FC2ブログ
これからの‘大学院・博士課程’の有り様
2014年03月06日12:30、東京・田町駅に着いた。

この日、慶応大学の三田キャンパスで開かれる‘或るシンポジューム’に参加するためである。
JR田町駅に降りるのは久し振りである。
数十年前は、仕事の関係でNECの本社にお邪魔することがあったために、かなり頻繁に利用させてもらった。

その後、今から7,8年前には、田町駅の直ぐお隣、と言っていいほどの近くのビルに勤めていたこともあって、懐かしかった!

画像ー203 011-2
2014年03月06日12:32 国道一号線の品川方面(歩道橋の上から)

画像ー203 012-2
2014年03月06日12:32 国道一号線の新橋方面(歩道橋の上から)

画像ー203 013-2
2014年03月06日12:32 この画面の中央の奥が、JR田町駅である。(歩道橋の上から)

画像ー203 014-2
JR田町駅方面への‘クロスウォーク’には、大勢の人が・・・。(歩道橋の上から)

画像ー203 015-2
この歩道橋を降りると、飲食街である。

目的地は、慶応大学であるが、実はこの三田キャンパスには、一度もお邪魔したことがない!

画像ー203 016-2

画像ー203 016-3

画像ー203 017-2
飲食街の続き。以前、ここはよ~く利用させて戴いた。

画像ー203 018-2
この道路の奥に東京タワーが見える。

画像ー203 019-2
あの丘の上が、慶大三田キャンパスらしい!

画像ー203 020-2
正面の建物が・・・。

画像ー203 021-2
これが、三田キャンパスの正門らしい。

あった、あった看板が・・・。

画像ー203 022-2

そうそう、ご紹介が遅れたが、今回のシンポジュームは、大袈裟に言えば、これからの日本の指導者が世界中を相手に十分活躍出来るかどうかの素養を身につけることが出来る‘博士課程の大改革’に繋がる試みの途中の報告会なのである!

この情報は、実は私が近しくして戴いている慶応大学の‘O教授’から、ご案内戴いたのである。その時の‘O教授’の明解且つ論理的なご説明の迫力に感動したからである。これこそ、今後の日本を左右する教育方針の一つかもしれないと思ったのである。

この‘育成プログラム’は、「GESL」プログラム( Global Environmental System Leaders Program ) という。

「 GESL Symposium 2014 」
<国際的組織で活躍できるグローバル環境システムリーダー>2014.3.6 13:00~17:40

KO0003.jpg
配布パンフ

KO.jpg
配布パンフ

画像ー203 023-2

画像ー203 024-2
案内の‘セミ・サンドイッチマン’もいた。

画像ー203 025-2
流石に慶応大学!マンホールの鉄蓋デザインも大学のロゴ入り!

画像ー203 026-2
そう、そう、この建物が、私が55年以上も前に‘蛍雪時代’(旺文社)等々で見た慶應義塾大学の建物だ!

画像ー203 027-2
そして、ここが会場の北舘!

画像ー203 028-2
会場に間違いなし! 到着したのは、12:48

画像ー203 030-2
会場の様子。

「会場内での写真撮影は‘OK’?」
「原則として、‘NO’です!」
「そうですか!な~るほど!<‘KO’大学だから、‘OK’の反対?>」

という訳で、始まったら,会場内は撮影禁止!

画像ー203 031-2

画像ー203 032-2

画像ー203 033-2

画像ー203 033-3
同時通訳、第2チャンネルで‘英語’? じゃぁ、本日の発表・会話は、日本語ってこと??

画像ー203 035-2
2014年03月06日12:58 さあ、はじまり、始まり!

(つづく)
スポンサーサイト



[2014/03/06 23:41] | 国家と社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘GESL’シンポジューム | ホーム | 梅も・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/814-fd03cb4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2