好適環境水シリーズ!(第4弾):好適環境水の実用化!~マグロ→ふぐ→うなぎ~
好適環境水シリーズ!(第4弾):

好適環境水の実用化!
~ マグロ → ふぐ → うなぎ ~
 のうち、先ずは、

① マグロ

夢の陸上・魚牧場の実現に向けて、岡山理科大学・工学部・山本俊政准教授は、精力的に活動されている!
山本先生方式のマグロ養殖の場合、最も注意を要するのは、‘マグロの表皮を傷つけないこと’らしい。そのために一年がかり(?)で考案された‘新兵器’を持参して、海水での大きなプール中での養殖の‘仲立ち’を依頼しておられる愛媛県は愛南町へ岡山から一寸大きめに育ったマグロを引き取りに来られたという訳!

<画像は、全て‘テレ朝’のTV画面をカメラで撮影したものである>

画像ー217好調環境 070-2

画像ー217好調環境 071-2

画像ー217好調環境 072-2

画像ー217好調環境 074-2

画像ー217好調環境 075-2
この‘特注の網’こそが、マグロの表皮に‘傷をつけずに’マグロを‘移動’させる‘特殊兵器’というわけ!

一般に、どんなにコンピューター制御されている工場でも、生産ラインには、一寸した‘工夫’がなされているのが普通である!これこそが、その生産ラインのノウハウであり、同じ仕様で創られた別の生産ラインであっても、それぞれの生産ラインにしかないノウハウがある!

このノウハウは、現場で産み出されるものであり、現場を知らない経営者には想像すら出来ないノウハウである。この山本先生は、学者であり、経営者であり、なおかつ現場の職人である!
この3拍子が揃ってこそ‘大発明’の基礎が出来る!

画像ー217好調環境 076-2

画像ー217好調環境 077-2

画像ー217好調環境 078-2

画像ー217好調環境 079-2

画像ー217好調環境 080-2

さあ、岡山の陸上小規模養殖場へ!

画像ー217好調環境 081-2

画像ー217好調環境 082-2

画像ー217好調環境 083-2

画像ー217好調環境 085-2

画像ー217好調環境 086-2

この‘ヨウ素’を水槽に添加するということも、ノウハウの一つに違いない!マグロを傷つけないための必死の検討結果なのだろう!

画像ー217好調環境 087-2

画像ー217好調環境 088-2

画像ー217好調環境 089-2

画像ー217好調環境 090-2

画像ー217好調環境 091-2

画像ー217好調環境 094-2

先ずは、めでたし、めでたし!

此処で、一旦‘マグロ’は中断!
次は‘ふぐ’!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/04/24 23:16] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<好適環境水シリーズ!(第5弾):好適環境水の実用化!~マグロ→ふぐ→うなぎ~ | ホーム | 好適環境水シリーズ!(第3弾):好適環境水の実用化!~マグロから~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/854-a2b2029a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2