好適環境水シリーズ!(第6弾):好適環境水の実用化!~マグロ→ふぐ→うなぎ~
好適環境水シリーズ!(第6弾):

好適環境水の実用化!~マグロ→ふぐ→うなぎ~

③ うなぎ

最近、‘うなぎ’はもう我々のような貧乏人には口に入らない!

うなぎの稚魚の‘しらす’が、日本国内ではほとんど捕獲出来なくなっているからだという!
うなぎの産卵場所に関しては、昔からのうわさと数年前東大の海洋研究所の人達が見つけた場所とが‘一致した’と言えば一致したのだろうが、その場所へ小船で行ったとしても、‘捕獲’という観点からすれば、数十mの場所へ近づくことは、マツタケを探すよりも何百倍も難しいのだろう!

マツタケの場合は、或る意味ではその松の近傍にしかないから、遥かに‘探し易い’!

うなぎの場合にも、その‘指針’に当たるものがあれば、簡単なのだろうが・・・。
例え、その‘指針’が判ったとしても、見つけた人はきっと言わないだろうから、そう簡単ではないに違いない!

そんな訳で、うなぎの稚魚が‘湧いて来る’状態になるのを待つしかないと言う情け無い状態下にある。
それでも、少ない稚魚が丈夫に速く育ってくれれば、まあ、我々にもお鉢が回ってくる確率は一寸だけでも高くなろうと言うもんだ!

岡山理大・山本俊政准教授の素晴らしい研究と優れた発想力により、貧乏人にもひょっとしたら、という希望の光が見え始めた!

<画像は、全て‘テレ朝’のTV画面をカメラで撮影したものである>

画像ー217好調環境 111-2

画像ー217好調環境 113-2

画像ー217好調環境 115-2

画像ー217好調環境 116-2

画像ー217好調環境 117-2

画像ー217好調環境 118-2

画像ー217好調環境 119-2

画像ー217好調環境 121-2

画像ー217好調環境 123-2

画像ー217好調環境 124-2

画像ー217好調環境 126-2

画像ー217好調環境 127-2

画像ー217好調環境 128-2

画像ー217好調環境 129-2

仕掛け人の山本先生の笑顔が、全てを語っている!

さあ、我々の方にも、ぜひ、是非!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/04/26 14:25] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<好適環境水シリーズ!(第7弾):好適環境水の実用化! そして,最後にやはり‘マグロ’! | ホーム | 好適環境水シリーズ!(第5弾):好適環境水の実用化!~マグロ→ふぐ→うなぎ~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/856-1234693b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2