千葉県・いすみ市の市民ギャラリー
千葉県は、いすみ市の大原漁港、此処は、イセエビの漁獲量で日本一なのだが、毎月の第三日曜日に‘朝市’が開催される!
という訳で、5月の朝市の日、2014年05月18日、茂原市から朝市へ出かけたのである。
我が家が東京から、ここ千葉県外房の茂原市に引越する‘要因’の一つが、‘外房の魚介類が豊富であること’でもあったのである!

さて、その朝市を満喫した後、いすみ市役所のお隣にある‘椿公園’へ立ち寄ったが、そこも大吊橋からのパノラマ景色に酔った後、車は椿公園に置いたまま、約300m離れたいすみ市・市民ギャラリーへ行った。

この市民ギャラリーは、いつも何かの展覧会が行われている。

この日も素晴らしい‘水彩画’と‘ちぎり絵’に出会うことが出来た!

画像ー228大原漁港・朝市 164-2

画像ー228大原漁港・朝市 165-2

画像ー228大原漁港・朝市 166-2

画像ー228大原漁港・朝市 167-2

<1> 水彩画

画像ー228大原漁港・朝市 174-2

画像ー228大原漁港・朝市 173-2

画像ー228大原漁港・朝市 173-3

大正元年は、1912年。従って、吉田収氏は大正11年生まれというから、1922年生まれということになる。
33歳の時の作品だから1955年頃の作品。ということは、昭和30年頃。

吉田収氏が、ご存命なら今年92歳!

画像ー228大原漁港・朝市 168-2

画像ー228大原漁港・朝市 169-2

画像ー228大原漁港・朝市 169-3

画像ー228大原漁港・朝市 170-2

画像ー228大原漁港・朝市 171-2

画像ー228大原漁港・朝市 172-2

画像ー228大原漁港・朝市 172-3

画像ー228大原漁港・朝市 175-2

画像ー228大原漁港・朝市 175-3

まあ、まあ、何と‘清々しい’水彩画だろうか!心が洗われる絵って、こんな絵なのだろう!

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/05/25 23:06] | 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<千葉県・いすみ市の市民ギャラリー(その2) | ホーム | 椿公園(その2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/884-cfdbdaf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2