

画像ー138 108-2

画像ー138 111-2

画像ー138 115-2

画像ー138 118-2

画像ー138 120-2

画像ー138 122-2

画像ー138 124-2

画像ー138 125-2

画像ー138 126-2

画像ー138 139-2

画像ー138 145-2

画像ー138 149-2

画像ー138 154-2

画像ー138 156-2

画像ー138 159-2

さあ、‘金’へ向かっての首位スタート!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/02/14 23:41] | オリンピック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<羽生結弦の快挙!(その2):フリープログラムでも最高得点!① | ホーム | 弊ブログのランキングが・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/797-d698d3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2