サッカーWC日本敗退!
サッカーWC・ブラジルでの日本の日程は、昨日(2014年06月25日)を以って終了した!
あわよくば、‘優勝’の二文字さえ頭に浮べていた選手、その力強い言葉を信じていた日本人にとっては、一勝も出来ずの敗退は、予想だにしなかった出来事であった!

でも考えてみると、‘勝者’があるということは‘敗者’があることである。
問題は、‘勝者’と‘敗者’のどちらが‘深い感動’を‘その時点+将来’に亘って獲得出来るかに掛かっている!

単純に言えば、それは勝者の極みの「‘優勝者’になることの感動が何よりも勝る」ということは誰にも判るし、説得力のある評価である!

しかし、しかし、人生はそんなに簡単・単純には出来ていない!
そこが理解出来なければ、‘本当の人生の勝者’にはなれないのではないか?

‘ノーベル賞受賞者の罪’というエッセーを何かで読んだことがある。
「えっ?何で罪なの?」エッセーの表題を見た時にそう思った。
そのエッセーの趣旨は、ノーベル賞の受賞者には‘罰を科せられることはないが、明らかに罪を犯している’ということを例に挙げての‘人生の勝者とは?’を考えさせる、ことにあったのだろう。

もう少し説明を加えないと判ってもらえないが、‘ノーベル賞の受賞者の罪’とは、一義的なことではない!つまり、その罪とは「彼が受賞したことによって、候補者の内の次点以下の人達から受賞のチャンスを奪った‘罪’」だというのである。

「そんな不条理な!」と言うかもしれないが、これに似た場面を経験した人は多いに違いない!
例えば、大学入試に失敗した時には「優秀な受験生があと一人いなかったら、俺が合格していたかも?」などということを思ったことはないだろうか?

今回のサッカーだって、組み合わせ次第では、日本が次の段階に進むことが出来た可能性は大いにある!

さて、問題は、‘敗者の感動’って何?ということである。
残念ながら、‘敗者の感動’は、直ぐにはやって来ない!
その悔しさに、耐え抜いて耐え抜いて、しばらく経ってからやって来るのである!

ただし、その感動は、‘敗者の悔しさ’を知らない勝者(実は、そんなことは起こり得ないのだが・・)の感動よりもその重みは数倍も大きいのである!

そんな訳で、日本の敗退をそう残念がる必要もないのである!
選手及びその周辺の人達、そして一般の支持者も‘この悔しさ’を‘確保出来た’ことを喜ぶことが出来るとしたら、負けることによって勝つこと以上の感動を手に入れるチャンスを掴んだ事になる!

そんな意味で、「それぞれ一人一人には‘幸せは公平に’与えられる」と言い切ってもおかしくはない!

それはそれで、4年後のWCのサッカーは、是非是非優勝を!と願うという矛盾!

(以下の画像は、テレビ朝日のTV画面をカメラで撮影したものである)

画像ー241WCサッカー日本敗退! 039-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 043-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 051-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 052-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 053-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 054-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 075-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 075-3
画像ー241WCサッカー日本敗退! 076-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 077-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 083-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 118-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 124-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 125-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 126-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 128-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 128-3
画像ー241WCサッカー日本敗退! 145-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 151-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 153-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 155-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 161-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 163-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 165-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 166-2
画像ー241WCサッカー日本敗退! 168-2

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/06/26 01:00] | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<葉脈 | ホーム | 紫陽花(アジサイ)の季節>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/915-ce92531d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2