好適環境水シリーズ!(第3弾):好適環境水の実用化!~マグロから~
好適環境水シリーズ!(第3弾):

好適環境水の実用化!~マグロから~

2014年04月20日の弊ブログで

好適環境水シリーズ!(第2弾):好適環境水の概要と本質

として紹介した内容は、「好適環境水が、いかなる場所ででも‘海水魚の養殖’を可能にすること及び好適環境水を創るには‘秘密の粉’が必要であり、その粉は案外安価で容易に製造出来る」ことの概略であった。

それでは、具体的に‘マグロ’を例として、実用化に到るまでの悪戦苦闘をご紹介したい!

出来上がってみれば、案外容易!そうでなければ一般には普及し難いものであるが、そこに到るまでには岡山理科大学・山本俊政先生の人並み外れた創造力と根気があったればこそなのである!

<以下の画像は、全てテレ朝のTV画面をカメラで撮影したものである>

何故、‘マグロ’からなのか?

① 海水魚の天然資源が、この20年間で最低

② 水産庁が、‘水産資源保護’のため、一部の魚の乱獲防止策の検討を開始

③ その中で‘クロマグロ’に関して2015年以降、3歳以下の未成魚の漁獲量を2012~2014年平均の50%削減の方針を水産庁が決定

そんな訳で、それじゃぁ、先ずは‘マグロ’から、ということらしい!

そこで、マグロから始められたそうだが、数々の難問が待ち構えていたのだそうだ!

その最大の難問は、マグロの肌の表面に出来る‘傷’! 
人間が肌を触っただけで‘やけど’をしてしまうという程の‘デリケートさ’であると言うから厄介である。
ぶつかって‘傷’にでもなろうものなら、‘死’にも繋がりかねないというから、恐ろしい!

そんな訳で、愛媛県は愛南町の皆さんにご協力を仰ぐことにしたと言う!

画像ー217好調環境 043-2

<画像は、全て‘テレ朝’のTV画面をカメラで撮影したものである>

画像ー217好調環境 047-2

画像ー217好調環境 048-2

画像ー217好調環境 049-2

画像ー217好調環境 052-2

画像ー217好調環境 053-2

画像ー217好調環境 054-2

画像ー217好調環境 057-2

画像ー217好調環境 060-2

画像ー217好調環境 061-2

画像ー217好調環境 062-2

画像ー217好調環境 063-2

画像ー217好調環境 065-2

画像ー217好調環境 066-2

画像ー217好調環境 067-2

画像ー217好調環境 068-2

画像ー217好調環境 069-2

画像ー217好調環境 070-2

画像ー217好調環境 071-2

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/04/23 23:34] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<好適環境水シリーズ!(第4弾):好適環境水の実用化!~マグロ→ふぐ→うなぎ~ | ホーム | 車椅子の代わりに? ホンダ・‘ユニカブ’>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/853-463061ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2