FC2ブログ
宮崎県・高鍋町!
2014年05月07日、所用で、友人と二人で九州・宮崎県・高鍋町へ行った。

高鍋町
http://www.town.takanabe.miyazaki.jp/display.php?cont=120615092437

用向きと言うのは、‘燻焼技術’に関する指導を受けて、出来ればこの技術を活用して、東北大震災で山積されていて、未処理の‘瓦礫’の処理を行う事業を展開するために実際の稼動状況の視察である!

その技術、‘燻焼技術’とは、以下のような技術である!<N・M・G環境開発株式会社のHPより>

燻焼処理事業0003-2

燻焼処理事業0003-3

この技術の詳細は、別の機会に譲るとして、この技術の本質は、‘燃焼’することなく、有機物を完全に灰にすることが出来るために、例えば、瓦礫の木材などのボリュームを、 1/1,000 以下にすることが出来る、という優れものである!

そうとなると、福島県の‘放射能汚染有機物瓦礫’のボリュームを大幅に小さくすることが出来るために、保管管理に関する経済効果は、驚くべきほど大きいことが誰にも明白である!

勿論、この技術は、セシウムの放射能を消去させる技術ではないから、放射能に対する管理が軽減されるものではなく、むしろ‘濃縮される’事から、放射能管理は慎重さを却って上げなければならない。

以下の二枚の写真が、装置の画像である!

画像ー223宮崎の燻焼装置等 010-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 013-2

この技術に関する打ち合わせ・討論は、長時間に及んだが、その中身は‘企業秘密’である!

さて、我々は、交渉を終えてJRで宮崎空港へ向かった!

東京を離れて宮崎県・高鍋町は、それはそれは空気もよく実に豊かな感じがした!
住むには持って来いの場所だと感じた。

その特徴は、正に駅前の‘ツバメ’の様子にあった!

近頃、滅多にツバメを見なくなった!
私の住んでいる千葉県・茂原市も相当な田舎なのであるが、今年になってカラスは見るが‘ツバメ’を見た記憶は無い!
‘ツバメ’は、車の排気ガスが嫌いなのだろうか?

画像ー223宮崎の燻焼装置等 023-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 026-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 028-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 036-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 036-3

久し振りの‘ツバメ’を、そう15分も観察して、ホームに入った!
単線である。

画像ー223宮崎の燻焼装置等 037-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 038-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 046-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 043-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 044-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 047-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 048-2

画像ー223宮崎の燻焼装置等 049-2

宮崎空港駅へ到着した!

(つづく)
スポンサーサイト



[2014/05/30 00:18] | サイエンス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<初夏の宮崎空港 | ホーム | オオキンケイギクの季節が来た!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/873-a9c948ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2