FC2ブログ
床屋さんの待ち時間!
床屋さん、未だに‘床屋さん’と呼んだ方が、というよりいつもそう言っているのだが・・。不思議なもので「理髪店に行って来る」とは、ほとんどの人が言わないに違いない!

‘風呂屋さん’や‘銭湯’も、看板には‘風呂屋’とか‘銭湯’とはなかなか書いてない。たまには、逆効果を狙ってそう故意に書かれている風呂屋さんもあるにはあるのだが・・。

‘本屋さん’さんだって、看板に‘本屋’という文字は見たことがない。また‘本店’と書けば、‘支店・本店’の‘本店’と間違えることがあるからだろうか? ‘書店’が一般的のようだが、何だか‘書道の本屋さん’のような気もして、しっくり行かない!

言葉の変遷は不思議なものである。それほど、一度‘インプット’されるとなかなか‘削除・変更’が難しいものなのだろう!

何の話をしようとしているかというと「ええっと、え~っと、そう‘床屋さん’の、は・な・し!」

先日、いつもの‘1,000円・床屋さん’へ行った。
ところが、待合の椅子、これは約12人分なのだが、これが一杯で、書き込み式になっているので待っている人がどのくらいいるのかを数えることが出来る。私の番は、16番目で15人分の時間待たねばならない。一人約13分で、散髪の席は2つだから、大雑把に言って、13分×7=91分=約1.5時間待たねばならないことになる。

それなら、散歩するのに丁度よい!
この床屋さんの周辺は、田んぼと住宅であるから散歩に適している。
そう思うと、「そんなに待つの?」と嘆くことはない!

‘散歩の時間を床屋さんが配慮してくれた’と感謝すれば、気持も和らぐと言うもんである!

そんな訳で、かみさんと散歩に出た。
2014年02月28日14:30頃から約一時間強の散歩。

今年二月の終わりの日であった。

白梅も紅梅も、今を盛りと咲き誇っていた!

DSC_1523-2.jpg

DSC_1524-2_20140316181327394.jpg

DSC_1525-2.jpg

DSC_1525-3.jpg

DSC_1526-2.jpg

DSC_1526-3.jpg

DSC_1526-4.jpg

DSC_1527-2.jpg

DSC_1527-3.jpg

DSC_1527-4.jpg

DSC_1527-5.jpg

床屋の待ち時間が身体の健康と心の健康を守ってくれたことになる。
勿論、このことは、件の床屋さんは知る由もないのだが・・・!

(つづく)
スポンサーサイト



[2014/03/12 23:51] | 心得 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<巨星の供養! | ホーム | 四谷4丁目の奇妙な?ビル!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/819-681e3cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2