FC2ブログ
千葉県・茂原市・赤目川の‘川鵜’!
‘川鵜’が、‘越冬’まがいの行動を起こす ことは、知る人は知っているという。

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/rimmu/cyoujyuu/files/kawau2-gaiyou.pdf
滋賀県の大コロニーでは、4 月から 9 月にかけて 1 万羽近いカワウがいるが、越冬期にはほとんどいなくなる。関西広域連合区域全体では、夏期に確認された 23 千羽の生息数が、冬期は 40%も減少している。これは滋賀県の季節変動が全体に影響しているだけではなく、区域外へ移出していると推測されている。


ここ、千葉県茂原市千沢地区で見ることの出来る‘川鵜’は、何となく冬場に多いような気がするから、何処からか‘越冬’に来ているということも考えられる。

もう一度、この地域の鵜」が川鵜であることを‘検証’しておきたい!

海鵜to川鵜
http://www.naisuimen.or.jp/jigyou/kawau/01-1.pdf
海鵜と川鵜とを見分ける場合の判定基準となるのがこの画像と解説である!

画像ー200 004-2
2014年02月16日07:41 千葉県・茂原市・千沢地区の‘鵜’!

画像ー200 005-2

画像ー200 005-3

画像ー200 005-4
上記の‘見分け方’で判断すると、ここらの鵜は‘川鵜’と判定出来る!


そんな訳で、今回は、少々‘おどけた’川鵜の様子をカメラに収めることが出来た!それは、この日は風が強く、この川鵜達だって電線(正確には、電線だけではな‘鋼撚り線’<ストランド>にも)に止まっているのに必死だったからである!

画像ー200 008-2

画像ー200 009-2

画像ー200 009-3

画像ー200 027-2

画像ー200 028-3

画像ー200 028-2

画像ー200 029-5

画像ー200 029-2

画像ー200 029-3

画像ー200 029-4

画像ー200 035-4

画像ー200 030-2

画像ー200 035-2

画像ー200 035-3

画像ー200 037-2

画像ー200 038-4

この後の3枚の写真が‘傑作’である!  多分こんな‘軽業師’みたいな格好をした川鵜の写真は滅多にないと思われる! これぞ、正に‘風’のお陰である! 彼らも必死でしがみついているのだ! 尾羽をちゃんと働かせて!

画像ー200 040-2

画像ー200 040-3
拡大!

画像ー200 040-4
拡大!

画像ー200 043-2

画像ー200 044-2

画像ー200 044-3

画像ー200 044-4

画像ー200 048-2

画像ー200 048-3

この後、彼等は‘日向ぼっこ’を終えたと見えて、飛び去って行った!

画像ー200 058-2

画像ー200 059-2

画像ー200 059-3
2014年02月16日08:02

(つづく)
スポンサーサイト



[2014/03/02 23:41] | 季節の変り目 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<毎日こんなに事件が・・・ | ホーム | 正に‘珍客’が・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/809-8e1afe36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2