東京・丸の内仲通りのオブジェ
DSC_1965-3.jpg

東京・丸の内仲通り

が、注目されている!

その前に‘千代田区’のマークについて

上の写真をご覧下頂きたい!丸の内仲通りという文字の上にあるマークが‘千代田区’のマークである。

http://library.kodaira.ed.jp/local/tkk/tkk30/tkk30_04.html
昭和(しょうわ)25年(ねん)3月(がつ)26日(にち)制定(せいてい)。
千代田(ちよだ)の「千」の字(じ)を飛(と)ぶ鶴(つる)の姿(すがた)にかたどり、さらにこれを「よ」の字(じ)に似(に)せ、全体(ぜんたい)を「田」と読(よ)んで、千代田(ちよだ)区(く)をあらわす。


そして、‘丸の内’という名前の由来は?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/
q1311457363;_ylt=A2RAEEhog1tTcTsAqAFzAPR7?pos=1&ccode=ofv

お城のある場所を「丸」と呼びます。
お城には、本丸(城主が住むところ)、二の丸(親近者が住むところ)、三の丸(家臣が住むところ)がありました。
yahooの古地図で見ると、現在の東京丸の内は内堀と外堀の間に挟まれた「江戸城の三の『丸の内』側」であることがわかります。
http://map.yahoo.co.jp/kochizu/maptop?lat=35.6751091353046&lon=139..


さて、さて、名前の由来やマークの意味は、また議論するとして、本日のご紹介は、ここのところ注目されているのが、丸の内仲通りの整備(?)である!

<丸の内・仲通り>は、下図の青線の通りが仲通である。

仲通り

① 日本で一番センスのある上品な通りになった!
② 高級感溢れている!
③ これまでの日本には無かった通りになったから、何だか‘ヨーロッパに来た!’という感じがする。
④ 通りが、美術館になっている!

早速、歩いてみよう!

DSC_1956-2_201404261932577df.jpg

DSC_1957-2_20140426205556c7c.jpg

DSC_1959-2.jpg

DSC_1961-2.jpg

DSC_1961-3.jpg

DSC_1962-2.jpg

DSC_1962-3.jpg

DSC_1963-2.jpg

DSC_1964-2.jpg

DSC_1965-2.jpg

DSC_1966-2.jpg

DSC_1966-3.jpg

DSC_1966-4.jpg

DSC_1966-5.jpg

オブジェに花篭、日本にも新しく、美しく、上品な通りの出現である!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/04/28 00:32] | ビジネスと経済 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top
<<本格春のバロメーター | ホーム | 好適環境水シリーズ!(第7弾):好適環境水の実用化! そして,最後にやはり‘マグロ’!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/858-2fb85857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/
東京・丸の内仲通りのオブジェ - ピンからキリまで
[2016/12/29 13:47] http://whilelimitless.com/limitless-pill/is-it-real/
| ホーム |
designated by FC2