胸部X線検査
今から50年以上も前、私が10代の終わり頃、肺結核に罹った。
当時、新薬が開発され、三者(パス、ヒドラ、ストマイ)併用で助かった経験がある。
しかし、迂闊にも一年後に再発してまた入院という羽目に陥った!

それ以後‘一病息災’を座右の銘という言い方もおかしいが、「そうあったらいいなぁ~」の思いで健康には多少気遣ってきた。

2014年06月19日、千葉県・茂原市実施の‘胸部X線検査’で、ご近所の福祉センターへ行った。
13:00~14:00が受付というから出来るだけ待たないようにと思って13:40に我が家を出た。5分で会場に着いたが、予測に反して待っている人が多い!

何と50人以上も待っているではないか!
これは誤算である。遅く行けば、大半の人達は済んでいなくなっているに違いない、そう思っての‘作戦’だったのだが・・。
一人1分としても50分は掛かる計算。

DSC_2162-2.jpg
待っている人はこの部屋だけではなく、この他あと3部屋!

DSC_2163-2.jpg
DSC_2164-2.jpg
DSC_2166-3.jpg
DSC_2167-3.jpg
DSC_2168-2.jpg
段々待つ人が少なくなってきた!

DSC_2169-2.jpg
そろそろお呼びが掛かるかも?

DSC_2170-2.jpg
DSC_2171-3.jpg
DSC_2172-2.jpg
DSC_2172-3.jpg
DSC_2173-2.jpg
DSC_2174-2.jpg

<結核治療は、いま>

page06_ol_v10_03.gif
http://www.otsuka.co.jp/health_illness/kekkaku/kekkaku06.html
Aさんは60歳代男性です。もともと健康で大きな病気にかかったことはありませんでした。
しかし、現在の適切な治療体制で見事完治!

kekkakupage06_ol_v10_11

さて、新薬の歴史とは?

(つづく)
スポンサーサイト
[2014/07/01 00:19] | 健康と医療 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<長生(ながいき)メロン | ホーム | 刑事コロンボ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/920-1afb09b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2