FC2ブログ
長生(ながいき)メロン
千葉県に、長生村(ちょうせいむら)という正に‘長生き’しそうな村がある!
‘村’といっても人口は約1万5,000人近くもあるから堂々たるものである。

千葉県長生郡長生村no0001-2
‘Googleマップ’赤●記号の付近が長生村(千葉県・長生郡・長生村)

長生村の地図ー2
>http://www.vill.chosei.chiba.jp/new-site/outline/index.html

長生村の地図

最近の人口の増減の詳細は知らないが、老後を千葉県で過ごしたいが、さて何処にしようか?と調査をするとすれば、「長生き村」がいいと思われる方が多いのではないか?と思う。

http://www.vill.chosei.chiba.jp/new-site/outline/index.html
長生村 は、千葉県の房総半島九十九里浜に面し、東京から約60キロ、千葉市から約30キロの距離にあり、昭和28年11月3日に八積村、高根村、一松村の3カ村が合併して誕生しました。現在の村域は、東西7.4キロ、南北6.0キロで、面積は28.32平方キロ。太平洋の黒潮による影響を受けて、年間を通して温暖な気候です。人口は、平成24年4月1日現在で14,900人となっております。

交通は、西部から南部にかけて国道128号とJR外房線が縦貫しており、村内には八積駅があります。千葉駅までは普通電車で約45分、東京駅までは茂原駅からの特急利用で約1時間と、周辺都市への利便性に恵まれた距離にあります。

産業は、温暖な気候と平たんな地形を活用して、稲作や野菜栽培、酪農などのほか、九十九里浜での沿岸漁業を中心に発展してきましたが、昭和57年に西部地区に工業団地が開設されたことにより、工業生産が飛躍的に伸びています。

また、美しい海岸一帯は県立九十九里自然公園内にあり、首都圏の海浜レクリエーション地として知られ、夏季には海水浴客でにぎわいをみせています。

こうした恵まれた条件を活かし、将来に向けて着実な発展をめざしていくため、長生村では平成11年度から都市計画制度を導入し、計画的な市街地の誘導を図り、調和のとれた活力ある利便性の高いまちづくりを進めています。


この村の特産品といえば、何といっても‘長生メロン’である!

お中元のお返しのこともあって、直売所へ出かけた。
お客が多いとは思ってはいたが、予想以上に大勢のお客さんがいた!
送って貰う手続きをするのに‘行列’が出来ていた。

買い物をするのに行列の一端を担うのは、混んでいるスーパーぐらいのもんであるのに・・・。

DSC_2244-2.jpg

DSC_2227-2.jpg

DSC_2228-2.jpg

DSC_2228-3.jpg
これを見ると、サイズの大きさ(L~4L)によって値段が違うことが分かる!

トマトも売り出されてはいるが、お客は寄り付く様子がない!

DSC_2229-2.jpg

DSC_2230-2.jpg
トマトジュースは、‘長生トマトジュース’という銘柄になっているが、‘ながいきトマト’100%とあるから、この村のトマトの品種が‘ながいきトマト’というのだろうか?

DSC_2230-3.jpg

メロンは‘マスクメロン’である!先ほど紹介した通り、大きさによって‘箱の色’が違う??

DSC_2231-2.jpg

受け付けて貰うために順番待ちをする人、伝票に記入する人で館内はごった返している!
これは‘當~り!’である。

後日調べてみようと思うが、ここ長生村での‘マスクメロン’の歴史は、どうなっているのだろうか?
確かに日本人は、メロンが好きである!そして、高価なマスクメロンは、普通は自宅用には購入しないから‘お中元’向きの商品である。開発には色々紆余曲折はあったに違いないが、ここまで来るともう安心なのかも知れない。

もうメロン御殿なるものが沢山あるのかも??

DSC_2232-2.jpg

DSC_2233-2.jpg

DSC_2234-2.jpg

DSC_2235-2.jpg

DSC_2236-2.jpg

DSC_2237-2.jpg

DSC_2238-2.jpg

DSC_2239-2.jpg

DSC_2240-3.jpg

DSC_2240-4.jpg

DSC_2240-5.jpg

確かに‘長生’に‘ながいき’とルビが振ってあるのが分かる!

DSC_2241-2.jpg

DSC_2242-2.jpg

DSC_2243-2.jpg

改革・改善事業が見事に成功した‘好例’なのだろう!

(つづく)
スポンサーサイト



[2014/07/02 13:04] | 農業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<大多喜城の遺産(その1) | ホーム | 胸部X線検査>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kissyarita.blog.fc2.com/tb.php/921-8a990400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
designated by FC2