我が家の周りも春だらけ!(その1)
我が家の周りも春だらけ!(その1)

今年の季節は、例年と違って温度の‘乱高下’が激しい!

人間も驚いているのだから、人間よりも遥かに‘気温に繊細・敏感な’動植物は、もっと驚いているに違いない!

我が家の周りに‘棲息している’その動植物にもはっきりとその傾向が見られる!

以下‘小川’と言うのは、我が家の駐車場に近接している小川のこと。

画像ー222初夏の庭の風景 030-2

画像ー222初夏の庭の風景 039-2

① 小川のカニが、まだ一匹しか見つかっていない!
② 小川に、突然鴛鴦(おしどり)が現れたが、これもその一日限り!
③ 小川に、初めて大きな亀(すっぽん?)が現れた!
④ 巨大な‘蝦蟇(ガマ)蛙が、普段はなかなか現れない場所で‘日向ぼっこ’をしている!
⑤ 巨大‘おたまじゃくし’も!
⑥ アーチのバラが一挙に花をつけた!
⑦ その他の花も一挙に咲き乱れている!

① 小川のカニが、まだ一匹しか見つかっていない!

まだ、4月27日のみこの一匹しか見つかっていないのだが・・・。

画像ー220高滝ダム 004-2
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-entry-860.html

② 小川に、突然鴛鴦(おしどり)が現れたが、これもその一日限り!

この小川には、3月1日に一度現れたのみで、この20年近く見たことは無かった!
2014年03月01日13:10に撮影

20140302225312db6_2014050402182424b.jpg
http://kissyarita.blog.fc2.com/blog-date-20140301.html

③ 小川に、初めて大きな亀(すっぽん?)が現れた!

2014年05月03日12:38に撮影
この亀(すっぽん?)もこの一瞬のみ!大きさは正確には判らないが、目測では、30cm はあった!
これもこの小川に現れた(私が見た)のは、この20年来始めてである!

画像ー222初夏の庭の風景 001-2

画像ー222初夏の庭の風景 002-2

画像ー222初夏の庭の風景 002-3

画像ー222初夏の庭の風景 002-4

<亀とすっぽんの違い>

http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=11462
「亀」と「すっぽん」の違いについてのお話です。

もちろん、スッポンもカメの仲間で、カメ図鑑にも「カメ」として掲載されています。
では、両者の違いをいろいろとご紹介していきます。

カメとスッポンの大まかな外見の違いのひとつとして、まず甲羅が挙げられます。

カメの甲羅は、背骨が変化して甲羅の形になったもので、骨(背骨)の一部です。

敵から襲われたりキケンを感じたときのほか、休むときや寝るときなどは甲羅に入って
身を守っています。カメさんにとってはおうちの代わりでもあり、身を守るための鎧です。
生まれたての赤ちゃんガメや一部の種類を除いて、基本的にはとっても固いです!!

その一方で、スッポンの甲羅はカメさんとは違ってとても柔らかく、皮膚でできています。

カメのように甲羅の部分と皮膚がハッキリしておらず、スッポンは全身が同じ皮膚です。
スッポン鍋とかお料理になるとわかるんですが、ほとんど全身プリプリコラーゲンです。
スッポンの甲羅は、ゼラチン質の皮膚でできているのでとても柔らかいのが特徴です。

そして、カメとスッポンの違いは、生活のパターンもまったく違っています。

カメは、昼間に日光浴をして体温を上げて代謝を上げ、餌を食べて消化・吸収しています。
日光浴をする理由は3つ。体温を上げること、日光に当たって皮膚病などの病気を予防し、
日光の紫外線からビタミンD3を作って甲羅の形成に必要なカルシウムを消化吸収します。
そのためにカメさんのほとんどの種類は、太陽が当たる時間帯の昼間に活動しています。

ところが、スッポンは水中生活のため産卵以外ではめったに陸に上がることがありません。
甲羅が皮膚でできているため、一般のカメさんのように日光浴をする必要がないからです。
飼育下では、昼間にライトの下で甲羅干しをするスッポンもいますが、野生では滅多に昼に
甲羅干しをしません。というかしないです!!そのため、夜行性でおもに夜活動しています。

・・・そして実は、スッポンはとても臆病で神経質な性格をしています。
スッポンは顎の力があり噛み付く力がとても強く「雷が鳴っても離さない」と言われていますが、
これはスッポンがとても臆病な性格で相手に噛み付くことで身を守ろうとするためだそうです。
ものすごく臆病すぎるゆえに、攻撃的になってしまうようです・・・(((゜▽。;;;)))

もしスッポンを触るときは、噛む力が強いので注意が必要です。噛まれると大怪我をします。
万が一噛まれたときは、ムリに振り払おうとせず、慌てずにそのままそ~っと水中に入れます。
そうすると、スッポンは噛むのをやめてそのまま逃げていくんだそうです♪!!

亀とスッポンの違いと、スッポンの豆知識でしたっ(≧▽≦) マニアーナ!まゆみんでした。


この‘定義’からしても、我が家の近接小川に現れたのは、亀かすっぽんか? 見分けは付かない!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/05/06 01:17] | 季節のど真ん中 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<恒例の春の草刈! | ホーム | マー君が、頑張った!4勝目。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/866-2f579dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2